【悲報】韓国で実際に起きた悲劇・・・『ロトくじ』で1等当選を果たした夫婦のその後・・・

マネー論
スポンサーリンク

対韓民国・慶尚南道昌原市で露天商を営み、細々と生活してきた夫婦に1年前、突然の幸運が舞い降りてきました。

なんと、ロトくじで1等に当せんし、経済的に苦しかった夫婦に7億8,000万ウォン(約6,800万円)という大金が転がり込んだと言います。

夫を金づちで殺害、「ロトくじ1等」の悲劇 /昌原 - ライブドアニュース
結婚20年目を迎える50代夫婦を襲った悲劇のきっかけは「ロトくじ1等当せん」だった。大当たりで生じた夫婦の不和は結局、妻が夫を金づちで殴って殺害する事件へと発展した。慶尚南道昌原市で露天商を営み、細々

ですが、彼らはその後幸せを享受することはなかったようです。なぜなら、当選直後から夫が金銭に執着するようになり、妻に対して暴言や無視などのDVが発生し始めたからだと言います。

そしてついにそれに耐えかねた妻が、金槌で夫を数十回に及んで殴り、殺害してしまったという事件が発生したようです。

元々は夫のDVから始まった凄惨な事件だけに、なんとも後味の悪い事件ですが、どうしてこのような事件が起きてしまったのでしょうか。私が思うに、彼らには『大金を扱うだけの器』ができていなかったのだと思います。

『大金を扱う器』というのは、自らお金を貯めて、自らの腕で資産を築いていく最中でできていくものだと考えています。ロトくじなどの宝くじで当選したような人々は大抵の場合、彼ら自身に大金を扱うだけの器ができていない場合が多いです。

宝くじの当選者が、最終的に借金まみれになったり、お金に困る生活を送るようになるのは皆さんご存知のよくあることだと思います。それは彼らが、突然入ってきた分不相応なお金に舞い上がって、普段の生活ではできないような浪費をしてしまうようになるからです。

人間の欲なんていうのは際限がありませんから、本気で浪費をしようと思えば、数億円なんてすぐに使い切ってしまうというような人も中には居るでしょう。

私も例えば宝くじで3億円くらい手に入れば、それなりの配当金を受け取る事ができるような銘柄にフルインベストメントして、毎日ブログ書いたり、好きな仕事をして生きていきたいです。

VOOの配当利回りが現在1.75%ほどなので、3億あればVOOへのフルインベストメントがベストですかね。VOOなら倒産リスクも皆無ですし、それで税引き後で400万円弱の配当収入を得られるのですから、その資金で生活して、余剰資金と自分が好きなことをして稼いだお金で個別株を買い増ししていけば、安泰の生活ができるのではないかと思います。

そんな理想の話は宝くじを買わない私からすれば実現可能性がゼロなので、机上の空論ですが、実際に宝くじに当選された方を見ると、その大半は億単位のお金を数年で使い切ってその上で借金までしてしまい悲惨な人生を送るという人が多いのは事実です。

いくらお金があっても、その人自身に自制心がなければお金は手元に残りません。だからこそ大切になってくるのが、『お金に対する教育』なのです。

お金の教育、ファイナンシャルリテラシーを高める教育というのは、日本では義務教育はおろか、高等教育でも実践的なことは何一つ学ぶ事ができる環境ではありません。韓国の実情は知りませんが、このような凄惨な事件が起きたことを考えると、少なくとも義務教育レベルではまともなお金の教育はされてないんだろうなと感じます。

お金持ちになるためには、投資を継続する事が、『誰にでもできる』確かな方法なのですが、それでもお金持ちになっている人が少ないことを考えると、長期投資は『誰にでもできる』のに『誰もできない』というなかなか難しいことのように感じます。

ただ、個人投資家がまともに投資をする事ができるようになったのは、おそらくここ数年の環境の変化によるものだと私は考えています。10年前と比べても現在は格段に投資しやすい環境が整っています。

だとすればこれから10年、20年の間に、長期投資によって着実に資産を増やし続けてきた賢明なる投資家がたくさん出てくるのかもしれません。

彼らが出てくれば日本人の投資に対する拒絶反応が少しはマシになるのでしょうか?それは分かりませんが、ファイナンシャルリテラシーを高めるには、着実な投資でかなりの資産を築き上げた前例が必要だとは思いますね。

ですので現在の20代以下の個人投資家たちが、日本における個人投資家としての成功者として数十年後に取り上げられる時代が来るのかもしれません。と言うよりも、私も自分自身が良い事例として将来注目をしていただけるよう、今もコツコツと投資を続けていきたいと思います。

宝くじを買うのも、自己責任、意思の自由によるものですが、ある程度のファイナンシャルリテラシーを持たずに高額当選をしたとしても、きっとあなたの手元から大金はすり抜けていくだろうと言うことを、覚えておく必要があるかもしれませんね。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました