【悲報】同僚「ねーねー、楽天ポイントってさぁ…私なんとなく貯めてるんだけど使い道少なくない?」楽天ポイントで積立投資はあまり消費者に馴染みがない模様

マネー論
スポンサーリンク

つい先日仕事中に、数人の同僚と業務をこなしながら雑談をしていました。週末の都内での不要不急の外出に規制がかかったことで、「今週末は何しよっかー?」みたいな話だったと思います。

その同僚の工藤さん(30代女性・仮名)は今年に入ってから、アマゾンプライム会員に入会したそうです。期間限定の無料会員登録をしたら意外と便利でそのままズルズル続けてしまっていると言うことです。さすがアマゾン・ドット・コム(AMZN)。素晴らしいサブスクビジネスですね。

それで、「アマゾンプライムビデオでも楽しもうかな」とか、「こう言う時ってネットサーフィンしちゃいますよねー」とか、「Yuki君は週末どうするの〜?」「僕も似たようなもんですよ〜。工藤さんオススメの映画とかありますか〜?」「えっ、アマプラ会員入ってるの〜?意外ww」とか本当にたわいもない雑談をしてました。

そんなアマゾンについてのラリーが一巡したところで繰り出された、もう一人の同僚の佐藤さん(20代女性・仮名)の「そういや、工藤さんてずっと楽天ポイント貯めてませんでしたっけ〜?」と言う発言に私のファイナンシャルセンサーが触れました。

工藤さんは、「うん。今でも楽天ポイントは貯めてるよー」と言いつつ、

「ねーねー、でもさぁ…楽天ポイントって正直どこで使ったら良いのかよくわかんないんだよね(笑)」

なんやて工藤!!!

このネタのためだけに彼女の仮名を工藤にしたくらい、私にとっては衝撃の発言でした。

彼女の楽天ポイントはすでに数万ポイントにまで膨らんているそうですが、楽天市場であまり買い物をしなくなったと言う彼女はポイントの使い道に困っているとのこと。

おいおい、それなら私に良い考えが・・・とはさすがに言いませんでしたが、もったいないことに楽天ポイントを失効させることもあるそうです。

別に私は楽天の回し者ではありませんが、楽天ポイントは楽天市場だけでなくそれ以外の、楽天ブックスや楽天トラベルなど、楽天グループの他サービスでも使うことができます

楽天ペイを利用すれば、楽天グループ以外のショップでも楽天スーパーポイントを1ポイントから使用可能です。もっと言えば、マクドナルド、ファミリーマート、くら寿司などで楽天ポイントを利用することができるのです。

これだけでも使い道に困ることはないのですが、私も活用している使い道として、楽天証券に口座を開設することで楽天ポイントで投資信託を購入することが可能です。投資信託の購入には残念ながら期間限定ポイントは利用できないものの、楽天ポイントはその貯まりやすさから非常に投資とシナジーの良いポイントだと考えています。

さらには、楽天カードを使って投資信託を買うこともでき、毎月上限500ポイントまでと言う制限はありますが、投資信託の購入額の1%分のポイントが付与されると言う素晴らしいサービスを継続してくれています。

楽天ポイントは消費だけでなく投資にまで活用できる素晴らしいポイント制度なんです。ですが、いまだにその事実は非投資家の方々には伝わっていません。まあ、知っていても投資をしていないだけなのかもしれませんがね。

私は楽天ポイントをむしろ投資するためだけに集めていると言えますので、1ヶ月たりとも貯めておこうなどと言う考えには至りません。私の中では、1ヶ月で貯まったわずか812ポイントですら、すぐに積立再投資をしようと言う考えに至りました。

【超絶朗報】ついに楽天証券でのつみたて投資のメリットを享受する。楽天通常ポイントはいち早く投資信託へ。のススメ
先月からブログ運営費用を楽天カード決済に集約したことにより、楽天証券と連携させてクレジットカード決済で投資信託の積立投資を始めることにしました。そしてついに、楽天カードの初回の決済金額が確定したことにより、楽天ポイントが付...

ですが、非投資家の方にとっては、あくまでポイントは消費をする時にオトクになる制度と言う程度の認識でしかありません。

まあほとんどのポイントはそうなんですが、楽天ポイントやTポイントといった一部の有名なポイント制度は、投資商品を買うために利用できるものになりました。最悪、何も欲しい物がないのであれば、そのまま失効してしまうくらいなら、なんのリスクもないのですから楽天ポイントを投資商品の購入に充てるのは合理的な考え方ではないでしょうか

楽天の広報部門にももっと頑張ってもらう必要はあるのですが、こうして楽天ポイントを利用して投資ができると言うのは投資に興味がない人には意外と知らない事実なのではないでしょうか?

我々が投資に対する情報を集めすぎているだけで、実際にはそれほど有名でない投資の世界の事象と言うのはたくさんあります。

私のフォロワーさんの知人には、投資するのに買付手数料がどんどん掛からなくなっていると言う話をしたら、「え?そもそも手数料かかるんですか?損するかもしれないのに?」と言う認識の人がいたと言うことでした。もし手数料を取らなかったら、証券会社はどこから利益を上げているのか?ということは考えないようですね。とても不思議です。

このように、投資家と非投資家との間で情報格差というのは広まっています。もちろん、同僚の工藤さんや佐藤さんが没頭している世界の情報については、私は無知だという自覚はあります。

ですが、お金や投資について知識を蓄えることは、今の時代必須であると言っても過言ではないのではないでしょうか?今回の不況によって本格的に生活に困窮する人は多くいるはずだと思います。

そんな時でも慌てず騒がず、余剰資金で株式投資を進めていくという姿勢をこれからも取るつもりです。

そんな私にとっては、楽天ポイントはまさに夢のような制度。1%ではありますが、持ち株会の補助金のようなものと言えます。

もし、あなたも失効仕掛けの楽天ポイントを100ポイント以上保有されているのであれば、ぜひこの機会に楽天証券に口座開設をして楽天ポイントで投資することをお勧めいたします。

どうせ失効するならなんのリスクもありません。本当の意味でノーリスクで株式投資ができるようになった今の時代は大変恵まれていると言えるでしょう。

無知な消費者にとっては楽天ポイントは使いづらい物なのかもしれませんが、我々投資家としては使い道に困ることはないポイントです。

ポイント制度を利用しているなら、そのポイントが何に使えるのか?ということぐらいはしっかりと把握しておくべきであると言えるのではないでしょうか?

同僚の工藤さんのポイントが失効する様を私は指を咥えて見守ることになりそうですが、もったいないので、ぜひ楽天ポイントをご活用ください。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました