【朗報】SBI証券、ついに外国ETFの買付手数料の無料化が開始!インデックス投資家の時代が到来!

投資実務
スポンサーリンク

SBI証券でついに、本日5/15(金)の現地約定分以降に、インターネットコースでの米国ETF9銘柄のインターネット経由の買付注文にかかる取引手数料は無料となりました。

外国株式・海外ETF|SBI証券
外国株式ならSBI証券。外国株式(米国、中国&#122...

今回、買付手数料が無料となったのは、以下の米国ETFです。

VTバンガード トータル ワールド ストックETF
VOOバンガード S&P 500 ETF
VTIバンガード トータルストックマーケットETF
IVViシェアーズ S&P 500 ETF
SPYSPDR S&P 500 ETF トラスト
EPIウィズダムツリー インド株収益ファンド
DHSウィズダムツリー米国株高配当ファンド
DLNウィズダムツリー米国大型株配当ファンド
DGRWウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長

SBI証券では、今年の1/2の現地約定分より、買付手数料がキャッシュバックされる事で、『実質無料』となっていましたが、今回からは、買付のタイミングから手数料が引かれることが無くなり、タイムラグなく買付手数料無料のメリットを享受することができるようになりました。

毎月、1株ずつVOOを買い増ししている私としてはとても嬉しいことですね。毎月1株ずつなので、一旦引かれる買付手数料もそれほど大きな額ではないのですが、それでも一旦支払うよりは、始めから引かれない方が当然メリットが大きいです。

最近は、相場の乱高下も影響してか、個別株投資からインデックス投資に切り替えるという個人投資家の方も多く、特に人気となっているのは、バンガードの優良ETFである、VOO・VTI・VTあたりです。

あと、SBI証券の手数料無料対象外ではありますが、QQQなどのナスダック100に連動するインデックス投資も人気となっていますね。ハイテクに偏重気味のQQQは、値動きは激しいですがそのおかげもあってリターンは大きくなっています。

ここ数年の間に、個人投資家の間に一気に広まった感じのある米国インデックス投資ですが、日々を忙しく過ごされているサラリーマンの方々にとっては、一番オススメの投資方法と言えます。

これらのインデックス投資のメリットは、やはりなんと言っても、『勉強しなくても市場平均のリターンが期待できる』という点と、『倒産の心配がない』という点です。

『勉強しなくても』というのは少し語弊があるかもしれません。投資やお金について全く勉強をせずに、これらのインデックス投資への積立投資にたどり着く事は、まずあり得ませんからね。投資に興味を持っていろんな投資手法を経験した結果、たどり着くのが『インデックス投資でよくね?』というものだと私は思います。

実際、私も個別株投資を5年以上続けてきた後で、VOOのようなS&P500に連動するETFを買い付けしようとコツコツ投資を始めました。今のように毎月1株ずつVOOを買い付けするようになったのは、NISA口座でVOOの買い付けをすると、買付手数料が無料だと知ってからです。

ですので昨年までは、VOOを買い付けするためにNISA枠を1年中残しておく必要があったのですが・・・今年から実質、買付手数料無料となったことで非常に嬉しかったです。

調子に乗って、今年は2月までにNISA枠を使い切ってしまいました。その直後に株価が大きく下落したことは衆知の通りです。

それはともかく、インデックス投資は一度始めると、数十年の長期運用を続けるのがベストと言えるので、買付手数料が無料になるというのは素晴らしいことです。

仮に毎月5万円のVOOを買付するとなれば、年間の手数料は、手数料率が0.45%と考えると年間2,700円の節約になります。

『年間たった2,700円』と馬鹿にする方は、投資家の方の中にはいらっしゃらないかと思いますが、非投資家の方にとっても、2,700円あれば、ランチ3回分位にはなるでしょうから、無視できない金額ですよね。もちろん、毎月の積立金額によって節約できる手数料が変わりますが、手数料が無料になることが嬉しくないユーザーはいないでしょう。

ここ数年の間にでも、インデックス投資を継続しやすい環境がかなり整ってきたのは個人投資家にとってはこれ以上ないメリットだと言えます。今すぐには難しいでしょうが、日本国内でも配当金の自動再投資ができるDRIP制度が一般的になれば、今後ますます長期投資を前提とした投資家が増えるのではないでしょうか。

そして、インデックス投資には、前述の通り、個別株と違って倒産リスクがなく、仮に指数に含まれる企業が倒産することがあってもその銘柄が指数から外されて別の優良企業が採用されるだけの影響に止まります

日々を忙しく過ごしておられるサラリーマンだけでなく、投資自身にはそれほど時間を割きたくないという方にとっても、米国の優良指数に連動するインデックス投資は最適解と言えるでしょう。

2020年に入って手数料無料化が進むと同時に、リセッションが訪れ、くしくも株を以前より安値で買付することができる環境になりました。2020年代は本格的なインデックス投資家の時代が到来すると言えるのかもしれませんね。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました