【超絶悲報】中国人投資家さん、原油価格がマイナス入りで大損して銀行に猛抗議!よく燃える原油は中国にも飛び火した模様。

投資の考え方
スポンサーリンク

今週の大きなニュースとして、つい先日、原油先物価格が史上初めてのマイナス価格となるという事態が発生しました。

【朗報】あなたも夢の石油王!?今、原油を買うとお金が貰えるチャンス!原油先物が史上初のマイナスへ。
20日のニューヨーク原油先物市場で史上初めて価格がマイナスとなりました。20日のニューヨーク原油先物市場で史上初めて価格がマイナスとなりました。20日のニューヨーク原油先物市場で史上初めて価格がマイナスとなりました。...

これは本当にビックリで、原油がそれほどまでに価値の無いものになってしまったのかと思うと本当に今の価格が正しいのか?と目を疑いたくなります。

とにかく想定外という事態なのですが、それは米国に限らず中国にまで飛び火したようだ。中国を代表する中国銀行では原油価格の下落で顧客が大きな損失を被るという自体が発生しました。

原油価格の急落、中国銀行顧客に91.5億円の損失発生-金融商品投資で
中国銀行の顧客は今週、原油に投機する危険性を学ばされた。その授業料は8500万ドル(約91億3000万円)に上った。

これぐらいのことは投資家なら当然だと私は考えているのですが、どうやら中国ではそうでも無いらしい。

中国銀行には一部の投資家たちが原油先物のマイナス入りを受けて大きな損失を被った!!と怒り心頭で店舗前に座り込む人々も散見されたようです。

ハッキリと申し上げますが、「投資は自己責任なので、怒られても困ります!」と言う話になりますよね。

まず今回問題になっているのが、中国銀行が販売していた『原油宝』と言う金融商品です。名前からしてなんだか怪しい臭いがするのですが、この原油宝、原油価格がマイナスとなるような事態は想定外だったようで、原油宝に投資していた投資家たちは思わぬ形で借金を負う事になってしまったのです。

確かに想定できないことが最近では結構発生しますが、だからと言って投資家が想定外の損失を埋め合わせするために、銀行に抗議するなんていうのは論外も論外。投資家というものを理解できていないと感じます。

まず原油価格のボラティリティの高さを売りにして、スケベ心を丸出しにしてこのような商品に手を出したのは完全に自分の投資判断によるものですよね。となればいくら銀行を問いただしても銀行は何も悪くはなく、銀行前に座り込みをするなんて持ってのほかです。

まあ、原油宝を売り出すための巧みな話術は必要なため、人によってはそれにだまされたと勘違いする人もこうしているようですが・・・ですがこの場合ももちろん投資判断は自身なんですから販売員の言うことを鵜呑みにして投資してしまうのはあまりにリスクが高いと言えるのでは無いでしょうか?

今回の案件は日本ではなく中国で発生した出来事でありますが、日本も同じようなことが発生すれば同じような行動にとる人が大半だと思います。

どちらにせよ、こうして商品先物に手を出すと非常に値動きが気になり、隙があればスマホから確認しようとするし、日常生活にも支障をきたすことになるかと思います。

こうした商品先物などの短期的な取引を前提とした取引内容はどうしても短期的な値動きから利鞘を引っ張ってくるタイプの商品であり、投資先としても不十分ではないかと思います。

中国人たちが恥も外聞もなく、銀行前に座り込みをしている限り、世界中に正しい投資の芽が息吹くのもなかなか難しいことなのかな・・・と私は思います。

何度も言いますが、投資は自己責任であり、たとえ銀行の口車に乗せられたとしても、最終的な投資判断はあなた自身が下したものです。そう考えれば、銀行を責めるのがどれだけ無駄な行いかと言うことがよくわかります。

中国で店舗前に座り込んでいる輩に対して、もっと勉強すべきだとお伝えしたいですね。

よく分からないものに投資していると言う状態では、売却するタイミングもわからなければ、こうしたダメージを被る可能性も高く、本来は手を出すべきでは無いものだと感じます。

大きな借金をk抱えてしまった人にはお気の毒ですが、今回の経験をもとに、借金だと考えてよくわからないけど輝かしいものに投資しないことはとても大切だと感じます。

店舗の前に座って文句を言っている投資家のようになりたくなければ、今からでも遅くはありません。投資について、一から学び、本当の『投資』を身に付けることが重要なのではないかと思います。

本当の投資では、永久とも思える長い時間保有し続けても大丈夫だと感じるほどの優良銘柄に投資すべきです。間違っても原油の価格に連動する金融商品ではありません。

投資の基本から学び直すことで、彼女もまた本来あるべき投資に目覚めてくれることを祈ります。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました