【朗報】楽天証券・SBI証券の口座開設数が急増。つみたてNISAの利用者も急増。まだ口座も開設してない情弱とかいるの?www

投資の考え方
スポンサーリンク

今朝の日経新聞によると、ネット証券で新規口座を開設する個人が急増しており、楽天証券では2月の開設数が初めて10万を超え、3月は2月比で3割程度増えそうだという

ネット証券 口座開設急増
インターネット証券で新規口座を開設する個人が急増している。楽天証券では2月の開設数が初めて10万を超え、3月は2月比で3割程度増えそうだという。初心者が足元の株安を「投資を始める好機」と捉えている。

最大手のSBI証券も3月には13万程度に上る見通しとなり、大手2社に松井証券、auカブコム証券を加えた合計4社の1~3月の開設数は初めて50万を超えそうだということです。

これは初心者が足元の株安を「投資を始める好機」と捉えていると考えられており、今まで稼働していなかった『休眠口座』も少しずつ動き始めていると言います。

今朝も取り上げたところではありますが、今やNISAやつみたてNISAを活用して金融商品を保有している層は全体の2割。5人に1人はNISA制度を活用しているというアンケート結果が発表されました。

【超絶朗報】NISAやつみたてNISAを活用している人、想定以上に多かった模様。今や5人に1人がNISAで投資をする時代か。
先日、投資信託協会から興味深いアンケートの結果が発表されました。その名も、「投資信託に関するアンケート調査」!!!なんとまあ、そのまんまなタイトルの調査ですが、中身は非常に興味深いです。この調査は調査は2019年1...

私自身はネット大手3社(SBI証券、楽天証券、マネックス証券)の証券口座はすでに開設しており、SBIと楽天で取引をしています。マネックス証券ではたまに米国株スカウターを活用させていただいてます。

【超絶朗報】マネックス証券、米国株スカウターを完成させる。22日から利用可能に!
つい先日、マネックス証券から『銘柄スカウター』の米国株バージョンが公開されるかもしれないと言うニュースを記事にしました。本当につい先日の話で、まだ2週間も経っていないのですが・・・なんと!今週、2/22の土曜日から米国株ス...

SBI証券で通常のNISAを活用して個別株とVOOへの投資、楽天証券では先月より楽天カードを活用した投資信託の積立投資を継続しています。まあ、楽天証券はまだ1ヶ月目なので、積立投資とは言えませんけどね。笑

しかしSBI証券のSBIは月額換算で200億円超と、この3カ月で3割増え、楽天も昨年3月末から倍増の約170億円と急増し、楽天証券の楠雄治社長も「相場環境に左右されない顧客層に変化してきた」と語ります。

しかし実際にはいまだに「株価が上がると売り、下がると買いに動く個人は少なくない」というのは事実でしょう。私はめったに持ち株を売らないようにしています。というか10年間で一度だけ売却したことがあるだけです。それを今でも非常に後悔しているのでなかなか持ち株の売却に踏み出せない状態です。

米国株がこれからも時間をかけて右肩上がりに成長するということを信じているので売りのタイミングは買いのタイミングよりはるかに難しいです。

とは言え、私も個別株の銘柄数が増えたので整理をしなきゃなと思いながらも、ずるずると『持ち続けている』状態です。二番底に向かう前にもっと良さそうな銘柄を買うための資金作りに銘柄数を減らすか悩んでいます。今のタイミングで売るのはあまり乗り気になれないですしね。今回の決算は総じて良くないでしょうからあまり投資判断にも使えないかなと考えています。

投資の基本は『バイアンドホールド』だと私は考えていますので、「株価が上がると売り、下がると買い」というのは私には合っていないようです。まあ、これからも投資判断は自己責任でやっていきたいと思います。

ですが、NISAやつみたてNISAを活用している方々にとっては、短期的な売買はあまり好ましいこととは言えないでしょう。特につみたてNISAを活用してインデックス投資をしている方は多いかと思います。インデックス投資はこつこつと自動で積立投資をし続けるからこそメリットがあるのです。

一方でいまだに口座開設していない人たちもいるわけで、彼らは「投資に回すお金がない」、「貯蓄が一定額に達したら」、「手取り収入が増えたら」投資を始める。というような悠長なことを言っているのである。

彼らが自分の収入を高めるのにかかる期間はどれくらいでしょうか?単純に給与改定が年に1回しかなければ、1年で上がる収入は月数千円程度ではないでしょうか。もし手取り収入が増えるのを待っていたら、貯蓄が一定額に達したらと考えていると、投資を始めるのに数年単位の準備期間が必要になります。

一方で例えばリーマンショックでの下落は2008年の9月に始まり、2009年の3月に最安値を付けました。本格的な下落相場は約半年間で終息し、そこから先は今年の2月までほとんど調整のない11年にも及ぶ上昇相場が始まりました

あなたの手取り収入が増えるのを、株式相場は待ってくれはしません。今のような大きな下落のチャンスに素早く行動を起こすことで将来の資産形成に役立てることができるのではないでしょうか。

思い立ったタイミングですぐに行動を起こせるように、せめてネット証券の口座だけでも開いておくことを私は強くお勧めしたいです。ネット証券の口座は保有しているだけなら手数料無料ですし、いざやろうと思っても口座を開くのには少なくとも数日のタイムラグは発生してしまいます。

これではせっかくのチャンスを潰してしまいかねないということになりますので、ネット証券口座を開設しておくというのは、将来のことを真剣に考えれば考えるほど、最低限必要な行動規範だと思います。

今の時代、一昔前のように「投資は怖い」、「貯金が最強」なんてことを言っているとどうなることやら・・・私はそれが怖いのでこれからもコツコツとネット証券を通じて投資を継続していくつもりです。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました