【悲報】JCBカードさん、改悪でどんどん使えないカードに・・・

投資の考え方
スポンサーリンク

クレジットカードの国際ブランドと呼ばれる決済ブランドには、VISA(ビザ)・Mastercard(マスターカード)・JCB(ジェーシービー)・American Express(アメリカンエキスプレス)・Diners Club(ダイナースクラブ)の5つが存在しております。

最近では、中国発祥の銀聯(ぎんれん)カードもかなりシェアを伸ばしていますが、基本的には国際ブランドと呼ばれるのは5つとなっています。

そのほとんどは米国企業が運営している国際ブランドなのですが、唯一、JCBだけは日本発祥の国際ブランドとして頑張っています。

そんな日本発のクレジットカードブランド、JCBさんが、大きく改悪したことがTwitter上で話題となっていました。

JCBカードは、海外ATMでは、JCBブランドのマークが付いているATMでしか利用できなくなったと言う改悪があったようです。

私はメインカードはVISAブランドのカードを利用しています。ビザ(V)の株主だからと言うのもありますが、当然VISAブランドのクレジットカードが最も利用できる範囲が広いからです。JCBブランドのカードも作っていますが、あまり使うことがないですね。

海外に旅行に行くときは、必ず『Master Card』ブランドのカードを持っていくようにしています。なぜなら、Master Cardが一般的に、国際ブランドの中で最も為替レートが優遇されることが多いからです。ほんの少しの違いですが少しでも為替レートが安く計算されるMaster Cardは本当にありがたいです。

加えて、海外ATMは結構な頻度で利用します。空港などで両替するのも良いのですが、やはりこれもかなりレートが割高でめちゃくちゃ不利ですからね。現地でATMを利用してキャッシングし、最低限の現金を保有して旅行するのが実はお得だったりします。日本に帰国してすぐにクレジットカード会社に繰上げ返済すれば、キャッシングの利息を考慮しても、空港で両替するよりかなり割安になったりします。

ですので、思っている以上に海外ATMでの利用というのは重要です。JCBはもともと海外ではそれほど使えないカードとなっているのに、今回さらに改悪してしまったことで、より使いづらいカードになってしまいました。

クレジットカードの国際ブランドは、広まれば手数料収入を得られる、かなり利益を得ることができる優良なビジネスモデルですが、シェアを取ることができなければ、厳しいということがよく分かります。

特にJCBカードはVISAと違って、独自でクレジットカードを発行しており、イシュア(発行者)としての役割もあるため、その分ユーザーのクレジット債務に対しての責務を負うことになります。

この点はアメリカン・エキスプレス(AXP)などのプロパーカードを発行する企業と共通するところがありますね。JCBも提携カードはたくさんあるものの、JCBカードというプロパーカードが一般的です。

ですが、JCBカードはアメックスカードと比較しても弱点があります。それは『年会費』です。年会費はクレジットカードビジネスの中では安定的な収入源と言えますが、アメックスカードは一番下のランクであるアメックスグリーンカードでも税抜12,000円となっています。

対して、JCBカードの一般カードの年会費は税抜1,250円であり、条件次第では無料になります。それだけでなく、プロパーカードでも年会費が常時無料のカードもあり、ユーザーとしては良いことですが、ビジネスモデルとして比較した時にはデメリットと言えるかもしれません。

JCBカードが改悪をしていることからも、それほど収益性が良くないことは分かります。まあ、JCBは非上場企業なので業績のほどは分かりませんが・・・

年会費はタダになるけど使い勝手が悪いとなると、結局ユーザーからすると普段使いのカードとするには微妙だなという話になり、本末転倒です。今後ますますJCBの国際ブランドとしての価値は毀損されるのかもしれないと思うと悲しささえ覚えてしまいます。

そして比較対象としているアメリカン・エキスプレスですら、決済ブランドのシェアとしては苦戦していることから分かるように、クレジットカード決済のシェアは、圧倒的王者のビザ(V)と、それに次ぐマスターカード(MA)の2社で全体の約8割を占めるという状況がずっと続いています。

前述の銀聯(ぎんれん)カードがシェアの1割ほどを獲得していますが、これは単純に中国人の人口の多さと中国人の金遣いの荒さを表しているだけであり、中国の成長性も陰りを見せてきたことから、今後もビザとマスターカードの牙城を崩すほどまでは成長しないだろうと思います。

こうして見ると、世界中で安心して利用できるのは、やっぱりVISAブランドかMaster Cardブランドのクレジットカードだなと改めて感じますね。ビザやマスターカードといった企業が投資先として魅力的であることに、疑いの余地はございません。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました