【朗報】管理人Yuki、コロナショックで資産が暴落も、今の水準でほぼ『計画通り』であることが判明。

投資実務
スポンサーリンク

ぎゃあああああああああああああああ・・・・・・・・・・・

含み益がついに1,000万円を下回った・・・!!!!

こんなはずじゃなかったのに!!!!!

このまま300万円弱の下落が続けば、来週末にはゼロ円になっちゃうよ・・・

ですが、ご安心ください。私の株式資産は現在の水準でほぼ、当初の計画通りとなりました。

私は20歳の時に株式投資を始めた頃、とある目標を立てました。それが、『45歳までに1億円の資産を作る』というものです。もちろん、45歳で投資を終わらせるつもりはないのですが、それでも中間目標として具体的な数字があった方が良いだろうなと思い、45歳の段階で資産1億円が築けていればよし。という設定にしました。これについては以前にも記事に取り上げたことがあります。

【知ってた】日本人の「お金の考え方」ではお金持ちになれないことが判明。お金に対する正しい向き合い方。
昨日、興味深いコラムを見つけました。内容は、『日本のお金の常識に捉われているうちはお金持ちになれない!? 』というもので、至極真っ当なモノに仕上がっているように見受けられました。まず、日本以外の国・地域の人たちはお...

ちなみにこの45歳で1億円、20歳から25年間の積立投資で1億円を築くには、過去のNYダウの平均リターンである6%で換算すると毎月14.4万円の積立投資が必要となります。

そのため毎月15万円、年間で180万円ほどの投資をし続けることで25年かけて1億円を築こうと考えたのが始まりです。

もちろんはじめの頃は予定通りの金額を投資するだけの余裕はありませんでしたが、ここ最近はむしろ年間180万円を大きく超える投資ができているため、株式資産の伸び幅は大きくなっております。

そして先日記事を書いた時にシミュレーションしてみたところ、投資を始めて10年目の現在の段階で資産総額が2,458万円あれば目標達成ということが分かりました。

この時、28%ほどの株価の下落が起きてやっとトントンという話をしましたが、まさかこの記事の公開からちょうど1ヶ月で30%程度の下落に巻き込まれるとは。株の世界というのは実に面白いものです。

ですが、現時点で、株式資産は2,430万円前後、待機資金は200万円弱となっているので、資産総額は2,600万円ほどとなっていますので、今の水準でやっと予定通りの投資運用額となっています。今日にでも現金含むポートフォリオで2,450万円を下回るかもしれませんね。それはそれで気にすることではないのだと思います。

この記事を書いた時、30%ほどの下落に巻き込まれたら精神的に大丈夫ではないと言っていましたが、案外大丈夫なものですね。まだまだ下落する可能性があるということでしょう。

ですが、やはり具体的な数字を示すことは重要なんだなと感じました。お金持ちになりたければ、お金の話をすること、お金について考え、計画することは必要不可欠だと言えます。

これからしばらくは、数字の目標が『未達』となる時期が続くでしょうが、それでも変わらずにコツコツと投資をすることで、また目標を達成できることだろうと信じています。

なんなら私が投資に回した資金は、配当金を合わせても1,560万円ほどですので、投資資金は目標未達なんですよね。新卒の頃は今ほど余剰資金に余裕がありませんでしたので仕方ない部分もあります。

それでも目標金額に達している現状、私は十分に株式投資によるメリットを享受できていると言えるでしょう。

そう考えると何一つ悲観的になる必要がなく、むしろ積極的に積立投資をしようと思えるのです。

結局、長期投資家というからには、10年単位での投資は必須だと思います。これからも積立投資をすることで、45歳の頃には1億円近い資産を築くことができると信じています。

そして少なくとも、給与だけに頼っているだけでは後15年ほどでは1億円を築くことができないのは明白です。

つまり、毎月コツコツ積立投資をすることは、私の目標を達成するには必須の行動であると言えるのです。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

投資実務
スポンサーリンク
Yukiをフォローする
スポンサーリンク
Snowball 〜20代からの米国株積立投資〜
タイトルとURLをコピーしました