【悲報】「マスクを貰えるかと期待していた」シャープ株主の『目の付けどころがシャープ』な件

投資の考え方
スポンサーリンク

先月29日、シャープ(6753)の本社で株主総会と経営説明会が開催されました。同社の新型コロナウイルス感染拡大を受けて新規参入したマスク生産について、株主からは評価する声が相次ぎ、戴正呉(タイ・セイゴ)会長兼社長は、国内で健康関連分野の新規事業を展開する考えを示したとのことです。

新規参入のマスク事業に評価相次ぐ シャープ株主総会 健康分野で事業展開へ
シャープは29日、堺市堺区の本社で株主総会と経営説明会を開催した。同社が新型コロナウイルス感染拡大を受けて新規参入したマスク生産について、株主からは評価する声が…

しかし、同社が手土産を配布していないことに関し、別の株主からは「マスクをもらえるかと期待していた」との声も上がったということです。

最近では、株主総会に参加した投資家と参加できない投資家との不公平さを解消するために、株主総会で配るお土産文化を廃止する方向に向かっている企業が多いものの、シャープのように歴史ある企業の株主様はどうやら旧態依然とした文化がお好みのようで、お土産をねだるだけでなく、ネット上で抽選販売せざるを得ないほど人気を博した同社のマスクをよこせと発言する始末です。

そもそも株主が投資先にお土産を貰おうとすること自体が異常なことであり、そんなにマスクが欲しいのなら、配当金を活用して普通にドラッグストアなどでマスクを買えばいいのです。最近は普通に販売できるほどマスクの需給は安定してきていますからね。

このお土産文化が出席者だけに配られるのは『不公平』と言われるのには、ちゃんとした理由があり、当たり前ですがお土産で配るモノはタダで湧いて出たものではありません。お土産として配るために会社の経費を使って商品を用意しているのです。

会社は株主のものですから、会社の経費がかかっているということは、すべての株主が『お土産代』を負担していることになるのですが、それが配られるのが株主総会に参加した投資家だけ…となれば、不公平感が出てくるのは当然ですよね。

にも関わらず、シャープの株主は売れ筋となったマスクを販売せずに株主に配れと言っているのです。これは、売上も利益を出さなくてもいいから、製造原価だけ負担して製品を配ることを意味しています。

つまりシャープの株主にマスクを配るということは、株主全員がそれぞれ誰か他の株主のために、あるいは自分のためにマスクを生産したことに繋がります。

株主総会に参加した投資家にとってはプラマイゼロ、あるいは株の持分が増えれば増えるほど他の株主のために多く『お土産代』を負担していることになりますし、地方の個人投資家のように株主総会に参加しない投資家にとっては、『お土産代』を負担するだけして何ももらえないということです。

また、日本企業にある悪しき習慣として『株主優待』がありますが、これもまた日本企業の収益性が悪化する原因です。日本では、株主優待で生活するおじいさんが代表的な投資家のように扱われていますが、株主優待も本来であれば投資先の企業に余計な費用が計上される原因となりますので、手放しで喜べるようなものではないのです。

それをまるで、何処かからタダで湧いて出てきたものかのようにお土産や株主優待で喜ぶ日本株投資家の姿は、投資家と呼ぶには少しお粗末だと言わざるを得ないのではないでしょうか。

中には配当金が無配に陥っているのに株主優待を継続する企業が、CEOが入れ替わることもなく、何年も株主から大した追求されていないという謎の体制も存在しています。株主優待を継続する余裕があるなら、さっさとそちらを撤廃して収益性を高め、利益を配当してもらうのが一番です。

株主優待は配当金と違って税金がかからないからメリットが大きいという意見もございますが、私はたとえ税金を引かれたとしても現金で還元して欲しいです。当然ながらモノより現金の方が使い勝手がいいですからね。

例えば会社員が、「余計な税金を払わなくて良いように、我が社では来月からの給与を額面相当の自社製品での現物支給に切り替えます」ってなったら怒りますよね?(給与相当の現物支給であれば、税金がかかる可能性もありますが)

極論ですが、配当金を軽んじて株主優待を優遇するというのはそれを許しているようなものだと言えるのではないだろうか。

マスクを貰うために株主総会に参加したり、株主優待の期限切れを気にして不要不急な外出をせざるを得ない日本では、まだまだ本来の投資文化が根付くのに時間がかかるのではないでしょうか。

優良インデックスや優良企業へ長期投資をしている投資家と、シャープの株主とでは、まさに『目指してる、未来がちがう』と言えるのです。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました