【悲報】ジム・ロジャーズ氏「私の言うことは信じるな」ついに核心を突いてしまう。

投資の考え方
スポンサーリンク

世界三大投資家として有名な『冒険投資家』ことジム・ロジャーズ氏ですが、近年はメディアに露出してポジショントークを連発するコメンテーターとしてのご活躍が目立つことが多いです。

そんな彼がついに、「私の言うことは信じるな」と発言した記事が公開されました。

お探しのページはありません(page not found)

ジム・ロジャーズ氏はそもそも、元パートナーであり、同じく世界三大投資家の一人であるジョージ・ソロス氏から、「アナリストとしては優秀だが、トレーダーとしては凡庸」と称されており、なぜ彼が世界三大投資家と呼ばれるのかは不明だが、近年の彼はトレーダーとしてだけでなく、アナリストとしてもお世辞にも優秀とは言えない成績が続いているのである。

ここ数年に限って言えば、確実にジム・ロジャーズ氏の言うことを信じてその通りに投資をしていたとしたら、損失が出ていたことだろうと思います。

また、彼は『将来性を語るアナリスト』の割に、短期的な視点でしか投資を考えておらず、数ヶ月でポジションを解消したり、そもそもの発言に一貫性がなかったりと、とてもじゃないが、全幅の信頼をおける投資家とは言えないのである。

ですが、ジム・ロジャーズ氏に限らず、投資で損失を被らないために必要なのは、誰かの意見を鵜呑みにするのではなく、自分で調べて、自分で考えて、納得した上で行動に起こすことだと言えるでしょう。

例えば私が、いつも主張している、『S&P500に連動するインデックス投資が資産形成にはベスト』だと言う意見も、何も調べずに鵜呑みにして有り金全部突っ込んで買ってしまったとしたら、数ヶ月後には「損をした」とか「思っていたほど儲からない」とか文句が出てくることでしょう。

S&P500に連動するインデックス投資が有効だと言うのは、長期的な目線に立って積立投資をすると言う前提の元での話ですから、数日から数ヶ月で儲けようなどと言う人とは相性が良くありません。

もし、数日から数ヶ月で大きく稼ぎたいのであれば、自分の信用力の置ける範囲で借金をして、レバレッジを最大限かけてFXに一点張りしたり、仮想通貨でも買い込めば良いのでしょう。

それで大きな利益をもたらすかどうかは完全に運次第ですが、何もしないよりは儲かる可能性がわずかでもあります。もちろん、取り返しのつかないほどの損失を被る可能性の方が高いので、私は決してオススメはしませんが。。。

最も大切なことは、他人の言うことを真に受けてはいけないということだ。私は、これまで誰かが勧めてきたことを実践するたびに、損をしてきた。投資先を決めるときは、あなた自身が詳しく知っているものにだけ投資すべきなのだ。

ジム・ロジャーズ氏は、腐っても世界三大投資家と呼ばれた投資家の一人ですから、たまにこうした、投資に対する学びを得られるまともな意見も述べることがあります。

他人の言うことを真に受けて、自分でもよく分からないものに投資をしているのであれば、それは短期的・長期的にかかわらずただの投機、ギャンブルに過ぎず、本来あるべき投資の姿とはかけ離れていると言わざるを得ないです。

そう主張するジム・ロジャーズ氏もまた、日本のETFを買い進めているのが、「日銀の黒田総裁が日本のETFを買い進めているから「と主張しているのは理解に苦しむ訳ですが、「ジム・ロジャーズの言うことを信じて投資してはならない」と言うことをジム・ロジャーズ氏は自身の行動を持って体現してくれているのだと思います。

さすが世界三大投資家。自らの資金をよくわからないリスクにさらして個人投資家に教訓を教えてくれるなんて、懐が深いですね。

日銀の黒田総裁の発言と行動を信じて、今は日本株に投資しているジム・ロジャーズ氏ですが、つい先日までは日本株のポジションは売ったとしつこく主張するような方でしたので、もし彼の意見に左右されて投資をしていたら、一体どれだけ短期売買を繰り返さなければいけないのでしょう。

ジム・ロジャーズ氏の発言をまとめていくと、彼のポジションの取り方は、自分が利益を得るためのポジショントークだと丸わかりで、本来の投資の形とは異なることが分かります。

そう言った面から見てもやはり、ジム・ロジャーズ氏の主張する「私の言うことは信じるな」は疑いようのない事実なのではないかと私はそう確信しております。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました