【悲報】国民全員に10万円の景気対策も、電子マネー給付という案が浮上してしまう…電子マネーを導入していない中小小売店は倒産不可避の模様。

社会・政治
スポンサーリンク

日経新聞によると、政府・与党は16日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国民1人あたり10万円を給付することを決めたとのことです。

国民一律10万円給付へ 政府・与党「30万円」は撤回
政府・与党は16日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国民1人あたり10万円を給付することを決めた。所得制限は設けない。緊急経済対策を含む2020年度補正予算案を組み替え、減収世帯に30万円を支給

30万円給付の時と違い、所得制限などは設けず、『一律10万円給付は12兆円超の財源が必要になる見通し』との報道から、日本の総人口およそ1億2千万人全員に行き渡るよう、年齢制限なども特に設けない方針のようです。生まれてきたばかりの赤ん坊でも一人としてカウントされるということは、子育て世代の夫婦世帯であれば、子供が一人いれば30万円(夫婦+子供1人)の給付となるため、非常に良い経済対策と言えるのではないでしょうか。

もちろん、市場にお金をばら撒きすぎると過度なインフレを起こしかねないという気もしますが、日本はむしろデフレ続きでしたから多少はインフレが起きてちょうど良いくらいなんじゃないかなと思いますね。経済対策もさすがに単発で終わるでしょうから、そこまでひどいインフレは生じないだろうと思いますしね。

紆余曲折ありましたがやっと10万円給付が現実味を帯びてきましたが、そんな中でもまだまだいちゃもんを付けてくる輩は湧いて出てくるものです。

IT総合情報ポータル「ITmedia」Home
テクノロジー関連のニュース及び速報を中心に、レビューや特集記事を掲載。

10万円の給付は電子マネーで、という訳のわからない案が急に浮上してきました。

誤解の無いように先に申し上げておきますが、私自身は完全にキャッシュレス推進派であり、キャッシュレスがどんどん広まっていくことを期待しています。

新型コロナウィルスの影響で、非接触型の決済方法であるキャッシュレス決済が広まっているのは不謹慎ながら大変喜ばしい限りです。最近はお釣りを受け取ることがないから店員さんからお釣りを渡される時に手を添えられることもめっきりなくなったなぁ。。。感慨深いものです。

とまあ、生活の中で非常に積極的にキャッシュレス決済を利用しているのですが、今回の「給付はキャッシュレスで」という意見はちょっと何言ってるか分からないです。

タイムリーに配布することと、消費に活用されることが重要だとして、「電子マネーでの給付が望ましい」という大層なお考えのようですが、今の時代、銀行振込でもタイムリーに残高に反映させられ、遅くても次の営業日には入金されているはずです。

だとしたら銀行振り込みではなく電子マネーでという意見には疑問符がつきますよね。

また、電子マネーでの給付となれば大きな問題が発生します。それは、救済するなら本来真っ先に救済されるべき中小規模の飲食店を蔑ろにする結果となるからです。

中小規模の飲食店は今でも電子マネーによる決済が不可という所も少なくありません。私もそう言ったお店は滅多に利用することは無く、電子マネー決済に対応しているかどうかを確認するのですが、国がキャッシュレスでの支給を決定すると、今回のコロナショックで一番打撃を受けているはずの中小規模の小売店を救う手立てにはならないということです。

もちろんそう言ったお店の店主さんも一律で10万円を受け取ってますから、文句のつけようはありません。それでも目的が『経済対策』なのであれば、経済対策に適した形での支給を早急に進めるべきだと思うのです。

仮にキャッシュレスでの支給となった場合、近くにキャッシュレス決済ができない店舗しかない場合はどうするのか?さらに高齢者などは特にキャッシュレス決済が広まっておらず、彼らに支給したところでそもそも利用できないのではないか?などと言ったいらない心配をする必要があるのです。

そもそも10万円支給するためのデバイスはどうするんでしょうか?国民全員がキャッシュレス対応しているデバイスを持っているとは限りませんし、まさかスマホとかを配るの?

もしくはカード型の電子マネーを各家庭にそれぞれの人数に応じて郵送するんですかね?

そんなことしてる間に緊急事態ではなくなりますから、キャッシュレスでの給付はやはりナンセンスであり、現金支給が一番妥当と言えるのではないでしょうか。

えっ?私が10万円支給されたら買いたいものですか?

そうですね〜…とりあえず、S&P500に連動する優良なETFのVOOは買うかなぁ。もしくは安くなっている個別株とかですかね。

残念ながら私は日本の景気対策では無く、10万円の臨時収入も米国株に姿を変えることになりそうです。

またこれから方針が二転三転するかもしれませんので、別に対して期待はしていませんが、キャッシュレスでの給付というのはあまりに後先考えていない人間の戯言なんだなということがよくわかりました。正式に給付が決まって、米国株を積極的に買い増すための資金が欲しいものです。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました