【朗報】新説『喫煙者はコロナウィルスに罹りにくい』は本当?タバコ株爆上げの予感か。

投資の考え方
スポンサーリンク

ITメディアに面白い新説が掲載されていました。

「喫煙者は新型コロナにかかりにくい」 まさかの新説は本当か
アメリカやフランスの研究チームが、ちょっと信じられない研究結果を発表した。「喫煙者は新型コロナにかかりにくい」というのだ。まさかの新説の裏に何があるのか。

4月24日に、フランスのピティエ・サルペトリエール病院から発表された研究結果によるとニコチンが新型コロナウイルスの感染を抑制している可能性があるというのだ。

同病院の研究チームが新型コロナの患者343人と軽症の感染者139人を調査したところ、喫煙者の割合がわずか5%で、フランスの喫煙率約35%を大きく下回っていたという。さらにこの傾向は世界中で見られ、過去に喫煙歴のある人が最も危険で、現在喫煙中の人の方が感染リスクは低いとされています。

このような『新説』の公表が影響してか、タバコ株の株価が順調に回復している。『タバコ三兄弟』として個人投資家にも人気のアルトリア(MO)、フィリップ・モリス(PM)、英国のブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)はいずれもここ数日の株価は安定して上昇しています。

確かに、男性の喫煙率が世界一で成人男性のおよそ8割が喫煙者と言われる、アジアの小国・東ティモール民主共和国では、現時点での新型コロナウィルス感染者は20名程度、死者数はゼロと言われています。これは本当にタバコに含まれるニコチンが新型コロナウィルス対策には良いというのか・・・!これからはタバコ株の時代が到来か・・・!

と思うかもしれませんが、慌てないでください。これはあくまでそれっぽく見えるデータを集計しただけの話です。

男性の喫煙率世界一の東ティモールは、あくまで人口130万人ほどの国だから、相対的に感染者も少ないのは当然ですし、幸い死者も出ていないという状況です。同じく男性喫煙率ランキングで世界2位で、世界第4位の人口を有するインドネシアでは感染者は9500名を超え、死者は700名を超える結果となっています。

まあ、これでも世界人口第3位の米国が感染者数100万人を超え、死者数も5.8万人となっていることからすれば抑えられているようですが、これは喫煙習慣というよりは相対的にアジア人に死者が少ないというところが影響しているように思います。アジア人の遺伝子的に重症化が抑えられているのか分かりませんが、西欧に広まって以降の方がコロナの影響は拡大したように感じます。

単純にニコチンとコロナウィルスの疾患のしやすさというのは相関性があるのか、少し疑問です。それに、ニコチンが例えコロナウィルスへの感染を抑えるとしても、喫煙習慣はその他の疾病に感染する可能性がぐっと高まることは言うまでもありません。

肺炎にはならなくても、肺ガンになる可能性はありますし、もしかしたら新型コロナウィルスに感染していたものの、症状が出る前に喫煙習慣による他の病で命を落としたために彼らが感染者としてカウントされていない可能性だって否定できませんよね。かかりやすさが取り上げられていますが、重症化リスクはどうなんでしょう?

タバコが害悪であることに変わりはないのですが、タバコ業界が苦境に立たされると、どこからともなくタバコの健康面のメリットが唱えられると言う流れはよくあることです。かつては「ニコチンがアルツハイマーに効く」と言った今の通説とは真逆の情報が流れていたこともあるのです。

逆に言えば世界中でそこまでしてタバコを守り続けようとする動きが今も存在していると言うことなのかもしれません。喫煙に対してどんどん規制をかけてはいくものの、喫煙者が全くのゼロになってしまうと困ると言う一面もありますからね。

タバコ株は決して『ディフェンシブ』と言う訳ではなく、それほど好調でもなかったタバコ株の株価は、今回の下落相場でもちゃんと下落すると言う一面を見せましたが、タバコが『必要悪』であると考えれば、タバコ株が消えて無くなると言うことはおそらくこの先も無いのではないかと言えるのではないでしょうか。

私はタバコ嫌いですからタバコに投資するつもりは一切ありませんが、個人投資家にも大人気のタバコ三兄弟に投資して何十年も放置し続ければ、きっと配当金だけで投資元本を回収することは難しいことではないと思います。

私自身、ニコチンが新型コロナウィルスに良い影響を与えると言う意見にはっきりと反論できるだけの証憑はありませんし、これから研究が進んで結論が出るのだろうと思いますが、少なくともこのようなポジティブニュースはタバコ業界が苦境に立たされた時にどこからともなく出てきていると言う歴史を考えると、こんな情報に惑わされて喫煙を始める愚か者を炙り出すための寄せ餌なのかもしれません。

一度でも喫煙習慣を根付かせれば、あとは勝手にリピーターになってくれるのがタバコ業界の良いところですからね。我々投資家はこのような情弱な依存症患者に日々感謝して、タバコ産業が生み出す大きなリターンを受け取る側に立つべきだと言えるでしょう。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました