【朗報】老後に『1億円』が必要でも普通のサラリーマンなら大丈夫!

投資の考え方
スポンサーリンク

『老後2,000万円不足問題』が社会で騒がれて、はや1年以上経ちました。発表がされた当初は一般人が大きく騒ぎ立てたものですから、結局は『なかったこと』にされてしまいましたが、老後に年金が不足する可能性については全ての労働者の頭の片隅に植え付けられることとなりました。

しかしこの報告書が世に公開される前から、老後資金として1億円は必要だという声は各所から上がっていました。今や『人生100年時代』と言われており、65歳を定年と考えれば、老後期間は35年。夫婦二人で毎月の生活費を25万円、年間300万円とすると老後に必要な資金は1億円を超えるということです。

ですが、ここで朗報です。『普通のサラリーマン』は老後に必要な1億円を超える資金の準備をせずとも何とかなるそうです。

「1億円」老後に必要でも、普通のサラリーマンなら大丈夫!? | LIMO | くらしとお金の経済メディア
「老後資金は1億円必要だが、普通のサラリーマンは何とかなる」と筆者(塚崎公義)は考えています。老後不安を掻き立てるような話が世の中に満ち溢れています。昨年も金融庁の「老後資金2000万円報告書」が話題を集め、不安に感じた読者も多かったことでしょう。

標準的なサラリーマンは、20歳から60歳まで働いて妻が専業主婦の場合で、夫婦合計して毎月22万円程度の公的年金が65歳から受け取れるので、老後に生活していく分には困ることはないということです。

ただ、このままでは毎月3万円の不足が発生するということですから、毎月3万円ずつ貯蓄を取り崩していけば大丈夫です。30年間強で1100万、万が一に備えての手元資金400万円を加えても、1500万円あれば大丈夫、という計算になるということです。

だから、標準的なサラリーマンであれば大丈夫なんです。妻が専業主婦であっても毎月22万円もの公的年金を受け取れるだけの収入が見込める標準的なサラリーマンです。

それはとても標準的な、例えば、“経団連に加盟している程度の上場企業、または日経225に選出されている程度の上場企業に入社し、新入社員から定年までサラリーマンとして勤め上げ、定年を迎えれば莫大な退職金を得ることができ、尚且つ自分が定年を迎える頃には住宅ローンの支払いを終えたマイホームがあり、親からの遺産も多少は期待ができる程度”の標準的なサラリーマンであれば、何の心配もなく老後を過ごすことができるということです。

いやぁ、本当によかったですね。”標準的”なサラリーマンであれば、老後の心配をする必要がないというのですから、わざわざリスクを抱えて投資をする必要なんてないのかもしれません。

ですが、そんな標準的なサラリーマンですら、警戒しておくべきことがあるようです。それが日本で『インフレ』が発生するというリスク。インフレが生じると、老後に必要な資金が1億円では足りなくなるかもしれないことから、インフレが起きれば最悪だということです。

そんな場合でも公的年金はインフレに合わせて支給額を増やしてくれるから大丈夫!

事情があって働けない人や収入が少ない人もいるでしょうから、そうした人には政府の支援が必要だけど、標準的なサラリーマンは大丈夫!

だってさ。

・・・脳内お花畑なのかな?

今の日本にこの”標準的な”サラリーマンに当てはまる人はどのくらい居るでしょうか?おそらく全体の1%にも満たないのではないかと思います。

大学卒業後に派遣社員やアルバイトなどをしているだけでアウト。というか、大学卒業後に新卒カードで日本を代表する大企業に入社できなかっただけでアウト。親もそれなりの遺産を遺せるほどの経済力がなければアウトで、ちゃんと住宅も30歳までには購入しておかなければアウトです。何一つ引っかかることなく全ての条件を満たしていたとしても、インフレが起きればアウトですし、死ぬまで公的年金が今の水準をキープしてくれなければそもそもアウトです。

果たしてこの記事に出てくる標準的なサラリーマンは一体どこにいらっしゃるのでしょうか。私には思い当たりません。

私が大学を卒業した頃は、東日本大震災の後遺症によってかなり就職活動には苦戦し、正直言って新卒カードを有効活用できたとは言えません。それでも転職を重ねて今はそれなりの大企業で仕事ができていますが、このまま定年まで勤め上げることができるかどうかは不明です。というか私自身定年までサラリーマンをするつもりはありませんしね。

就職活動一つとっても、運の要素が絡んでくることは否定できない事象なのですから、普通のサラリーマンなら老後を心配する必要はないというのは少々雑な考え方だと言えるのではないでしょうか。

そもそも、大企業に勤めてもらえる年金だけでは結局1,500万円程度の不足は出る訳ですから、何かしらの方法で資産を用意しておく必要はあるのです。

それを貯蓄だけで用意しようと思えば、それこそインフレにぼろ負けしてしまう可能性がありますし、貯蓄だけではなかなか厳しい金額であることはおわかりいただけるのではないでしょうか。

ましてや、私のような普通のサラリーマンにもなれなかった人にとっては、投資を通じて資産を形成するより他に老後の1億円を作り出すことはできず、だからこそ、普通のサラリーマンだろうがなんだろうが、全ての人に正しい投資を通じて資産形成をしてほしいと私は考えているのです。

普通のサラリーマンのモデルケースでは、現役時代は会社に頼り、老後には完全に公的資金や政府に頼り切りなので、完全に他人任せの資金計画なのですが、ひとたび自発的に株式などの資産に資金を投じることで、自分で自分自身の資金をコントロールすることができるようになるのです。

あなたはこれから死ぬまで、他人にお金のことを任せきりにして生きていくおつもりですか?もし自分である程度収入をコントロールしたいのであれば、1日でも早く他人任せの考え方を捨て去って、自分の判断で投資を始めることをオススメいたします。

少しでも早い段階から投資を始めることで、より豊かな老後を送ることができる可能性は高まります。そのためには、心配しなくても大丈夫!なんて呑気なことを言っている場合ではないのです。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました