【考察】普通の主婦が1億円を貯めるには?

投資の考え方
スポンサーリンク

大阪大学の研究によると、金融資産を1億円貯めると幸せがマックスになるのだそうです。そして、1億円を超えるとそれほど幸福度が上がらないということも実証されたということです。

毎月いくら貯金すれば1億円貯まる?30歳夫婦でシュミレーション - ライブドアニュース
30歳の夫婦が40年間働くとし、金融資産1億円を超えるために必要な貯金額。低リスクな「個人向け国債」につみたて貯金した場合は、毎月約21万円が必要。高リスクに「つみたて投資」で勝負するなら、毎月約7万円でいいとのこと

よし!それじゃあ1億円を貯めよう!と言っても、現実問題それほど生半可な数字ではないということはお分かりいただけるでしょう。特に、貯金をするだけでは一向に貯まらないでしょうね。1億円を40年間で貯金だけで貯めるなら毎年およそ250万円の貯蓄が必要となります。

今の時代、日本人の平均年収が441万円と言われておりますので、とてもじゃないが現実的な数字ではないということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

ノーリスク資産と言われている「変動金利型10年満期の個人向け国債」(年利回り0.05%)に投資したとしても、毎月約21万円、年換算で250万円弱の貯金が必要なんだそうです。

これでは全然話になりませんね。40年間、毎月20万円もの貯金を続けられるほどの収入があるご家庭であれば、それ以外にかなりの資産をお持ちなのではないかと推測される訳です。

ですが、何も1億円を貯金だけで貯めようなどという縛りプレイをする必要はどこにもないのです。ノーリスク資産と呼ばれている預金や国債などに資金を置いているうちはお金が劇的に増えることはまずありません。

私が当ブログで『株式投資』をオススメしているのにはきちんとした訳があります。株式投資はものすごく簡潔に言うと、企業が成長していくことでリターンを高めることができるのです。企業が儲かれば株価が上がる訳ですから、リスクはあるものの経済の発展とともに利益が積み重なっていき、企業価値が高まることでリターンが向上していくのです。

株式投資はリスクはあるものの、米国株市場では平均すると6%のリターンを得ることができると言われています。平均リターンが6%であれば、毎月5万円ほどの投資を40年間続ければ1億円の資産を築き上げることができるのです。

元記事の中では、平均リターンを5%として計算されていますが、リターンを保守的に見積もっておくことは悪いことではないでしょう。仮に平均リターンを5%程度とした場合、毎月の積立投資額は6.5万円程度ということになります。

毎月20万円前後の投資を続けるというのはなかなかのハードルだとは思いますが、毎月5〜7万円弱の余剰資金を生み出すという話であれば、本人の努力次第で頑張れば生み出せる、現実的な金額と言えるのではないでしょうか。

ですが、今回のシミュレーションで一番の問題となるのは、『40年間』という投資期間を前提にシミュレーションをしていることです。現在20代、30代の人であれば、現実的な数字として受け入れられるかもしれませんが、仮に運用期間を30年に引き下げれば、平均リターンを5%として計算した場合、月々の投資額が12万円と一気に6桁に膨らんでしまう訳です。

毎月12万円ほどの積立投資をするということになれば、我々のような変態的な個人投資家くらいしか現実的な話とはならないのではないでしょうか。

サラリーマンとしての収入だけではなかなか毎月12万円の投資額を生み出すのは困難です。投資の世界において、それだけ時間の概念というものは大切な要素なのです。

だからこそ、1日でも早く、1歳でも若い今この瞬間から全ての国民が投資を始めるべきだと私は思います。時間が少なくなればなるほど、投機的なものに資金を投じてしまいがちになり、とても資産運用とは呼べないような行動に出るほか無くなってしまうのです。

本物の投資というのは時間をかけてゆっくりと投資をすることであり、今の時代、日本人であればほとんど全員が優良な金融商品に格安な手数料で投資することができるのですから、始めないという手は無いのではないでしょうか。

今、この瞬間に始めずに、30年後、40年後に格差に泣くのはあなた自身の選択によるものだということを忘れずにいてくださいね。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました