【朗報】今月も楽天ポイントをつみたて投資!楽天通常ポイントは投資信託へ!

投資実績
スポンサーリンク

今年の2月という、米国株のピーク時からスタートした楽天証券と楽天カードを使った投資信託へのつみたて投資ですが、今月もその副次的効果として、無事に楽天通常ポイントが付与されました!

スクショを撮るのを忘れてしまいましたが、今月付与された楽天ポイントは総額751ポイント。端数を除いて750ポイントを以下のように半分ずつポイント投資を行いました。

今月も引き続き、

・ eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

・ 楽天・全米株式インデックス・ファンド (楽天VTI)

という2つの投資信託に半分ずつ振り分けてスポット購入することにしました。本当に楽天証券の操作性はとても良いですね。2件の注文を完了するまでに1分ほどしかかかりません。

先月はサーバー費用の年間費用のお支払いなどをしたため、支払額が大きくなり、結果的に付与されたポイントが大きくなっていましたが、今月は少し下がってしまいましたね。

ですが、楽天カードによる投資信託の買付で毎月5万円を上限に、1%のポイント(毎月最大500ポイント)が付与されるため、100ポイント以上1ポイント単位で投資することが可能な楽天ポイント投資では、毎月1万円以上の投資信託の買付をしていれば自動的にポイント再投資ができるということになります。これは自動的に投資金額が1%増加することと同義ですので、非常に魅力的な制度だと言えるのではないかと思います。

我々投資家は、1%という金額を馬鹿にしてはいけません。1%の重みは金額が大きくなればなるほど大きくのしかかってきます。

【悲報】庶民の間にはまだまだ『1%の重み』が浸透していないことを実感。
10月の終わり頃、同僚の中田くん(仮名)と仕事の合間にランチに行きました。普段はお弁当を持参しているのですが、事前に約束していたので外食することになりました。彼とは違う部署なのですが、入社直後の懇親会で仲良くなり、中田くん自身が東...

『1%っていっても、たった1%程度ならたかだか数百円でしょ?』というように考えているのであれば、その人に見えているお金の世界は、たかだか数万円程度。つまり、毎月の生活費の支払程度にしかお金に関して思考を巡らせることができていないのです。

それに対して投資家目線で言えば、例えば100万円の投資をしている投資家にとって1%は総資産に対して1万円に相当する額ですので、ここまでくれば無視できるような金額ではないですよね。

『わずか1%』でも総資産1,000万円なら10万円、総資産が1億円なら100万円ほどのインパクトを与えることになります。

私はこのまま株式投資を継続して、将来的には億単位の資産を築くことを想定していますから、1%という割合は、将来的には数百万円にも及ぶ金額だという心がけで毎日を過ごしています。

楽天カードでの積立投資でも毎月もらえる上限は500ポイントですが、年間にすれば6千ポイント、20年間続ければ12万ポイントにも及びます。まあ、同様のポイント制度があるのか、そもそも楽天証券があるのかは保証できませんけどね。。。

我々は投資家として、1%という割合が持つ金額の大きさを実感しながら投資を継続していくべきだと考えています。しかも1%は複利計算を前提に考えると、相当大きな金額となりますからね。楽天証券でコツコツつみたて投資ができる1%分のポイントは、年間6千円以上の大きな意味を持って資産増大のブースターとなってくれるでしょう。

しかも投資をする場合は、できるだけ早く可能な限り投資した方がメリットが大きいので、ポイント を貯めておくことなく、数百ポイントであっても、毎月投資に回しています。普段使いでポイントを貯めるのも少し楽しくなってきましたしね。

最近は買い物にも出てないので、ポイントを貯めるチャンスはありませんが、楽天ポイントは比較的貯めやすいポイントというメリットもあります。

可能な限りの金額をできるだけ長い時間、つみたて投資をするというのが資産の最大化を目指す上で重要なことだと私は思います。これからも積極的にポイント投資を継続していくつもりです。もちろんポイントだけでなく、現金もどんどん追加投資していきたいと考えています。

今の積立投資は必ず将来の数千万円、数億円となって、あなたの資産を膨らませるものとなるでしょう。そう信じてこれからも、コツコツ投資に励んでまいりましょう。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました