【超絶朗報!】つみたてNISAで『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』が6ヶ月連続のランキング1位の偉業を達成!積立投資は継続が命。

投資実務
スポンサーリンク

S&P500に連動する投資信託のうち、今のところ最も信託報酬などの手数料が安い『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』が9月半ばに設定されて以来、10月度から3月度まで6ヶ月間連続で積立件数、つみたてNISAランキングの1位となるという偉業を達成しました。

先日、記事にした時点では、S&P500指数の下落によって純資産額が200億円を下回っていたのですが・・・

【朗報】つみたてNISAで大人気の『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』純資産額200億円を再び下回るも、人気は衰えない模様。
S&P500に連動する投資信託のうち、今のところ最も信託報酬などの手数料が安い『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』 ですが、今月初めに設定からわずか6か月弱で純資産額が200億円を突破したことが話題になりま...

今回はなんと純資産額200億円を大きく上回ったばかりか、わずか1週間程度で約190億円から約230億円と40億円以上も増加しているこれは増加率で言えばおよそ23%になります。

一方で、『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』の基準価額は前回記事にしたときの7,742円から8,721円へとおよそ13%の増加となったことから、純資産額の増加の10%は積立投資を愚直に継続している投資家の皆様からの追加投資による押し上げであるということが分かります。

なんて言うか、これを見てるとつみたてNISAを利用されている方がみんなちゃんとした投資家さんなんだなって言うことがよく分かりますね。

大多数の人は、日々の株価なんて気にせずに過ごされてますから、当然と言えば当然なんですが、今年の3月のような大荒れの株式市場においても自動積立投資設定の本領を発揮して『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』への積立投資を決して止めなかったと言うことが分かります。

そもそもつみたてNISAを活用していると言うだけで、日本人の中ではかなりファイナンシャルリテラシーの高い方だと言うことが伺えます。

さらにそのリテラシーの高い方々の中で、米国の優良株だけを集めたS&P500という指数に投資することを決めた投資家の方は一体どれくらいいるのでしょうか?

つみたてNISAのユーザーであっても、日本株の投資信託を購入している人もいれば、バランス型のファンドを購入している人もいるでしょう。もちろんそう言った商品の中にも素晴らしいものもありますし、あえてバランス型を選んでいるという方もいるでしょうね。

ただ、株式系のファンドであればS&P500指数への投資というのは最も安定感のある投資手法であり、S&P500インデックスへ投資しているというだけであなたはおそらく全国民の上位1%に属するレベルのファイナンシャルリテラシーの高さを誇るのではないでしょうか。その上で、信託報酬が最安値の『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』を選ぶとは、非常に素晴らしい選択であると言えます。

つまり、『つみたてNISA』で『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』への投資をしているあなたは、自分自身ではものすごく普通のことをしているつもりかもしれませんが、日本国内では有数の金融知識をお持ちの賢明なる投資家であることは疑いようがないのです。

あなたがS&P500指数に投資をしようとしたきっかけは様々あるでしょう。私は3年ほど前からS&P500指数に連動するVOOへ投資していますが、個別株への投資だけだと少しリスクが高いかなと感じ始めたことがきっかけでした。

また、大変嬉しいことではあるのですが、私がブログを開設してから、このようにS&P500指数への投資がベストだ!という記事をいくつも書いているうちに、ブログを読んでくださった読者の中から、私のブログを読んでS&P500指数への投資に興味を持ちました!というご意見をいただける機会がかなり増えました。

これは本当に嬉しい!私が投資の窓口として、誰かの投資を始めるきっかけになれるだなんて、これほど名誉なことはありません。

私自身、S&P500指数への積立投資は非常に効果的であると考えているからオススメするのです。もちろん今は市場環境に振り回されており、指数も乱高下していますが、米国の超優良企業ばかりを集めたS&P500指数は

調整は入っているものの、右肩上がりのグラフであることは一目瞭然でしょう。これらの超優良企業の集合体に対して、我々は投資信託を用いることで100円単位から投資を始めることが出来るのです。これほど素晴らしい金融商品はないだろうと私は考えています。

さて、このようにつみたてNISAは知らない間にどんどんと超優良企業たちに投資していくことが出来る大変素晴らしい制度です。何度も言いますが、つみたてNISAと『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』の組み合わせは本当に素晴らしい組み合わせだと私は感じます。

さらに、黙っていても自動で積立投資ができる環境になっていて完全に手を加えることがないというのであれば、まさに究極の投資手法と言えます。

市場参加者のほとんどをアウトパフォームすることが出来るこの投資手法は、ほったらかしにしてこそ、効果を発揮するとも言えるでしょう。

自分自身のリスクとの相談にはなりますが、自分の余剰資金のうち、可能な限りこのようなS&P500といった優秀な指数に連動するインデックスファンドへ投資することで、あなたの将来の資産は相当大きく膨らんでいることが予測されます。

きちんと積立投資を継続されている方がたくさんいらっしゃる中で蛇足かもしれませんが、やはり優良企業や代表的な指数へ連動するインデックスファンドで資産を形成するにはコツコツと積立投資をすることが必須と言えるでしょう。

これからもそう言った『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』へ投資するようなリテラシーの高い方々は、基本的な原則を忘れずに投資に向き合っていって欲しいなと私はそう感じています。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました