【朗報】日本政府、コロナ治療薬として『レムデシビル』を5月中に承認へ。

投資の考え方
スポンサーリンク

安倍晋三首相は27日の衆院本会議で、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「レムデシビル」について「間もなく薬事承認が可能となる」と明らかにした。海外での承認などを条件に審査の手続きを簡略化する「特例承認」を適用し、5月にも利用可能となる見通しだと言います。

コロナ治療薬「レムデシビル」、5月にも承認 首相明言
安倍晋三首相は27日の衆院本会議で、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「レムデシビル」について「間もなく薬事承認が可能となる」と明らかにした。海外での承認など…

レムデシビルといえば、ギリアド・サイエンシズ(GILD)がもともとエボラ出血熱の治療薬として製造された薬なのですが、新型コロナウィルスの治療に効果があるかもしれないという噂から、最速で提供可能なコロナ治療薬として期待されていました。

この噂が元となり、ギリアドサイエンシズの株価は乱高下しながらも上昇していました。

そんな中で、ギリアドサイエンシズのみならず、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)などもコロナ治療薬の製薬に乗り出しただけでなく、日本でも富士フィルム(4901)が作った『アビガン』もコロナ治療薬としての期待が高まっていました。

しかし『レムデシビル』も『アビガン』もまだ確実に効果があるのかと言われると微妙な段階で、5月中に果たして本当に承認できるのか?という点はまだ確実とは言えません

もちろん効果があるなら、早く承認して欲しいという気持ちはありますが、つい先日レムデシビルが治験に失敗したというニュースが出ていました。

ギリアド株が急落、抗ウイルス剤が新型コロナ治験で成功せずとの報道
23日の米株式市場で米ギリアド・サイエンシズの株価が一時8.5%安となった。新型コロナウイルス感染症(COVID19)の重症患者を対象に中国で行われた臨床試験で、同社の抗ウイルス治験薬レムデシビルが有効性を示さなかったと伝わった。一方、ギリアドと同試験に関与した科学者はこうした解析に異議を唱えた。

これもWHOが早まって流した誤報だったという話ですし、もはや何が正しくて誰が言っていることを信用していいのかわからない状況が続いています。

レムデシビルは副作用があるとも言われていますし、そう言った面から見てもきちんと治験を重ねた上で実用化して欲しいという気持ちはありますよね。

それにしても、国産のアビガンではなく米国企業のレムデシビルを優先して採用してくれるとは。これも米国への忖度なのではないかと思ってしまうのは心が荒んでいるからでしょうか。

レムデシビルもアビガンもそれほど有効性が確実とは言えない状況なのですから、日本としてはアビガンの治験に力を注いだほうが良いのではないでしょうか。もちろん、レムデシビルの方が効果が高いと言うのであれば、その判断が正しいと思いますけどね。

でもやっぱり日本政府の平常時を含めた今までの政策などを観ていると、なんだか米国への忖度があるんじゃないかな〜と勘繰ってしまうのは仕方のないところだと思います。

まあ、日本人は米国や西欧が正しいと言っていれば正しいと考える民族ですし、1日でも早く治療薬が欲しい気持ちはわかりますから、米国や欧州で『レムデシビル』が承認をされればいち早く取り入れるという選択肢は非難すべきことではないと思います。

日本製の治療薬よりも米国製の治療薬を優先してくれるというのは、米国株市場に投資をする身としては、まあ悪くはないことです。日本人としては喜ぶべきか否か。コメントしづらいですが。。。

ヘルスケアセクターというのはこれからも成長性の高い素晴らしいセクターだと私は考えています。そのためジョンソン・エンド・ジョンソンは私の主力銘柄の1つとなっています。

製薬会社というのはどの企業が業界を引っ張るのかわかりませんので、ヘルスケアセクターは個別株よりもセクターETFのVHTに投資されるという方も多いですけどね。

どちらにせよ米国ヘルスケアセクターは、日本政府御用達ですから、安心して投資できるのではないでしょうか。

ギリアドサイエンシズのみならず、ジョンソン・エンド・ジョンソンなども開発を進めていただいて、もっと米国企業が日本中に蔓延してくれることを私は望んでいます。世界中でこれだけ積極的に取り入れてくれるのですから、これからも米国株への投資は有望だと言えるのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました