【超絶朗報】つみたてNISAで大人気!『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』の純資産総額も1,000億円を突破していた件

投資実務
スポンサーリンク

先日、私も楽天証券を通じて投資している楽天VTIこと、『楽天・全米株式インデックス・ファンド』ですが、本日楽天証券を見てみたところ、なんともう一つの投資先、『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』も純資産総額1,000億円を突破していたことがわかりました。

スゴイぞー カッコいいぞー!!

楽天VTIが2017年の9月に設定されており、1,000億円を突破するのに、2年8ヶ月かかったのに対して、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が設定されたのは実は2018年の7月と、まだ2年も経っていないのです。1年と10ヶ月で1,000億円にまで到達したというのは、昨今のインデックス投資の盛り上がりがよく分かる結果ではないでしょうか。

さらに言えば、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が500億円を突破したのが今年の1月ですので、加速度的に資産総額が増加していることがよくわかりますね。

【朗報】つみたてNISAで大人気!『eMAXIS Slim米国株式(S&P500)』の純資産額が500億円を突破!
S&P500に連動する投資信託としては、一番ポピュラーな存在となっている『eMAXIS Slim米国株式(S&P500)』の純資産額がついに500億円という大台を突破いたしました!『eMAXIS Slim米国株式(...

しかも資産総額が500億円を突破した時点でのS&P500指数はおよそ3,300と今よりも1割ほど高値圏であり、株価が右肩上がりに上昇し続けていた頃でした。

それから調整が入ったにも関わらず、資産総額が着実に増加してきたというのは驚異的なことです。株価の暴落も耐え忍び、コツコツと積立投資を継続し続けてきた素晴らしい投資家の方々が大多数だったということがよくわかりますね。

しかも、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の場合は単純に1,000億円突破おめでとう!というだけの話ではありません。きちんと投資家である我々にもメリットがあるのです。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、ファンドの純資産総額に応じて信託報酬の金額が変動するように設定されているのです。

500億円に満たない部分については信託報酬が0.0880%となりますが、500億円以上1,000億円未満の部分は0.0875%、そして今回ついに到達した1,000億円以上の部分については0.0870%と言うことですので、徐々に信託報酬が安くなると言う大きなメリットがあります。

まだ現時点で1,020億円ということですので、0.0870%という最安の信託報酬を享受できるのは、20億円程度の部分についてですが、今後ますます純資産総額が増加していく中で、0.0870%の信託報酬を享受できる部分はますます増えていくことでしょう。

それでもSBI証券が誇る優良インデックスファンド『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』には信託報酬の安さでは劣ることになるのですが・・・それでも楽天証券を利用している方にとっては、S&P500に投資するには最適の商品となっています。

もはや0コンマ何%という差異ですし、今後も信託報酬の引き下げ合戦が起こるだろうと思いますが、信託報酬がどんどん安くなることで投資家である我々には大きなメリットですし、すでに限界に近いほど信託報酬率が下がっているのも事実です。

我々日本人の米国株投資家に与えられた投資環境はここ2、3年ほどの間でも一気に改善されてきております。『投資信託は手数料が高いから儲からない』なんていう意見は今の時代には通用しません

ここまで来たらコツコツ投資をしている人と、投資を始めていない人との間に生まれる差は絶望的なまでに拡大していくことでしょう。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を利用して投資することで、誰でも豊かな将来を描くことができる時代となったと思いますので、すでに積立投資をしている人はこれからも継続し、まだ投資してないよって方にはぜひ、コツコツ積立投資を始めてみることをオススメいたします。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました