【悲報】新型コロナウィルス、やはり喫煙者の致死率は高めの模様。世界に広がる禁煙化の波でタバコ株のこれからはどうなるか?

投資の考え方
スポンサーリンク

今月29日、偉大なるコメディアンである志村けんさんが、新型コロナウィルスによる肺炎で70歳と言う若さでお亡くなりになりました。昨日は会社内でもかなりその話題で持ちきりとなりました。

私はそれほど彼らの活躍を目の当たりにしていなかった世代なのですが、それでもかなりショックでしたし、本当に国民に愛されていた方なんだなということを改めて実感しました。心よりご冥福をお祈りいたします。

欧州疾病予防管理センターによれば、喫煙者または以前喫煙していた人が新型コロナウイルスに感染した場合、より重症化する傾向にあると公表しています。志村けんさんも愛煙家だったものの、4年前に肺炎で入院したことをきっかけに禁煙をしていたようです。

喫煙者 コロナの致死率高めか - ライブドアニュース

それでもやはり、一度弱ってしまった細胞を完全に回復させることは難しく、今回も過去の喫煙歴から重症化したのではないかと推測されます。

スポンサーリンク

喫煙が新型コロナウイルスによる肺炎の重症化にどの程度影響しているのか、まだはっきりしていないものの、世界保健機関(WHO)は20日の記者会見で、喫煙は重症化リスクを高めるとして「喫煙しないで」と呼びかけた。米医学誌に報告された中国の専門家グループの論文では、1099人の患者を分析した結果、喫煙者は非喫煙者に比べて、重症化や死亡する割合が約3倍だった。

と言う結果が発表されています。世界一のタバコの葉の生産国である中国がこれだけの悪影響を発表しているのでかなり信憑性が高い結果と言えるのではないでしょうか。

新型コロナウィルスは特に肺炎を発症しやすく、喫煙者にとっては本当に危険度の高いウィルスであることは否定できないです。

このご時世においていまだに歩きタバコをしているクズを見かけると、本当に嫌悪感しか感じないのですが、いまだに一定数いますよね。あれ、本当になんなんでしょう。

個人的には歩きタバコをしている方々をテロリスト指定していただきたいくらいの気持ちです。極論ですが、新型コロナウィルスが蔓延している今、歩きタバコなんてほぼ無差別殺人ですよね。

このようにタバコに対してかなり否定的な私ですが、世論も同様なようで、 4月1日より施行される 『改正健康増進法』により、2名以上の利用者がいるすべての施設について「原則屋内禁煙」 となります。

知っておきたい「たばこの新ルール」 | JTウェブサイト
法律の改正により2020年4月からたばこのルールが変わり、飲食店での環境が整備されていきます。どのように変わっていくかをご紹介します。

このコロナウィルスのリスクを嫌ってか、元々それほど堅調とは言えない株価水準だったタバコ銘柄も大きく叩き売られる結果となっており、歴史的なほどの高配当利回りとなっているのである。

高配当戦略を主軸に考えておられる投資家の皆様にとっては大人気のタバコ株ですが、今の水準であれば確かに割安と言えるのかもしれないと思える水準にまで株価は下がってきております。もちろんこれからも下がる場面は大いにあるでしょう。

世界中から徹底的に嫌われている今こそタバコ株への投資冥利があると言えるのかもしれません。

タバコ株に投資をするつもりは一切ありませんが、これから先も結局はタバコが一切なくなる未来などというのは訪れないだろうなと私は思います。

今でも普通に、規制されてる歩きタバコをするクズが居るんですから、タバコの依存度はやはり相当高いものだと気付かされます。

生粋のヘビースモーカーたちは、何十年も前から病気に罹るリスクが高まることなんて、受け入れた上で喫煙をしてるんですからね。失うものは何もない、所謂『無敵の人』のようなものです。

昨日もパチンコという形で依存症について触れましたが、タバコもパチンコ以上に依存度が高く、なかなか足を洗えない依存症患者を生み出す嗜好品の一つです。

【悲報】日本で最も『不要不急』なアノ業界、いまだに活発に稼働している模様…
今、世界中で様々な業界やサービスが規制されており、経済活動のほとんどがストップしているような国や地域も存在しているほど深刻な状況になっています。制限されていないのはスーパーなどの小売店や生活必需品、それらを製造する企業、そして物流...

ヘビースモーカーはお金がない状態からでも何とかしてタバコを吸おうとして止めません。人によっては禁断症状が現れるほどの危険な薬物がタバコです。

いかに疾病が重症化するリスクが高まろうが、ありとあらゆる場所で喫煙を規制しようが、お構いなしにプカプカとタバコを吸う様を見ていると、やはりタバコ業界は衰退していてもしっかりとした地盤があるんだなぁと思います。

もし、新型コロナウィルスの影響で、喫煙者の多くがお亡くなりになった場合は危機的な状況になるかもしれませんし、業績の悪化に伴って減配するリスクは否定できません。

それでも、今回の相場を乗り越えてなお、高配当株投資を継続させるという投資家の方であれば、調整期のアルトリア(MO)や、フィリップ・モリス(PM)、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)なんかは、追加投資するにはもってこいなのではないでしょうか。

とは言え、これらのハイリスク・ハイリターン(?)な銘柄は全力投資するのではなく、ご自身のリスクと相談して分散投資のポートフォリオの一部に組み込むくらいがベストだと思います。

もちろん、投資は自己責任ですけどね。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました