【悲報】10万円貰ったら何する?→貯金かローンの返済。資本主義の闇が垣間見える。

投資の考え方
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの緊急経済対策として実施される全国民への一律10万円の現金給付。いまだに賛否両論ありますが、私個人としては何もしないよりは何かする姿勢を見せてくれるあたりは評価したいと思います。

これでまた増税するということも考えられますが、世界中でいち早く現金支給が報道された時、「日本は何してる!」と言ってたのにいざ配るとなれば文句を言うって、ちょっと精神的に不安定すぎるだろと思います。

それはさておき、現金支給がされるのはほぼ確実と言うことですが、10万円の臨時収入があった場合、あなたなら何に使いますか?

ホームページやECサイトの制作やインターネットマーケティング事業を手がける株式会社プラスワンの調べによると、給付金の使い道は多くの人が「生活維持費」に充てる計画で、10万円のうち、3万円超を貯蓄やローン返済に充てると答えていることが分かりました。

コロナ対策で給付される10万円の使い道 貯蓄や返済に3万円が最高額 - ライブドアニュース
新型コロナウイルスの緊急経済対策として実施される全国民への一律10万円の現金給付。ゴールデンウイーク明けの2020年5月から、給付に向けた動きが始まるが、感染拡大や緊急事態宣言の影響などで収入減の悩みを抱え

緊急経済対策として国から給付される「10万円」をどのように使うか、その内訳を聞いたところ、平均額が最も高かったのは「貯蓄・ローン返済」で3万1096円だった。10万円に占める使い道の割合としては31.9%。給付金の全額を「貯蓄・ローン返済」に充てると回答した人は108人(18%)で、半額(5万円)以上を「貯蓄・ローン返済」に回す人は198人(33.1%)だった。

それに注ぐのが食費の2万1144円、家賃や公共料金の支払に当てると言う声もちらほらと聞こえたようです。アンケートに答えた人の4人に3人が『生活維持費』に充てると回答しており、ある意味、給付金の目的通りの使われ方をするという形になるのではないでしょうか。

ですので、あるべき姿として良いのですが、やはりこう言った不測の事態に備えて、ある程度は現金を持っておくのも必要なことだなと言うことを改めて感じました。

もし20代前半の頃と同様にほぼ現金を持たずに全額投資に回していたとしたら、困ってたかもしれません。もちろん、そんな状況でも仕事さえあれば大丈夫だとは思うのですが、中小企業で働いていたとしたらボーナスなんかは期待できませんから、収入が減るのは避けられませんよね。最低限の現金も備えとして必要だなと思います。

ボーナスをあてにして家計を組むのはそもそも良くないことですから、それで家計が苦しくなるのは計画性がないと言わざるを得ないです。

【悲報】中小企業「国から10万円貰えるみたいだし、夏のボーナスは無しで」夏のボーナスが大幅ダウン必至で阿鼻叫喚のネット民。
産経新聞の報道によると、緊急事態宣言で営業自粛を迫られた企業の業績が悪化するとみられる中、夏のボーナス(賞与)の大幅な落ち込みが予想されているとのことだ。三菱UFJリサーチ&コンサルティングの小林真一郎主席研究員は「特に影...

だがしかし、これだけ多くの方が生活費に充てるために給付金を利用すると回答したのには、日本経済の闇が垣間見える気がします。

日本人は貯金が多いと言うような印象を持たれがちですが、今やそれほどお金を貯め込んでいるのは、一部の高齢者層だけです。今や40代でも4人に1人が『貯金ゼロ』の時代だと言われていますので、生活維持費のために10万円が使われると言うのは致し方ないのかもしれませんね。

もっと言えば、世界一の経済大国である米国では、貯蓄という文化がほとんどないため、国民が緊急の支払いに対応できる貯金額はおよそ400ドル程度、日本円にして4万5千円ほどだとも言われています。

家賃や物価が高い米国ではとてもじゃないですがこの程度の預金では生活することができず、日本と違って簡単にレイオフされる背景もあり、コロナショック後の3週間で失業保険申請件数が1600万件を突破すると言う異次元の混乱が生じているのです。

アメリカの失業保険申請、3週間で1600万件を突破 - BBCニュース
新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)による経済的損害が増大する中、アメリカの失業保険給付の申請件数が、先月中旬からの3週間で合わせて1600万件を超えた。

こう言った世界的なパニックを見ていると、やはりどの国においても、単なる従業員、労働者階級でいるだけでは、明日の自分の身すら危ういという事態に巻き込まれかねません。

そこでオススメしたいのが、やっぱり投資家階級にシフトチェンジすると言うことです。投資家というのは、なかなか地味で地道なものです。例えば100万円を投資したとしても、配当利回りが3%ほどの銘柄への投資であれば年間に受け取れる配当金は3万円程度。しかもそこから所得税が引かれますから、手取りはそれほど大した額にはなりません。

それでも投資家という立場は資本主義においては最強で、特に米国では投資家にきちんと還元するという文化が根付いているため、従業員を切り捨ててでも株主に還元しようとする企業もあるほどです。

給付金と同額の10万円ほどを配当金で受け取ろうとした場合、500万円ほどの投資は必要になるかもしれませんが、それでもその配当金は投資先の企業があなたの代わりに働いて稼いで来てくれたほぼ不労所得のようなものですから、あなたが別の仕事をしている間にでも配当金は無事に振り込まれるものです。

さらに米国では、30年、40年と続けて増配し続けているような優良企業もゴロゴロ存在しており、まさに米国は投資家天国と言える国だと感じますね。

米国は労働者にとっては、いつ首を切られるか分からない上に、搾取され、インフレも進み、ギリギリの生活しかできない地獄かもしれませんが、投資家や起業家にとってはこれ以上ない天国です。貧富の差が生じるのも仕方ない。それが資本主義ですから。

本当に想定外のことばかり起きている現状ですが、こうして給付金を貰って生活費に充てるという声が多数を占めているというのが、普段の生活にいかに余裕がないかということがわかります。

ですが、余裕があるかないかは、自分で余裕を生み出すかどうかの違いだと私は思います。とくに日本では生きていくのに困難になる程貧乏になるのは難しいことから、余剰資金を作り出すかどうかはあなたの普段の生活次第だと言えるでしょう。

不測の事態に備えるためにも、普段から浪費がないかを徹底的に見直し、余剰資金はコツコツと投資に回していく。これを心がけるだけでも随分生活は楽になっていきます。少なからず、給付金頼りの生活を強いられるようなことはないのではないでしょうか。

今回のような未知のウィルスによるリセッション入りは稀に見るケースと言えますが、今のコロナウィルスによるパニックを乗り越えれば、経験者として次のパニックにも備えることができます。

常に不測の事態に備えるためにも、少しずつ投資家として資金を資産にシフトしていくことが大切なのではないかと私は思う次第です。資本主義の闇に飲み込まれないよう、1日でも早く投資家になることをオススメいたします。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました