【悲報】コロナショックによる含み損で、『投資から貯蓄へ』逃げ出す初心者たち。つみたてNISAを『損切り』してはいけない理由。

投資の考え方
スポンサーリンク

刺激的なコラムを掲載されることが多い、マネーポストにまたしても興味深い記事が投稿されていました。

コロナショックで元本割れ続出 “投資から貯蓄へ”の逆流起こるか | マネーポストWEB
 年初に2万4000円台だった日経平均株価は、「コロナショック」で3月19日には1万6000円台まで暴落。6月に入って2万2000円台まで戻したとはいえ、改めて「投資」のリスクが顕在化した。 近年、国は「貯蓄から投資へ」と喧伝してきた。NI...

年初に2万4000円台だった日経平均株価は、「コロナショック」で3月19日には1万6000円台まで暴落。6月に入って2万2000円台まで戻したとはいえ、改めて「投資」のリスクが顕在化した。

今年に入る前は、株式市場は比較的穏やかで楽観的なムードが漂っており、日本では『年金2,000万円不足』問題が騒がれたこともあり、この1年間で新たに投資を始めたという初心者の方は相当増えました。ですが、今年2月末から3月にかけておきたコロナショックによる、異例のスピードでの株価の大幅調整により、積立投資を始めたばかりの初心者が泣く泣く『損切り』するという事例も数多く発生したようです。

しかも、いまだにコロナウイルスによる影響は終息する様子はなく、せっかく勇気を出して投資の世界に踏み込んだ初心者が、再び労働と貯蓄の世界に戻ろうとしているようです。

ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の星川秀幸氏は、マネーポストの元記事の中で「低リスク運用をするくらいなら、すべて貯金して利息分の額だけ働くという考え方がある」とコメントしているようです。

「老後資産の中から1000万円を投資に回し、低リスクの年利3%で10年運用できていたのに、コロナショックで元本割れしてしまったという話を聞きました。
 それなら、年利3%ぶんだけ『働いて稼ぐ』という考え方もある。たとえば時給1500円の新聞配達で1回2時間、週3回働くと、1年で約45万円、1000万円の約4%にあたる収入になります」

ファイナンシャルプランナーが、「働いて稼ぐ」などという何の工夫もないプランニングを本当にしたのかどうかはともかく、この意見には首を傾げざるを得ません。

そもそも低リスクとは言え、投資である以上元本割れの覚悟はしておいてしかるべきですし、投資を10年間も続けてきて、今更元本割れで慌てふためくような投資家が本当にいるのだろうか?と感じました。

1,000万円を果たしてどのように投資していたのか分かりませんが、仮に10年前に1,000万円をまとめて投資し、年利3%で10年間運用したとして、10年間で1,343.9万円になることがわかります。

野村証券『マネーシミュレーター みらい電卓』より

ですが、この10年間で追加投資をしていれば、もっと資産は大きく膨らんでいただろうと推測されます。一括投資してそのまま放置していたのかな?と考えると、元本割れした時だけ騒ぎ立てるのはちょっと不自然な気すらします。

また、「低リスク運用をするくらいなら、すべて貯金して利息分の額だけ働くという考え方がある」という考え方にも疑問があります。

例として1,000万円を運用している投資家に年間40万円ほどの労働収入を得ることができれば4%に当たる収入を確保できると言っていますが、じゃあ、投資元本が1億円ならどうでしょう?それでも全額貯蓄に回して、年間400万円の労働収入を得た方が良いと仰るんですかね?今の日本で、400万円の労働収入を得るには、かなりの時間と労力を割かなければならなくなりますが・・・

そもそも、労働で得られる収入と投資で得られるリターンをごちゃ混ぜにすべきではありません。労働収入はあくまで単発的で、いわば単利計算をしているようなもの

対して投資で得られるリターンは、資産が膨らめば膨らむほどリターンが大きくなり加速度を増していく複利計算です。投資資産の元本が一時的な調整で元本割れしたとしても単純に労働収入と比較するのは、投資に対する知識が乏しいのではないかと感じざるを得ません。

また、この数年以内に投資を始めた人々が、一時的な元本割れで保有する投資商品を手放すことをオススメしない最たる理由は、彼らの多くが『NISA』や『つみたてNISA』を活用しているからです。

皆さんご存知のとおり、NISAやつみたてNISAにかかる運用益には税金がかかりません。非課税枠として扱われます。これは投資家にとっても大きなメリットと言えるでしょう。

しかし、今一度思い出して欲しいのは、運用益だけでなく、運用損も当然ながら非課税として扱われるということです。『非課税枠』なんですから当然です。

本来であれば、株の売買によって損失を確定させた場合、確定申告で損益通算ができ、他の口座の配当などから源泉徴収された税額が還付されます。

ですが、つみたてNISAで損失を確定させても損益通算はできません。なぜなら非課税枠だからです。

そもそも政府は長期的な目線で投資を推進させるためにつみたてNISAという制度を作ったのですから、開始から数年程度で暴落が起きたところで狼狽売りするような投資家を対象としていません。

長期投資をしていれば、『○○ショック』というものに巻き込まれるのも当然で、そんな中でもコツコツと投資をしてきた人たちが報われるために『つみたてNISA』はあるのです。

また、投資をはじめて1年、2年程度であれば一時的に含み損が出るタイミングがあるのも仕方のないことです。株価は日々上下しながら、少しずつ右肩上がりに成長するものだからです。

いまだに追加投資した株が買った次の日に大きく下落したり、売った翌日から大暴騰するなんてこと、ザラにありますよね。

つみたてNISAを活用しようとしている人たちが、そんな一時的な値動き程度で一喜一憂していては、何年経ってもまともな資産を築くことはできないでしょう。

つみたてNISAのメリットは、ほったらかしでも積立投資ができるという点なのですから、暴落した時だけ慌てふためくのはあまりにナンセンスです。あなたが選んだ投資商品なのですから、20年後の未来にむけて、暴落の最中にでもコツコツと積立投資をしていくのが、本来の『つみたてNISA』の活用法だと言えるのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました