【朗報】日本マクドナルド(2702)、4月の売上高は6.5%増の快挙。外食産業でのマクドナルドの強みは変わらないか。

投資の考え方
スポンサーリンク

日本マクドナルドは7日、4月の既存店売上高が前年同月に比べ6.5%増えたと発表しました。

既存店売上高4月、6.5%増 日本マクドナルド
日本マクドナルドは7日、4月の既存店売上高が前年同月に比べ6.5%増えたと発表した。既存店売上高が増えたのは2カ月ぶり。新型コロナウイルスの影響で持ち帰りや宅配の注文が伸びたほか、期間限定の和風ハン

新型コロナウイルスの影響で持ち帰りや宅配の注文が伸びたほか、期間限定の和風ハンバーガーやシェークの好調な販売が売り上げを下支えしたということです。

期間限定で発売された『サムライマック』は、個人的にはとても美味しかったので珍しく期間中に2回食べてしまいました。まんまとマクドナルドに乗せられてしまいました。

客数は前年同月比18.9%減少した一方、客単価は31.4%増と大幅に伸びたとのことです。

今でもたまに近所のマクドナルドに行くことはあるのですが、このように『市場調査』をしていると明らかに変化が分かりますね。以前は店から列がはみ出るほどの行列になっており、明らかに『密』な状況でしたが、最近はいつ行っても数人の列が見られる程度です。

逆に以前にも増して明らかに増えたのが、ウーバーイーツの配達員さん。これだけウーバーイーツの配達員さんを見かけるのに、まだまだ利益が上がってないんだなと驚いて記事にしたほどです。

【悲報】ウーバー テクノロジーズ(UBER)、従業員3700人を解雇。あれだけ街中で見かけるのに、業績は芳しくない模様。
配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズが先週米証券取引委員会(SEC)に提出した報告書の中で、同社は全従業員のおよそ14%に相当する3700人を解雇する計画を明らかにしたという。人員削減の理由としては、やはりコロナショ...

このようにデリバリーでの注文や、家族みんなで来るのではなく、代表者がまとめ買いすることで、客単価は大きく上昇したのでしょう。

マクドナルドのハンバーガーは、子供から成人まで誰でも『味が想像できる』という強みがあり、家族がまとめ買いしやすいという点も売上高が増加した要因といえるでしょう。

しかも世界中で一定の味と品質を保っており、どこの国に行ってもある意味安心して食べることができるものとなっています。

私が学生の頃、友人とフランスへ旅行に行った時、現地のマクドナルドに行ったのですが、店員さんがなかなか商品を提供してくれなくてカルチャーショックを受けました。

地味に見える所でクルーの方がジュースを注いでいたので、私たちのドリンクを入れてくれてるのかなと思ったら、そのまま自分で飲み出して他のクルーと談笑し出した時は驚きました。あくまで一例ですが、日本人のクルーはなんだかんだ言っても、ちゃんと接客してくれてるんだなと感じたものです。

それはともかく、やっぱりフランスでもマクドナルドの味は一定のクオリティを維持しており、「あー、マクドナルドだな」と感じることができるのは、やっぱりマクドナルドの強みとも言えます。

日本よりもチーズを使っているメニューが多いあたりは、さすが国民性を表しているなとも思いましたし、多少は日本のものと味は違いますが、その国の国民に広く受け入れられている味を再現しているのですから、マクドナルドが世界中で愛される理由がよく分かります

あくまで日本マクドナルドの話ではありますが、このご時世でも売上高を伸ばしているあたりは大変素晴らしいと感じると同時に、やっぱりマクドナルドはこれからも外食産業の王者として世界中に君臨し続けるのではないだろうかと考えさせられました。

このように世界中で愛され続け、外食産業の王者たるマクドナルドに投資をしたい!と思った時、わざわざ日本マクドナルドに投資する必要はないですよね。日本マクドナルドはその名前の通り、日本でマクドナルドを運営しているだけの企業に過ぎません。

日本風に運営されている日本マクドナルドは、株主優待として投資家にクーポンを配布したり、配当金や株主還元にはそれほど積極的でないなど、実に日本的な企業です。

確かに日本は、国内のマクドナルド店舗数は米国に次ぐ2位と世界でも相当店舗数が多い国ではありますが、それを運営している企業があまり投資冥利のない日本企業なので、わざわざそちらに投資をするのはどうなのかな?と感じます。

もしあなたがマクドナルドに投資をしたいのであれば、何も日本マクドナルドに投資する必要はなく、本家本元の米国のマクドナルド(MCD)に投資をすれば良いのです。

米国マクドナルドの成長もこのように長期チャートを見れば明らかです。

一方の日本マクドナルドが、やっと2001年の上場時の株価と同程度の株価になっているという状況です。

どちらに米国のマクドナルドか、日本マクドナルドか。どちらに投資した方がリターンが大きくなりそうかというのは一目瞭然ですよね。

世界中で愛されている外食企業、マクドナルドへ投資する際は、やっぱり米国のマクドナルド(MCD)への投資がベストと言えるのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました