【悲報】年収1,000万円が一番損?妬まれる割に裕福な生活もできないし最悪。

マネー論
スポンサーリンク

キャリコネニュースに面白い記事が掲載されているのを見つけました。

年収1000万円は嫌味を言われやすい? 「"無償化対象外"と言ったら、いいですねと鼻で笑われた」「共働きでも妬まれる」
嫌味を言われやすい? 「税金がえげつないのに補助金ナシ」等とネット上でよく話題になるが年収1000万円世帯。先日のガールズちゃんねるに、「年収1000万円はなぜ批判されやすい?」というトピックが立った。 トピ主は、年収1000万円は共働きでも専業主婦世帯でも、「さほど贅沢できない」「税金取られてかわいそう」などと嫌味の...

「年収1000万円はなぜ批判されやすい?」というトピックが元ネタのようですが、なぜか日本において年収1,000万円程度の人々が攻撃の対象とされやすいと言うのは私もネット上を見ていると感じるところではあります。

実際に年収1,000万円程度の収入であれば、それほど贅沢な生活ができないと言うのは事実だと思います。都内であれば共働きなら年収1,000万円なんて普通ですし、もしかしたら20代後半のカップルでも十分到達可能なレベルではないでしょうか。

それでも攻撃の対象とされるのは、年収1,000万円が届きそうで届かない、ギリギリのラインだからだと推測されています。確かに年収が億越えとかであれば、年収が原因で叩かれることはあまりありません。なぜなら、一般人には到底、縁のない話だと割り切ることができるからです。

しかし、世帯年収1,000万円はなんとなく届きそうな気がしますよね。夫婦だと平均年収が500万円で良いわけですから、それほど高望みすぎると言うわけでも無いと感じる人もいるでしょう。

ですが、現実は厳しく、どれだけ頑張って働いても世帯年収が1,000万円に到達することはありません。届きそうで届かないからこそ、妬み嫉みの対象となりやすく、叩かれるのだと言えるでしょう。

嘘か真かわかりませんが、勝手に周りに推測されて悪意を向けられると言うエピソードもあったようです。

「公立高校の先生から電話あり、無償化の書類が出てないと言われたので、うちは所得制限で貰えないと言ったら鼻でフンッと笑われて『いいですねー』と嫌な感じで言われた」

「(年収を)言った事ないけど、勝手に想像してきますよ。会社名が子供経由でばれました。私が趣味でカフェによく出かけてる話をすると、『パート収入が全部お小遣いなのよ』と噂になってました」

やっぱり、攻撃の対象として年収1,000万円程度というのが一番手頃なんだと思いますね。

日本人は、なぜか労働の対価として正当な報酬を得ている人や、一代で資産を築き上げた人など、とにかくお金を持っている人に強く当たる人が多いです。前述の通り、単なる嫉妬心によるものなのですが、日本人は他の人と一緒であることに価値を見出す国民性ですから、他の人と違うお金持ちは徹底的に叩き潰すという国民性なんでしょう。

国民的なアニメとして知られる『サザエさん』をご存知でしょうか?かなり前の話ではありますが、久しぶりにサザエさんを視聴する機会があったので視聴していたところ、日本人のお金持ちに対するイメージが凝縮されているなと感じるエピソードがありました。

タイトルは忘れたのですが、サザエさんの家の近所に、とにかく大金持ちで何の仕事をしているのか分からないおじさんが住んでいました。

きっかけは忘れましたが、サザエさん一家は持ち前の図々しさで彼に接触し、仲良く話をしていたのですが、仲良くなった後、主人公であるサザエさんが、「ああ、良い人で良かった。こんなにお金があるのだから、何か悪いことでもしているのかと勘違いしていた。」という旨のセリフを発しました。

それ以上詳しくは覚えていないのですが、非常に胸糞悪い表現だなというのがとても印象に残りました。曲がりなりにも国民的なアニメという位置にある『サザエさん』というアニメで、『お金持ち=悪』であるかのようなミスリーディングを起こすようなセリフが採用されたというのは非常に残念です。さすがフジテレビだなと思いました。

日本人の中では、お金持ちは悪いことをしてお金を稼いでいるのだという間違った認識が根付いているために、高収入の人や資産家を叩いてしまう傾向にあるのです。

年収1,000万円程度であれば、都内では十分稼げる範囲ですし、国が変わって米国の都市部では年収1,000万円は『貧困層』にあたります。これは、日本がデフレに苦戦していた30年の間に、米国や他の国は適正なインフレが発生していたために経済成長し、日本円にして年収1,000万円程度では生活できないような都市が増えてきたことによるものです。

日本が成長しないのは、国民がお金持ちや高収入を叩いているからではないでしょうか?人と同じことに重きを置くあまり、高収入の人々が、自分たちと同じ低い水準まで落ちてくることを願う人が大半なのです。どこを見ても足の引っ張り合いだということからも分かりますよね。

ですが、国民全体を引き上げるならともかく、全体を引き下げるようなことをしていては、日本という国が成長しないのも当然ですよね。どうして高収入を得るだけの才能がある人が、収入の低い方に合わせなければならないのでしょうか?

例えるならそれは、人気YoutuberのHIKAKINさんが自身のYoutubeチャンネルを閉鎖して、再びスーパーマーケットの店員に戻るようなものです。それをすれば、『格差』は縮まりますが、多くの人が彼の発信するエンターテイメントを楽しむことができなくなり、大きな損失となるわけです。それが果たして幸せなことなのでしょうか?

お金持ちに嫉妬する貧乏人は、お金持ちを蹴落とそうとするのではなく、自分もその水準の収入を得ることができるよう努力し、行動を起こすべきなのです。『お金持ち嫌い』の日本人が大多数を占めている限り、日本という国が再び脚光を浴びることはないんじゃないかなと私はそう考えております。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました