【悲報】お金持ちの金銭感覚に困惑。年収1,000万円と年収380万円の金銭感覚の違い。

マネー論
スポンサーリンク

今月上旬に、匿名掲示板に投稿された「お金持ちはお金を使うところと使わないところで雲泥の差がある」という内容が話題となっている。

「年収1000万円超の友人が、胸が痛くなるほど値切る」 お金持ちの金銭感覚に困惑する投稿が物議
お金持ちってそうなの? はてな匿名ダイアリーに8月上旬、「お金持ちはお金を使うところと使わないところで雲泥の差がある」というエントリがあった。年収380万円だという投稿者は、年収1000万円超の友人が数人いて、金銭感覚の違いに困惑している。 彼ら彼女らはコンビニでの金遣いは良く、2000~3000円はなんの迷いもなく払...

知り合いが年収1000万超えなんだが、お金持ちの感覚があんまりわからない。彼ら・彼女らはコンビニで一回2000円や3000円なんの迷いもなく払うが、お金を払いたくないものに関しては友人の私まで胸が痛くなるほど値切るのだ。
例えば、引越し費用なんかもそうだ。礼金を極限まで値切ったり、家賃も値切る、更には引越し業者に払う金も50%以上のディスカウントを求める。
なんでコンビニで金を迷いもなく払うのにそういったところをケチるのか、一般庶民の私には到底理解できない。
他にもあったのは、家電量販店とかもそうだ。一緒に買物についていったら、これいくらまで値下げできますか?と聞く。もちろんそれで終わりではなく、提示された金額からさらに値下げ交渉を進めるのだ。周りは胸が痛くなる。
彼ら・彼女らは何を基準に値引き交渉するのかしないのかわからないし、結局金持ちと一般庶民とでは思考の格差があるのだろう

この投稿に対して、「年収1,000万円はお金持ちじゃない」と言った、本題を理解できていない投稿も多く寄せられていたようだが、こう言った回答は無視するとして、投稿者は胸が痛むと言っていますが、これは年収1,000万円の方の行動が適切と言えるのではないだろうか?

何を基準に値引き交渉をするのかしないのかわからないと投稿者は言っていますが、これは明らかに『値引き交渉があるか否か』という基準で行動されているのだと思います。

例えば、コンビニでは全国どこの店舗でも希望小売価格での定価販売が前提ですので、値引きの余地はありません。せいぜいワゴンに入っているよくわからない消耗品が半額程度になっている程度です。しかし、引越し費用や敷金・礼金、家賃などは交渉の余地があるため、当然のように値引き交渉をしているだけに過ぎないのです。

私なら値引き交渉の余地があるものに対して値引きをするということに何の問題があるのだろう?と考えてしまいます。「お前は関西人だからだろ!」と言われればそれまでですが、関西人だろうと値引き交渉しない人はしないですからね。しかし、交渉しない人の方が確かにお金に困っている人の割合は高い気がします。

不動産業界や、家電量販店は、むしろ値引き交渉前提の価格で営業しているのですから、一切交渉しないのは、いいカモとしか考えられません。

私は以前、親戚がマイホームを買うというので、お金のことで相談を受けたことがあります。気に入った建売住宅があったようですので、その資料と住所を拝見させてもらったところ、まだまだ交渉の余地があるなと感じたので、内覧にも何度か同行したことがありました。

そしていざ契約という段階になって、親戚の横に私が座り、すでに建売から少し時間が経過していることや、内覧で気付いた室内のちょっとした瑕疵を突っ込んで、交渉の末に物件代金を500万円ほど値下げさせたことがありました。

最終的に数千数百80万円くらいの価格にまで引き下げたので、「じゃあ最後に、その80万円の端数をカットして下さい!」と交渉したら、営業所の偉い方が出てきて「ちょっと、これ以上は本当に勘弁してください…」と言われ、断念した記憶があります。

それが少し無念でしたが、マイホームを買うなどという時は、物件にもよるでしょうが、500万円程度のコストカットなら交渉次第で可能だということが分かりました。

私も今のマンションに入居する際に家賃を月額8千円値引き交渉し、マンションの所有者に直接電話してもらって礼金も値切ることができました。初期費用や引越し費用なども含めると2年間で50万円近くは減額することができた計算です。

マイホームは何千万円の買い物だからと言って数十万円、数百万円程度の金額を疎かにしたり、賃貸物件でも言われるがままに契約する人は少なくないですが、総額で考えると決して無視できない金額になるのですから、提示された金額をそのまま鵜呑みにするのは、ハッキリ言って『無駄にお人好し』なだけだと思います。

海外に行ったら市場で値引き交渉をするのは当たり前ですよね。相手に吹っかけられないように、いかに適正価格でモノを買うことができるのかは資本主義において重要な要素の一つです。そうした交渉をせずに、「胸が痛む」などと言っていては、お金が手元に残らないばかりか、年収だっていつまで経っても上がることはないでしょう。

年収だって立派な交渉材料の一つです。私は今年の1月にマネージャー職を辞退しましたが、残業時間を加味すればマネージャーの頃と遜色ない年収が貰えるように交渉しました。まあ、ダメ元でしたが、言わないより言った方が交渉の余地がありますからね。

値引き交渉をするのは恥ずかしいことだと考えているなら、その考えは改めた方が良いですし、むしろ業界によっては値引き前提の価格で販売することが当然というところもあるのですから、言わないというのは自分が損するだけです。

何も、スーパーに行ってレジのパートさんに値引き交渉をしろっていう訳じゃないんです。それは後続のお客様にも迷惑なので止めるべきですし、費用対効果が悪過ぎます。フリマアプリで急に連絡してきて、開口一番「これ、○○円でお願いします」なんて言うのも非常識ですね。絶対値引きしてやんねぇ!と思います。こう言う人は、人の気持ちが分からない交渉下手なんだなぁと感じます。

ですが、大きな買い物や交渉余地のあるモノに対しては臆せずにガンガン交渉してみてください。それぐらいの交渉力が日本人には必要だと思います。

また、このような交渉力と年収に相関関係があるかはサンプルデータが少ないため不明ですが、お金に関しての考え方の違いによる収入の違いというものが、もしかしたらあるのかもしれません。

収入を増やすよりも支出を減らす方が効率はよいでしょうから、値切りは効率の良い節約行為だと思います。是非みなさんも試してみてください。「言うだけはタダ」なんですから。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました