【超絶朗報】管理人Yuki、再び株式資産だけで3,000万円overを達成!株式資産のみでアッパーマス層へ舞い戻る!

投資の考え方
スポンサーリンク

よっしゃああああああああああああああああああああ!!!!!!!

アッパーマス層入りだあああああああああああああああああ!!!!!!!!

私Yukiの株式資産が、再びアッパーマス層と呼ばれる3,000万円の大台に乗ってきました。時価総額は気にすることではないのですが、やはりキリの良い数字として嬉しいものはあります。

2月の末に株式資産が3,000万円を下回って以来、約2ヶ月半ぶりに株価が戻ってきたことになります。

【超絶悲報】管理人Yuki、ついに株式資産が3,000万円を下回る。ピークから300万円以上の下落も何も動じない理由。
ぎゃああああああああああああああああああああああああれ・・・・?あれ・・・・?2,900万・・・だと・・・?ちょっと前に株式資産が3,000万円超えたと思ってたんだけどなぁ〜?...

昨日の時点でNYダウは24,200ドルあたりで、前日比で微減となっていました。

ですが、2月末時点で時価総額3,000万円を下回った段階でのNYダウは25,700ドルあたりだったことを考えると、株価が下落している間でも淡々と株を買い増ししていたからこそ、3,000万円のボーダーラインが少しずつ下がってきているのかなと実感する事ができました。

もちろん、為替の影響もありますので、一概には言えませんが、持ち株数を少しずつでも着実に増加させる事で、株価の水準が戻ってきた時には資産額の増加のブーストとなるのです。

もちろん、3,000万円を超えたのは、昨日少しだけコカ・コーラ(KO)株を買ったと言うのも一因ではありますが、少額でも持ち株数を増やす事が資産の増加に影響すると言う事がよくわかりますね。

【朗報】先行き見通しが冴えないアノ銘柄に追加投資しました。私が強気に買い増しできる理由とは。
昨日は不要不急の出勤により、またしても夜中まで会社で仕事をすると言うナンセンスな働き方をしてしまった私Yukiですが、ここまで来ると、もはや体力の限界を通り越して、よく分からない心境になってきます。およそ適切な判断ができるような状...

そう言えばこれ以外にも、楽天証券で買付している投資信託も16万円ほどありますので、またしばらくの間、株式資産だけでアッパーマス層をキープできそうな気がします。

ちなみにですが、30代のうち、アッパーマス層の割合は2.3%とのことです。20代だと1.1%だったのになぁ。割合だけで言えば、倍ですよ倍。30代になると一気に増えるものなんですね。それでも少数派であることには変わりありませんが。

もしもこのまま、コロナウイルスの影響を無視してNYダウが再び上昇を始めたとしたら、個別株の全てがNYダウに採用されている私のポートフォリオは大きく跳ね上がることでしょう。(もちろん、逆も然りです。)

ここからは皮算用ですが、仮に今、NYダウが最高値を更新し、3万ドルを付けたとすれば、今の水準から24%ほど上昇することになりますので、単純計算で株式資産のみで3,757万円相当にあたります。もちろん自己最高額となります。キャッシュポジションも考慮すれば、総資産額4,000万円も見えてくるかもしれません。夢が広がります!笑

とまあ、楽観的な意見を述べましたが、現実的なことを述べると、現在は株式市場がなぜ上がっているのか分からない謎多き相場となっています。

毎日更新されるさまざまなニュースを見ていると、理屈は分かるのですが、そこまで楽観的な状況ではないというのは明らかです。

去年までのように、何も考えずに大きく買い増しするというのが怖いなと感じるような環境であることは確かですので、私も淡々と、買い増ししたい銘柄を買付するようにしているのですが、これから夏から秋頃までは、さらに一段安で買うことが出来るチャンスが訪れる可能性は高いのではないかと思います。

そもそも夏頃は市場参加者の減少によって株価は安くなりがちですし、最近の世界の動向を見る限り、コロナショックの第二波が訪れるかもしれないという可能性が高まっています。

とは言え、ロックダウンしっぱなしだと、どっちみち経済は瀕死の状態だし…八方塞がりですよね。

やはり本格的に株価が上昇し始めるのは、コロナウイルスの治療方法が確立してからになるのかなと感じますので、今年いっぱいは弱気相場が続くと考えておくのが妥当だと思います。

ただ、私は毎月コツコツと少しずつでも持ち株を増やすべく買い増しを行っています。私は自分の相場観を一切信用していませんので、基本的にはどんな相場でも積立投資をしていく予定です。

むしろ昨年までの楽観的なムードの中の方が積立投資に消極的になってしまいました。本当に今の株価が妥当なのか?というのがよく分からなかったからです。

その影響でキャッシュポジションもすでに200万円を超えるほどに膨らんでしまいましたので、どこかに大きく投資したい気持ちもあります。毎月の給与からだけでも月額20万円以上の投資資金は確保できますからね。

約10年間の投資歴の中で、それほど資産がなかった頃はガツンと一括投資できたんですが、資産が拡大した今の方が弱気というのは我ながら面白いです。

長期投資のスタンスは変わらないですが、色んな環境の変化によって、自らの投資手法がマイナーチェンジしているのを実感します。

ですが、私は投資を継続していく中で、投資に対して何のストレスも感じなくなってきました。ストレスを感じない生活を送るために投資を通じて資産形成をと考えているのに、投資でストレスを抱えていては本末転倒です。

今の私には、毎月ちょっとずつ、お気に入りの株を買い付けするという投資手法が性格に合っているのでしょう。投資実績はブログのネタにもなりますしね 笑

とまぁ、そんなストレスフリーなスタンスで株式市場に居残り続けてきた結果、再びアッパーマス層入りを果たすことができました。

人それぞれにそれぞれの投資手法があるとは思いますが、私には今の投資手法がちょうどいいのでしょう。4,000万円への大台も焦って達成するつもりはありません。

まずはコツコツ積立投資で地盤をしっかりと踏み固める。そうすれば、どんな市場環境においても、長い目で見れば着実に資産を増やすことができるのだということを、これからも証明していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました