【悲報】アップル(AAPL)、新型iPhoneの量産を延期へ。それでもアップルに強気な理由。

投資の考え方
スポンサーリンク

米アップルが今年投入予定の新型iPhoneの量産を1カ月程度延期する見通し、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が27日、関係筋の情報として報じた。

アップル、今年投入の新型iPhoneの量産延期へ=新聞
米アップルが今年投入予定の新型iPhoneの量産を1カ月程度延期する見通し、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が27日、関係筋の情報として報じた。

延期となったのは次世代通信規格『5G』に対応する新機種で、4種類の新型機種を発表する予定となっています。

アップルにとってはあまり良いニュースとは言えず、昨日のアップル株はどっちつかずな展開という印象でしたね。ほぼマイナス圏だったのに最終的に微増となったのは、まぁ健闘したと言えるところでしょうか。

同時に生産台数も2割減となったということですし、MAGAの中では最も今回のコロナショックの影響を受けているアップルの株価は再び下落するかもしれません。アルファベット(GOOGL)も相当な影響を受けているようですが、製造業としての一面を持つアップルの方がより大きな影響をうけるだろうと言えるのではないかと思います。

このようにアップルにとってはしばらく成長が期待できない低迷期が続くかもしれないと見られますが、私は今でもアップルに対しては強気の姿勢です。

私ごとですが、昨日ついに予約注文していた『iPhone SE』が手元に到着しました!

発売日当日にはさすがに届きませんでしたが、少し待たされた分とても嬉しいです。テレワークも昨日は22時頃といつもより早めに終わり、早速SIMの入れ替えをして設定などを進めておりました。

結構時間かかるかな?と思いましたが、さすがiPhoneですね。iPhone同士のデータの移行は本当にスムーズで、20分程度でiPhone SEは前のiPhone7と同等の使い勝手になりました。しかも20分のうちほとんどは待ち時間で、操作自体はめちゃくちゃ簡略でした。

約4年ぶり?に機種変更をした私がこれほどセルフでスムーズに機種変更することができるというのが、アップル及びiPhoneの最大の魅力です。iPhoneは機種変更時のデータの連携がとてもスムーズであることがそもそもの売りでした。それはスティーブ・ジョブズの時代から変わっておらず、直観的な操作性、連動性は今でもiPhoneの基本的な機能として備わっています。

だから私はこれからもiPhoneを使い続けることになるでしょう。スマホが普及し続ける限りiPhoneを使うことに躊躇いはなく、これは『必要経費』だと割り切って使っています。格安スマホなんかもありますが、私はそちらには移行できそうもありません。

もちろんiPhoneは廉価モデルのiPhone SEと言えども4万円台〜6万円台と非常に高価ですからめちゃくちゃ扱いには気を付けています。私は今まで一度たりともiPhoneの画面にヒビをつけたこともありません。それくらい取り扱いには細心の注意を払っています。

でも、iPhoneを買ってしまうのです。6万円は決して安くないですが、『必要経費』として割り切ってしまうのです。それがiPhoneの魅力。アップルの『ブランド力』だと理解しています。

思い返せば、昨年は当ブログを書くために、『Macbook』を10万円ほどで購入しましたし、今回はiPhone SEを購入しました。この2年間で、普段の生活費を除けば、5万円を超える出費をしたのは多分この2つだけじゃないかなと思います。本当にアップル恐るべしです。

決して財布の紐が緩くはない(と言ってもガチガチに硬いわけでもないですが)私が大きな出費をするときはいつも背景にアップルがいるのです。これはアップルに投資しない手はないですね!

節約ガチ勢ではないものの、投資家として固定費の削減や日常での無駄な出費は厳しく節制しているつもりの私にこれだけの出費をさせるアップルには、やはりその価格に見合った価値があると私は思います。価値のないものに大金を出すことはありませんからね。

iPhoneにしてもやはり使い慣れたというのもありますが、使いやすいですし、廉価版と言えども私には十分過ぎるほどのスペックを提供してくれています。また、Mac Bookも、ブログを始める前はなんでわざわざMacなんだ?と思っていましたが、そもそもプライベートでPCを使うことがほとんど無かったからそう思っていただけでした。

ブログを始めたときはすでに持っていた従来のPCを使っていたのですが、そもそも古い機種というのもあるでしょうが、非常に使いづらく、レスポンスも遅いので、とてもストレスが溜まってブログ執筆には不向きでした。ですのでブログを始めたことをきっかけにMacbookを購入したのです。

まだブログを始めて1週間くらいで、アドセンスに合格したばかりというような状況での思い切った決断でした。もしブログをすぐに辞めていたら不要の長物ですからね。それなりの覚悟を決めて、一番安いながらも10万円ほどする『MacBook』を購入したのです。

そしてその覚悟が実を結び、ありがたいことにたくさんの方に読んでいただけるブログに成長し、ここ数ヶ月はブログから毎月MacBookを購入できるほどの収入をいただけるようになりました。今月は厳しいですが、非常に意義のある買い物だったということが証明されました。

おそらく私はMacBookを買っていなければとっくにブログを辞めていたかもしれません。それは高価なMacBookを買ったことである意味本気度が高まったという面もありますが、何より以前のPCはレスポンスが悪くてストレスが溜まるので、途中で投げ出していたかもしれません。

なんだかアップル製品のレビューのようになってしまいましたが、それだけ私の生活の中にはアップル製品が根付いているという訳です。

さらにアップルの製品を今も変わらず利用し続けているのは私に限ったことではなく、世界中でアップル製品が今も愛用されている事実から、アップルの優位性はこれからも継続していくのではないだろうかと考えられます。

延期になったとは言え、発売されることは確実ですし、高価なiPhoneとは言え、どうしても欲しいというファンが一定数は存在している訳ですので、アップルの売上高は一時的に落ち込むことがあってもまた回復してくるのではないでしょうか。

また、昨今のアップルは着実にiPhoneなどの製品を販売するという事業体制からサービスを提供するプラットフォームとして収益を生み出していく体制にシフトチェンジしています。

これからもアップルの優位性はしばらくの間は揺るぎないものとなるのではないだろうか。と私はそう考えています。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました