【考察】つみたてNISAは、『お得』なのか?

投資の考え方
スポンサーリンク

若年層向けのお金や投資に関するコラムがたくさん掲載されているメディア、bizSPA!フレッシュに、興味深い記事が掲載されていました。

つみたてNISAって…実際、お得なの?投資の素人がプロに質問 | bizSPA!フレッシュ
「つみたてNISAを始めると、貯金をするよりお金が増えるらしい」そんな情報を得て早速ネットで調べてみたものの、専門用語がたくさん出てきてよくわからない。  株式投資の初心者集団「bizSPA!投資部」も同じ悩みを抱える一人。ということで引き

つみたてNISAは実際、お得なのか?という質問は、私自身よく受けていました。しかし、つみたてNISAがお得かどうか?ということは実際にはハッキリとは言えないというのが正直なところです。

つみたてNISAはご存知のとおり、年間40万円、20年間の非課税枠を利用して投資することができるという制度ですが、昨今の若年層を中心に利用者が増えているのは大変素晴らしい傾向だと感じております。

ですが、つみたてNISAが必ずしもお得かどうかがわからないというのは、つみたてNISAが『非課税枠』であるという点にあります。非課税枠とは、その名の通り課税対象とはならない投資枠のことであり、もちろん活用するメリットの大きい制度ではあります。

また、配当金や分配金にかかる税金も非課税となるわけなのですが、つみたてNISAで買うことができる厳選された投資信託は、毎月分配金を支払うような商品は基本的には含まれておりません。

毎月分配型の投資信託などは長期投資という視点から考えるとデメリットとなるために、つみたてNISAという制度の本来の目的である『長期的な視点に立った投資の促進』にそぐわないために除外されているのです。

それ自体は良い事だと思いますが、つみたてNISAで積立投資している投資信託は、基本的には分配金を受け取ることができないために、非課税枠のメリットを享受できるのが、キャピタルゲイン、すなわち値上がり益に対する節税効果だけなのです。

もちろん、20年後を見据えて長期投資をするという前提で活用されるのであれば、つみたてNISAのメリットを享受することができる可能性は高くなるでしょう。

しかし、非課税枠とは、課税計算の対象とならないということになりますので、仮につみたてNISA枠で購入した投資信託を必要に迫られて売却した際、取得単価を下回っていた時に、損益通算をすることもできなくなります。これでは、つみたてNISAは『お得』とは言えないのです。

どんなきっかけがあれ、つみたてNISAの話を聞いて、早速始めたという人は素晴らしい行動力と決断力だと私は思います。将来がとても楽しみです。

ただ、一つ注意して欲しいのが、つみたてNISAってなんだか知らないけど、お得らしいよ!という軽い気持ちで始めた方が、例えば、今年の2月〜3月頃に発生した世界的な株価の大暴落の際に慌てて売ってしまった。なんていう場合、今年の確定申告でその売却にかかった確定損失は損益通算することができない、純粋な損失となってしまうのです。

しかも、2月〜3月の間に慌てて売ることなく、コツコツ投資を続けていれば、その後の株価の上昇に伴い、インデックス投資ですらかなりのリターンを享受することができているのですから、踏んだり蹴ったりですよね。

つみたてNISAがお得な制度かどうかは、利用する人のリスク許容度にかかっていると思います。仮に年間40万円の非課税枠を利用したとして、投資信託へ自動で投資することができるのに日々の値動きが気になってしまったり、株価の下落時に慌てふためいて株を手放してしまうような性格の人には、お得とは言えない制度だと言えるのではないでしょうか。

投資の原点に戻ることになるのですが、つみたてNISAを活用する時は、20年間は投資を続けるぞ!という長期的な目線で積立投資を続け、もし何か急にお金が必要になった時でもつみたてNISAを解約する必要がない程度の現金も保有しておいた上で、自分の許容できる範囲のリスクを取るということを心に留めておく必要があるのではないでしょうか。

これらはどれも投資家として当たり前のことなのですが、つみたてNISAはお得なの?というような質問をする初心者の方にはぜひ頭に入れておいて欲しい基本的な考え方だと考えています。

つみたてNISAを『お得』に活用できる可能性があるのは、こうした投資の原則をきちんと理解した賢明な投資家の皆様なのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました