【朗報】世界の長者番付トップ25人が2か月で資産27兆円増という事実。大富豪の資産が増えても庶民には無関係なのか?

投資の考え方
スポンサーリンク

新型コロナウイルスによるパンデミックでグローバル経済が停滞する中、世界の長者番付トップ25人の資産がこの2か月間で、2550億ドル(約27兆4530億円)も激増していたことが分かったと言います。

コロナ禍でも大富豪は大儲け!世界の長者番付トップ25人が2か月で資産27兆円増 – 東京スポーツ新聞社
 新型コロナウイルスによるパンデミックでグローバル経済が停滞する中、世界の長者番付トップ25人の資産がこの2か月間で、2550億ドル(約27兆4530億円)も激増していたことが分かった。その25人の資...

中でも最も資産を増加させたのは、フェイスブック(FB)の創業者であるマーク・ザッカーバーグ氏だということです。同社は中小企業を支援するため、フェイスブックや傘下のインスタグラムにオンラインストアを無料で開設できる「Shops」機能を追加すると発表して投資家の好感を得て、フェイスブックの株価は最高値圏にあります。

時価総額は6,600億ドル程度と、GAFAMの中ではまだまだ時価総額が小さい(と言っても圧倒的な巨大企業ですが)フェイスブックですが、この2ヶ月で底値の146ドル程度から60%程度の株価上昇となっているのである。

MAGA各社が2月の底値から4割ほどの上昇率であることを考えれば驚異的な上昇率ということが分かるでしょう。

さて、彼らのような大富豪と呼ばれる人々がこのような環境下でも資産を拡大させたことは驚異的なことです。ただし彼らの資産がどう推移するかどうかは彼らの資産のほとんどを占める自社株によるものですので、株価によって乱高下するものです。

しかし彼ら大富豪は自身の資産総額がどのように増減するかどうかはそれほど興味はないでしょう。彼らは自身が経営する企業のサービスや価値の向上に努めているだけで、彼らの資産を乱高下させているのは米国株市場に参入している投資家たちと言えるでしょう。

こういうニュースが出ると必ずと言っていいほど湧いて出るのが、「大富豪の資産が増加しようが、我々の生活は豊かになっていない」という論調です。

この意見はこの手のニュースには必ずと言っていいほど出てくるアンチコメントの代表的なやつですね。本当にしょうもない意見です。

「大富豪の資産が増加しようが我々の生活は豊かになっていない」というのは果たして本当でしょうか?私はこの意見こそ何もわかっていない貧乏人のやっかみだと考えています。

米国株の好調さを牽引する『GAFAM』各社がなぜこれほどまでに株価が上昇しているのか。それは、彼らが提供してくれるモノやサービスが世界中に拡大し、売上高は伸び、投資家の期待以上に成長し続けているからだと言えるでしょう。

我々の生活は豊かになっていないと言う人は、GAFAMが提供するサービスを一切利用していないのでしょうか?『iPhone』や『Amazon.com』を利用していないと言う人は一定数いらっしゃるかもしれませんね。ですが、検索エンジンとしての『Google』や『Youtube』はどうでしょう?デスクワークをしている人のうち、マイクロソフト(MSFT)が提供するサービスを利用したことがないと言う人はいらっしゃいますか?

もし、GoogleやOffice製品がこの世に誕生していなければ、いまだに我々はデスクワークをするのに、パソコンを利用することができず、書類は手書きしたものをコピーしてFAXしたり、何かを調べるために分厚い辞典や専門書を利用する必要があるかもしれません。

日本企業の生産性の悪さは問題視されていますが、例えば半世紀前のパソコンがなかった時代と比較すれば、圧倒的に生産性が向上しているのは明らかですよね。

こう言った機器の普及によって生産性が向上しているのに、老害が以前と同じような非効率的かつ残業を良しとする働き方を強要するために日本という国の生産性が落ち込んでいると言えるのです。

逆に言えば、我々は今の大富豪が生み出したプラットフォームのおかげで、たった半世紀前と比較してもかなり豊かな生活を送ることができているのです。

大富豪の資産が増加しても我々の生活は豊かになっていないと言うのは、あなたが消費者として豊かになっていると言う事実に気づくことができていないからです。逆にこうした意見が出てくるのは、バカでは恩恵に気づくことができないほど、社会に当たり前にこれらのサービスが広まった結果とも言えますね。

もしこうした無知な批判家が言う『豊かさ』と言うのが金銭的な豊かさを指しているのだとしたら、それもまた資本主義の本質からズレた的外れな批判であると言うことが分かります。

前述の通り、彼らの資産が増加しているのは、彼らの資産のほとんどを占める自社株などの株式資産の価値増加によるものです。

そしておありがたいことに、世界の大富豪たちが運営している超有名な企業たちは、世界で最も有名な米国株式市場に株式を公開してくれており、我々のような庶民でも大富豪たちが価値を高め続けている企業のオーナーになるチャンスを平等に与えてくれているのです。

そのチャンスに素直に乗っかろうとしている株式投資家たちは、ゆっくりと、しかし着実に自身の資産を増加させているのです。

一方で、そんなチャンスが転がっていることにも気づかない無知な人たちは、「大富豪の資産が増加しようが我々の生活は豊かになっていない」などと、自分の行動を省みることもなく批判ばかりするのです。

そんな無知な人たちであっても知らない間に生活を便利でより豊かなものに変えてくれているのが、大富豪と呼ばれる人たちの運営する企業が提供しているサービスです。

そして、大富豪が運営する企業の株を買っていれば豊かになれると気づいた人々が、彼ら大富豪ほどではなくても資産を拡大させて金銭的にも豊かになっていってるのです。

大富豪の資産が増加しても我々庶民には関係ないなどと言っている人々には、一生かけても気づくことができないでしょうが、我々にも十分にチャンスが転がっているのだと言うことを、少なからず私のブログを読んでくださるファイナンシャルリテラシーの高い皆様ならご存知のはずです。

これからも我々投資家は、株式投資を通じて大富豪の資産増加の恩恵の一部を受け、生活水準の向上と金銭的な面での向上を享受するように頑張っていきましょう。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました