【朗報】昨年から楽天証券でつみたてNISAを始めた同僚の大物ぶりがすごい

投資の考え方
スポンサーリンク

私Yukiは株式投資をしていることを普段から公表しています。昨年は株式市場の好調さや『年金2,000万円不足』問題により、株式投資に興味を持つ人が増えたため、私の周りでも昨年から株式投資を始めた人が増加しています。

同僚の中でも、昨年からつみたてNISAを開始したという人が多く、私の周りでもつみたてNISAを始めた人が多かったです。

【朗報】つみたてNISAを始める投資初心者がYukiの周りで続出!もしかしてリセッションは近いのか?私が投資初心者に伝えたいこと。
当ブログでも何度か取り上げているように、私は今まで、自分が投資をしていることを周りの人に公言し続けてきました。そして私は自分の周りに投資家を増やしたいと常日頃から思っていました。実は当ブログを始めたのも、『同年代の投資家を増やした...

この記事を仕上げた昨年の12月は市場の楽観的な環境がなんとも恐ろしく、リセッションが来るんじゃないの〜?と懐疑的でした。今回のコロナショックはリセッションと言えるのかな?もしそうだとしたら、やっぱり楽観視が市場を占めた時にはリセッションが訪れるのだなと感じています。

2010年代は何度か『リセッション詐欺』のような悲観論が出ていましたが、悲観論が出ている間はまだ大丈夫なんですね。昨年はウォールストリートジャーナル(WSJ)やブルームバーグなども、リセッションは訪れないとでも言いたげな楽観的な論調が目立ちました。今回、歴史を実感することができ、とても勉強になりました。やはり市場に生き残っていることで学べることは大きいですね。

それはさておき、つみたてNISAを始めた同僚の一人は、同じ会社の人ですので、時間がある時はよく雑談をしています。昨日も仕事の合間に雑談をしていたのですが、その中で株式投資の話を持ち出しました。

Yuki「そう言えば、最近株式投資の方はどう?毎日市場が荒れてるけど…」
同僚「えっ?そうなんですか?全然見てないから知らなかったですw」

さすが私の同僚です!すでに投資家の鑑ですね!自ら株式投資に興味を示して、私のアドバイスに沿って次の日には口座開設の手続きを進めただけあります。私のような小物ではなく、かなりの大物投資家になるのではないでしょうか。

今の市場環境から察するに、twitter上で個人投資家の阿鼻叫喚を見て、不安になっている初心者投資家の方たちは多いのではないでしょうか。ですがそう言った場合は一度twitterを閉じて、スマホの電源を切り現実社会に目を向けてください。

あなたの身の回りに、株価が下がったと慌てふためいている人はいますか?

いないですよね?少なくとも私の周りにはいません。証券会社勤務の方など、特殊なご職業の場合は話が変わってきますが、大抵の場合、周りの人間が株価の下落で慌てる様子を見ることはないのではないでしょうか。

それもそのはず、周りの日本人のほとんどは、そもそも投資をしてはいませんからね。騒ぐ必要がないのです。それに対して投資家の方たちはここ最近、毎日お祭り騒ぎです。私が絡んでいる人たちはほとんどが悲観的ではなく、コツコツと積立投資をしていく派の方が多いです。

基本的には株価の下落を喜んでおり、いつも通り買い増ししていこうとしている猛者揃いです。ですが、私のリアル生活でもまさか同僚に大物投資家の器がいるとは思いませんでした・・・!

以前、記事で取り上げましたが、どんな市場環境においても株を持ち続けて何もしなかった人が最も運用成績が良かったと言われています。

【超絶朗報】管理人Yuki、楽天証券でのつみたて投資で爆益を叩き出す・・・!
今朝、モーニングサテライトを観ながら記事を書いていたところ、楽天証券さんからとっても素敵なメッセージをいただきました。メッセージを開いてみたところ、先日投資を始めた、楽天証券でのつみたて投資で基準価額が変更になったよというお知らせ...

世界経済はどんなリセッションに巻き込まれても、いずれは回復し右肩上がりに成長を遂げるのですから、何もせず持ち続けるのが最も大きなリターンを得ることができるのは頷ける結果と言えるでしょう。

ですが、いくらリターンを上げるためとは言え、我々は命を落とすわけには参りません。リターンを高めるために命を絶つようなことをすればリターンを享受できませんから本末転倒です。

だとすれば、リターンを高めるために最も良い方法は、『投資してたことを忘れる』というものではないでしょうか。

スマホから投資アプリを削除し、市場を見れるようなものは全て排除。大人しく家でアマゾンプライムビデオなんかを見て過ごしている方がよほど精神衛生上良いと言えるでしょう。

私は毎月個別株を買い増しする都合上、どうしてもほぼ毎日市場のオープン位は目を通す必要がありますが、おそらく何も見ない人の方がコスパは良いんだろうなと考えながら淡々と行動を起こしています。

特につみたてNISAの場合は、なんの操作をする必要もなく積立投資をしてくれるのですから、本当に忘れてしまっていても投資を継続することができてしまうのです。

つまり、私の同僚のように、つみたてNISAを開始前は全力で投資商品の選択をしたりしておいて、始まってからは本格的に何もしないというのがベストアンサーな気がします。

彼がこれから20年間、忘れ続けることでどれだけの成績を収めるかは分かりませんが、彼のように投資を始めた後は忘れるというのも一つの才能だなと感じました。もし不安な人がいらっしゃいましたら、あまり深刻になりすぎず、いっそ別のことを考えて忘れてしまうのがベストかと思います。

あなたが投資に回している資金はもともと日常生活から生み出された余剰資金のはず。余剰資金であれば増加しようが下落しようが、日々の生活にダメージは与えないのだから、慌てて現金化するというのはナンセンスと言えるでしょう。

一度投資をしたのならよほどのことがない限り、売り払うべきではありません。今がよほどのことかどうかはわかりませんが、例によってマスコミが騒ぎすぎている気がします。

そう言った雑音に惑わされないようにするという意味でも、相場に残り続けるのは意味のある行動だと私は考えています。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました