【絶許】コロナ便乗詐欺師を絶対に許さない!母の元に不審なメッセージが届いた模様。

社会・政治
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、厚生労働省がSNS大手のLINEと協力してLINE利用者8,300万人を対象に3月31日からアンケートを行っているようです。

新型コロナのLINEアンケートに“便乗詐欺”か…厚労省が注意喚起「本物の見分け方」
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、厚生労働省がSNS大手のLINEと協力してLINE利用者8,300万人を対象に3月31日からアンケートを行っている。調査に協力して回答した人もいると思うが、それを装って「クレジットカードの情報を尋ねられた」という問い合わせが寄せられ、厚生労働省は詐欺にあわないよう注意を呼び掛けて...

私の元にもLINEから厚生労働省よりということで公式のアンケートが届きました。めちゃくちゃ警戒しましたが、調べるとどうやら本物らしいのでアンケートには回答しました。

そこまでは良かったのですが、今月に入ってすぐ、実家に住む私の母から突然LINEが。

母「なあなあ。Yuki。なんかよーわからんLINEが届いたんやけど、これ何かわかる?」

画像を見ると、よく分からない送り先から、SMSメッセージが届いた模様。

中身は厚生労働省の名を騙っており、新型コロナウイルスが広がっているので、マスクを無料支給します。居住確認のため郵便番号と住所を教えてほしいと言った内容で、いかにも怪しげなURLが文面の最後に記載されていました。

私も「なんやこれ。絶対詐欺やから返さんでええよ」とLINEを返信し、事なきを得ましたが、こう言った文章に騙されて返信してしまう人が一定数いるからこんなありきたりな詐欺がいまだに横行しているんだなと憤りを覚えました。

私の母に関しては、基本的にお金やこうした手続きのほとんどを私に事前に相談してくるので、知らない間に詐欺に騙されるようなことはないだろうと思うのですが・・・それでも人々が不安な状況でそれに便乗して金品を騙し取ろうとするその魂胆が腹立ちますよね。

まあ、平常時であっても犯罪であることには変わりませんから、めちゃくちゃ腹も立ちますし、こうした詐欺集団が撲滅されることを心から願っているのですが、人々の不安を巧みに利用し、搾取してこようとする輩には呆れてものも言えません。

一方で、こうした文章を考えるような輩も、力の使い方を間違えなければ優秀なビジネスマンになり得るのになと非常に残念な気持ちになります。

人々の恐怖を利用した広告『恐怖マーケティング』というのは、実は世界中に横行しており、非常に有効な広告の戦略として知られています。

身近なところでは保険商品の販売なんて分かりやすいですよね。『将来、交通事故や病気に罹って収入が途絶えてしまったら・・・』という不安に便乗して、そのリスクを保障しますよというのが保険商品の存在意義です。

また、不安定な情勢になれば政治の世界でも『恐怖マーケティング』は有効です。例えば大昔のドイツで、第一次世界大戦での敗戦から、ヒトラーによるナチスドイツの独裁までの流れは、当時のドイツ国民の不安とそれまでの政権への不信感が生み出した悲劇だと言われています。

今の日本でもNHKをぶっ壊そうとしたりする政治集団が議席を獲得するなど、人々が不安で不満を抱えており、『恐怖マーケティング』が有効であることを示しています。

人の心はAI化することが難しいですから、人々がパニックに陥る存在である限り『恐怖マーケティング』は正しい戦術なんです。

だからこそ、その正しい力を誤った方向に利用する詐欺集団が本当に許せない!強力な力も、良い面も悪い面もあるのだというのことは以前も記事にした通りです。

Everything is made from a dream
本日で当ブログを開設してからちょうど11ヶ月となりました。初めのうちはどんなブログにしようかなという感じで試行錯誤していましたが、早々に今のような『トレンドニュースから、堅苦しくなくお金や投資について考える』というコンセプトにしてから、毎...

我々投資家にとって大きな味方である『複利の力』だって、債務者にとっては、『悪魔の力』となり得るのです。『原子力エネルギー』だって、発電に活用することも、核兵器に悪用することもできるのです。

きちんと利用すれば本当に強力な力を、誤った方向でしか使えないという奴らは本当に害悪でしかありません。詐欺はれっきとした犯罪ですからね。

私一人が「許さない!」と息巻いたところで状況は何も変わらないことは理解していますが、こうした詐欺に引っかからないためにも、国民一人ひとりが冷静になって行動し、自分で情報を取捨選択する力を養うことが重要であると言えるのではないでしょうか。

現代人は、江戸時代に生きていた標準的な日本人がその生涯で得ることができた情報量を1日で得ているとも言われています。わずか二〜三百年の間にこれほどまでに劇的な変化をもたらしたというのは人類史を振り返ってもそう無いことだと思います。

我々はそれほど多くの情報を整理整頓できるほど進化した生き物ではなく、明らかにキャパシティを超えてしまっています。

だからこそ情報を一人で抱え込むのではなく、周りにいる信頼できる人たちと共有して何が良い情報か、悪い情報か。ということを取捨選択していくのは合理的な判断だと言えるのではないでしょうか。

不要不急の外出が制限され、社会と断絶されたような気持ちになる人もいるかもしれませんが、こうした時期にこそ、離れて暮らすご家族と連絡を取り、不審な何かに騙されていないかと言った安否確認をしてみることをお勧めします。とにかく私が伝えたいのは、

詐欺だけは絶対に許さない!!!

という一心です。皆様もどうかお気をつけください。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました