【朗報】4月度の自殺者数、前年比2割減の衝撃。経済的理由で人は死なないのか?

社会・政治
スポンサーリンク

厚生労働省の発表によると、先月の全国の自殺者数が前の年に比べおよそ20%減ったことが明らかとなりました。

4月の自殺者数、前年比約20%減
 先月の全国の自殺者数が前の年に比べおよそ20%減ったことが、厚生労働省などのまとめでわかりました。 厚労省などによりますと、先月の全国の自殺者数は前の年の同じ月に比べ359人少ない1455人で、19.8%減ったことがわかりました。少なくとも最近5年間では最も大きな減少幅だということです。  新型コロナウイルスの感染拡...

先月の全国の自殺者数は前の年の同じ月に比べ359人少ない1455人で、19.8%減ったことがわかりました。少なくとも最近5年間では最も大きな減少幅だということです。

リセッションが訪れて、経済的に困窮すると、自殺者が増えると言うイメージがあったので、これはある意味、意外な結果でした。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、家族ら同居する人が外出せず家にいることや、職場や学校に行く機会が減り、悩むことが少なかったため、自殺を考える人が減少したと言うことですが、確かに1日中家で過ごしていれば、自殺する機会がないのでしょうね。

私も今週は出勤のために不要不急の外出を強要されていますが、コロナウィルスの影響で自粛ムードが高まってから顕著に感じる事があります。それは、電車の運行が遅延なくスムーズだと言うこと。いわゆる『人身事故』が明らかに減ったなと感じます。そもそも乗降者数が激減したことで、タイムテーブル通りの運行がしやすくもなりましたし、車内空間は本当に快適です。通勤自体は心から嫌ですが。

当然、自殺者が完全にゼロになると言うことはなく、個人経営のお店が先行き不安感から追い込まれて自殺すると言う事例がなかった訳ではありません。

ですが、未知のウィルスと言う共通の敵を目の当たりにして、生命の危機を感じれば自殺者が減ると言うのは歴史を振り返ると何度も起こっていることです。戦時中や震災の直後などは、逆説的に命の大切さを肌で実感するため、自殺者が減少する傾向にあるようです。

それと同様、命の危機に瀕し、かつ毎日ストレスが溜まる会社勤めをしなくても良く、わざわざ外出する必要もない今の状況下では劇的に自殺者が減るのも納得のいく話なのかもしれません。

もっと経済活動の停滞が長引けば、自殺者も増加するかもしれないと言う心配もありますが、そもそも日本において、『経済・生活問題』を苦に自殺するケースは全体の15%程度に過ぎません。

日本人は貧しくなっているのは事実ですが、それは相対的な貧困であり、世界的に見ればまだまだ豊かな国であることは変わりません。日本国内において、明日生きていくためのお金がない状況に追い込まれている人というのはそれほど多くはないはずです。

そして、自殺の原因のうち、もっとも多くを占めるのが『健康問題』です。この健康問題には『うつ病』などの精神疾患が含まれています。自ら命を断つほどの精神状態なのですから、実際は自殺をした方のほとんどは、この状態にあるのではないかと思います。

自粛生活で自殺者が2割減となったのがその証拠で、毎日の会社勤めはやはりかなりのストレスや負荷がかかっているという事が明らかとなりました。

私も今月は今日で出勤予定は最終日ですので、明日以降は再びテレワークに切り替える事ができます。今のところ6月以降はどうなるか分かっていませんが、経理部門としては最も繁忙期となる本決算の時期にもテレワークで対応できたことは、経理でもテレワーク可能だということを強く実感する事ができました。

これは、コロナウィルスが終息した後も、テレワークが可能であればテレワークを原則とする、本当の意味での『働き方改革』を推進すべきではないでしょうか。

もしかしたら世界的にもそう言った流れが加速するかもしれません。未知のウィルスによる働き方の変化が、21世紀前半の最も大きなターニングポイントとなるのかもしれません。

となれば、今後も巨大IT企業、マイクロソフト(MSFT)やアマゾン・ドット・コム(AMZN)などの企業が強い状況は変わりなく、これらの企業への投資冥利はまだまだ続くのではないだろうかと見受けられます。

私が投資を継続しているのは、将来的にストレスを感じない生活を送るための資産形成のためです。人の悩みのほとんどがお金と人間関係ですから、お金があって嫌々仕事をしなくても良いなら誰もサラリーマンなんてしないでしょう。

そう考えれば、資産があるという状況は、最強の『自殺防止策』と言えるでしょう。資産があれば、前述の自殺要因のうち、『健康問題』『経済・生活問題』『勤務問題』のほとんどを潰す事ができるでしょう。

やはりお金があることは正義であり、ストレスを抱えて毎日働いている方々にこそ株式投資で資産運用することは必要不可欠と言えるのではないでしょうか。自分の人生を生きるためにも、これからも私は着実に投資を継続していくつもりです。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました