【憤慨】いまだにiOS非対応のサイトを運営してるとか、なんなの?

投資実績
スポンサーリンク

昨日、実家の姉から連絡がありまして、何やらオンラインで手続きをしなければいけない物があったらしく、やっといてーと言う依頼を受けました。

姉にとっては、私は『なんか知らんけど、PCとかに詳しい人』扱いなので、こう言うオンライン手続きとかを代理でやってくれって言う無茶振りが結構多いです。

私もPCのこととか結構苦手なんですけどね・・・旦那に頼めよ。とは思います。でも、姉夫婦はどちらも揃って普段からPC作業をするような仕事には就いてませんし、そう言う意味では私の方が詳しいってことになるのかな・・・?

最近は実家に帰れてませんが、実家に帰るたびに、行政手続きやらオンライン手続き、時期は限られますが年末調整の用紙作成など、色んな面倒臭い雑務を押し付けられます。まったく、私の姉はFPをなんだと思ってるんでしょうね。

それはさておき、昨日も姉からそういうオンライン手続きの依頼を受けましたので、私の愛用しているMacBookからアクセスし、手続きを進めていたんですよね。

ところがですね!とある画面でサイト上に明らかなエラーが生じました。エラーが発生したのは、生年月日を入力するところなんですけど、皆さんも一度は目にしたことがあるかと思いますが、自分の生年月日を入力する際にいじるスクロールみたいなのがあるじゃないですか。

こんな感じです。この場合は月と日ですね

このスクロールの箇所に、本来でてくるはずの日付などが出てこず、全くの空欄となっていると言うのが今回発生したエラーでした。つまり、生年月日が選べない状況です。これではどれだけ頑張っても登録できないですよね。大抵の場合、必須項目ですからね。

スマホでもやってみてうまくいきませんでしたので、どうしたものかとじっくりと考えていたのですが、ふと、iOSで処理できない物なのかな?と思い、以前使っていたノートPCを持ち出して起動してみました。

そのノートPCのOSはWindowsですから、試しにそちらで同様のページへアクセスしたところ、なんとうまく表示されるようになったではありませんか!

つまり、この手続きのために私の愛用しているiPhoneやMacBookは利用できず、Windowsを利用しなければ開くことができませんでした。

同様のパターンが結構少なくはありません。いまだにiOSには非対応と言うサイトを見ることはたまーにあります。一時期よりはかなり改善されましたが。

そう言う使い勝手の悪さに苛立ちを覚え、さっさとiOS対応しろよ!なんて考えながら働いていたところ、ついついこのような結果になりました。

昨夜はOSの世界で天下をとった『Windows』を生み出したマイクロソフト(MSFT)へ追加投資を行いました。私がマイクロソフトを買い始めた頃ならいざ知らず、今『なんでマイクロソフトなんか買ってんの?ww』と思うような人は少ないのではないでしょうか。それくらいマイクロソフトの投資先としての魅力が広まり、『GAFAM』や『MAGA』なんていう、市場を牽引するイケてるハイテク企業の一つに数えられるまでになりました。

逆に、みんながあまりにもマイクロソフトを持ち上げるので、買いづらくなってしまっているのも事実です。ほぼなんの抵抗もなく、ぐんぐんと右肩上がりに成長をしているため、いつでも暴落するんじゃないかなんてヒヤヒヤしながら投資しています。

それでも強気に投資ができるのは、マイクロソフトがハイテク各社の中では最も息が長く生き残るのではないかと考えているからです。

もちろん、サティア・ナデラ氏の功績は大変大きく、『クソダサいソフトウェア屋』だった同社を著しく成長させたのは確かです。ですが、ビル・ゲイツ氏時代に築き上げた『Windows』と周辺ソフトウェアのワイドモートはやはり凄まじく、その優位性があってこそナデラ氏の手腕による成長企業への転換ができたというのはいうまでもありません。

今回のコロナウイルスによる一連の騒動の後でも、悪影響を受けるどころか、マイクロソフトが提供しているサービスはむしろ広まっています。

投資先として、決して喜ばしい状況ではないですが、マイクロソフトを買っておけば大丈夫。マイクロソフトなら安心と言う雰囲気が市場に漂っているのもわかります。

だとしたら私も恐る恐る、マイクロソフトへの追加投資をしていくことになりそうです。

最近では、マイクロソフト株は私の株式ポートフォリオ全体の15%を占めるまでになり、ビザ(V)の17%に迫る勢いです。と言うかビザとマイクロソフトへの投資だけで全体の3割を占めていることになりますので、私のポートフォリオはそれほどバランスが良い訳ではありません。

それでもポートフォリオにバラつきがある状態を放置しているのは、個別株投資といえど、やはり銘柄ごとに強気の銘柄も弱気の銘柄もあるからなんです。

言い換えれば、ポートフォリオ全体の上位を占める銘柄ほど、私は強気に投資ができていると言うことです。そう考えれば私はマイクロソフトに相当強気であることが言えるでしょう。

もちろん今は決して割安とは言えない状況ではありますが、それでもマイクロソフトが買いであることに変わりはないでしょう。

特に大きなニュースがなくても買い集めたいと思える企業こそ、本当に優秀な投資先と言えるのかもしれませんね。

いいかげんiOSに対応して欲しいなと思うサイトがあるのも事実ですが、逆説的にWindowsの強みを垣間見た私は、マイクロソフトへの投資は正しい物だったと判断いたしました。これからも買いに強気でいたいと思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました