【考察】平均寿命の更新で、改めて考えたい『長寿リスク』への向き合い方。

投資の考え方
スポンサーリンク

厚生労働省は先月末、2019年の日本人の平均寿命が女性87.45歳、男性81.41歳だったと発表しました。男女とも8年連続のプラスで、最高記録を更新しています。これは世界的に見ても長寿とされ、世界の長寿ランキングでは、男女ともにベスト3に入っています。まさに日本は『長寿大国』と言える国の一つでしょう。

そんな長寿大国の日本でこれからも生活していこうとお考えなのであれば当然、頭の片隅にでも入れておくべきなのは、人生100年時代が到来するとも言われる今の時代において、長生きしてしまうという不確実性ー『長寿リスク』に備えることではないでしょうか。

東洋経済オンラインにて、そのような長寿リスクに向き合い、老後のお金に対して再考する必要があるのではないかという記事が掲載されていました。

平均寿命更新で再考したい「老後のお金」の真実 | 家計・貯金
厚生労働省は7月31日、2019年の日本人の平均寿命が女性87.45歳、男性81.41歳だったと発表しました。男女とも8年連続のプラスで、最高記録を更新しています。ファイナンシャルプランナーである筆者のもとに寄せられ…

平均寿命が女性87.45歳、男性81.41歳と一言で言っても、この数字は、若くして亡くなられた人々がいれば平均が下がることになります。日本では毎年、数万人単位で自殺する若者がいますから、彼らが平均寿命を引き下げているのです。

つまり『平均寿命まで生きることになる人』は、平均だからと言って2人に1人なんてことはなく、実際にはもっと多く、生存率は平均寿命に近い女性87歳では63.71%、男性81歳で61.30%と言われています。

長生きすることは幸せなことのはずですが、『一億総貧困時代』に突入しようとしている今の日本においては、長生きしすぎることはあまり良くないリスクの一つとして捉えられています。

その際たる理由がやはり、『老後資金』が枯渇するのではないか?という不安だと思います。早死にの家系だから自分は長生きしないという人も中には居るようですが、それだけで長生きしないと決めつけて、将来への備えを怠るのは非常に危険な思考だと私は思います。

ご家族が早くに亡くなられたからと言って、今の進歩した医療技術では、治療できてしまう病も増えているのは事実です。そして、今後も平均寿命は延びていくということを考えれば、今後のライフプランを検討する人は、少なくとも平均寿命+10歳くらいまでの生活設計を準備したほうがよさそうに思います。女性は97歳、男性は91歳まで考えるべきですし、本当に『人生100年』という考え方で長寿リスクに備えるのも悪くはないだろうと思います。

『老後2,000万円不足』問題は、まさに人生100年を想定して考えられたシミュレーションによるものですが、実際にはもっとお金がかかる可能性もあります。元記事でもこれらの費用が挙げられています。

住宅の維持費用:10年ごとに100万円として、40年で400万円
介護資金:亡くなる直前に介護施設に預けると、1カ月20万円として(20万~40万円の場合もあります)、1年で240万円、3年で720万円 ※ 在宅介護としても活用可
医療資金:病院で亡くなったとして治療費など50万~100万円
ゆとり資金:月3万円ほどの使途自由な資金として40年で1440万円

老後2,000万円不足問題では、マイホームを前提としていましたから、賃貸住宅の場合は老後2,000万円不足では足りないだろうと言うのは私も感じています。

上記にある『住宅の維持費用』が必要なくなる代わりに、家賃が発生しますから、10年ごとに100万円どころか、毎年100万円近い家賃がかかるだろうと言うことは覚悟しておかなければなりません。そうなれば、40年で4,000万円。実際には途中で介護施設なんかに入所することで、住宅費用と介護資金をまとめることができるでしょうが、それらの施設を利用すればこちらも前提の通り、年間250万円位はかかるのかもしれません。

実際に老後にいくら足りなくなるかは分かりませんが、確かに6,000万円程度不足することを見込んでおけば、対応できる可能性は高いと言えるのではないでしょうか。

ただし、6,000万円を今から貯蓄で用意できると言う人は、全体の何%ぐらいでしょうか?6,000万円を貯蓄だけで賄おうと思えば、40年間掛けても毎年150万円、毎月12.5万円の貯金が必要になってきます。

新卒社員でそれだけの貯蓄ができる人が日本にどれくらいいるでしょうか?また、中年世代で収入が増えてきたとはいえ、子供の教育費用などにお金がかかる世代の人々に、年間150万円の貯蓄を強要するのは酷ではないでしょうか。しかも、すでに40代の人々には、年間150万円の貯蓄では間に合わない可能性だってあるのです。

しかし、そんな時代でも必要なお金を用意する方法はあるものです。それこそが『株式投資』なのです。

株式投資は下落リスクもありますが、長期的な投資を前提とすれば、時間をかければかけるほど下落リスクを低減させることが可能です。また、投資先を世界一の経済大国で、これからも成長可能性の高い米国に絞ることで、着実に資産を形成させることができます。

元記事では、毎月5万円を平均リターン3%で40年間運用すると言う、比較的『保守的』なリターンを前提としていますが、米国株の過去の平均リターンは年率6%と言われています。しかしこれからも同様のリターンを得ることができるかは不明ですので、少し保守的に、毎月5万円の投資を平均リターン5%で40年間運用したと計算した場合、7,600万円相当の資産を形成することができる計算になります。これだけでも先ほどの前提を軽く超える資産を形成することができましたね。

また、仮に現在40代で、老後まで30年ほどだとしても、毎月5万円を30年間積立投資することで、4,100万円相当の資産を築くことができます。

これを必要に応じて少しずつ取り崩しながら、引き続き5%で運用していくことができれば、十分に生活していくことができると言えるでしょう。

すでに我々は、人生100年時代を考慮しなければならない世代に突入しているのですから、自分は長生きしないからと、謎の自信を持つのではなく、自分ももしかしたら100歳まで生きるのかもしれないという覚悟を決めて、真剣に自分の将来と向き合う必要があるのではないでしょうか。

長生きすることを、不安要素としてのリスクだと考えるような人生を送るのは実につまらないです。本来長寿は歓迎されて然るべきことなのです。

たくさんの人々の命が奪われた第二次世界大戦が終戦となった今日という日にこそ、命の危険に晒されることなく、長生きすることに悩むことすらできる、今の我々の人生を大変平和で幸福なものと考えてみるのはいかがでしょうか。

そして将来、心から長寿を祝うことができるように、我々は今この瞬間から長寿に備えるべきではないかと私はそう考えております。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました