3月9日

投資の考え方
スポンサーリンク

今朝はいきなりの音楽ネタとなりますが、私はJ-POPが好きで、中学・高校生の頃は特に流行の曲や、結構昔の曲なんかをたくさん聞いていました。

ちょうど音楽の楽しみ方がMDプレイヤーからiPodに切り替わったのが中学生の頃です。自分で書いててとても懐かしいです。余談ですが、iPodが普及してきた2005年頃のアップル(AAPL)の株価は5ドルほど。

当時の為替レートは今とそれほど変わらない108円程度だったので、iPod nano1台の価格(21,800円)でおよそ40株ほど購入できた計算です。2005年にiPod nano1台買う替わりにアップル株を買っておけば、今の時価総額で11,558ドル、日本円にして125万円弱に成長していた上に、配当金のおかげで既に投資元本はとっくに回収し終わってます。やっぱスゲーやアップル。というか米国株。というのを実感しますね。

友達もみんなiPod持ってたのになー・・・なんでアップルの優位性にもっと早く気づけなかったんだろう。というか気づいていたのに投資しなかったんだろうという気持ちはあります。今回まだまだ下落してくれることを期待しています。

今回の主題とは離れてしまいましたので話を戻しますと、私はこの当時、特にレミオロメンさんの大ファンで、友達とカラオケとかに行くと、『粉雪』とか『南風』といった曲と一緒に『3月9日』もよく歌っていました。

高校の卒業式では『3月9日』を合唱したこともあり、とても思い出深い曲の一つとも言えます。レミオロメンさんが活動休止した時は本当にショックだったなー・・・正直、今の株価の下落なんかよりよっぽど落ち込みました。笑

そんなレミオロメンさんの名曲『3月9日』は、卒業式の定番ソングとなるくらいですから、『人生の節目』にぴったりの本当に良い曲です。もともとは結婚式用に作られた曲ですから、新たな門出を祝うという意味合いも強いです。

このままだとただの音楽好きの取り留めもないブログになってしまいますので、投資の話も盛り込んでいきますね。

『3月9日』の曲の中にも、今の底の見えない下落相場に巻き込まれた皆様の心にピッタリの歌詞がありました。

上手くはいかぬこともあるけれど
天を仰げば それさえ小さくて

レミオロメン『3月9日』より

特に比喩でもなんでもなく、ストレートな歌詞ですが、この曲は全体的に『なにげない日常』と『大きな変化』を押し出している歌詞でまとめられています。

大きな変化には当然、それなりのリスクや痛みを伴います。あなたが株式投資を始めようと考えたのは、なにげなく日常を過ごしているだけだとヤバい!という危機感からではないでしょうか?

このままだとダメだ!大きな変化が必要だ!という危機感が、人間にとって行動を起こす大きな原動力となりうることを皆さんも一度は経験しているのではないでしょうか。

そして株式投資を始めたものの、たった1年、2年で最近では珍しいくらいの株価の調整に巻き込まれようとしている。人生って上手くいかないものですよね。本当に。

まだ20代のくせに生意気なことを言うなとお叱りを受けるかもしれませんが、20代だろうと上手くいかないなと心が折れそうになる経験は何度もしています。

それでもなんとか、立ち直ってこれたのは、『まあ、大したことじゃないか』と切り替えることができたからです。私はおそらく標準的な人よりは楽観的な方だと自分でも思います。

いろいろあるかもしれないけど、きっと大したことじゃない。将来何があるか、どんな困難が待ち受けているかわからないけど、それもこんな大きな空に比べれば、小さいことじゃないか。

よくある言葉や言い回しですし、思いっきりストレートな歌詞ですが、こういうのはストレートだからこそ良いのかもしれませんね。

他にはこういった歌詞も良いですね。

新たな世界の入口に立ち
気づいたことは 1人じゃないってこと

レミオロメン『3月9日』

私もブログやtwitterを始めてから他の投資家さんたちと絡むようになりました。それまでは一人で黙々と投資を続けておりました。

投資の運用成績を考えれば、独りで黙々とつまらない投資をしている方が無駄なノイズも入ってこないので期待値は高まるでしょう。ですが、暴落の最中で一人で耐え忍ぶのは精神的に辛いと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか

ですが、今のところ仲良くさせていただいている投資家の方々は精神的に苦しむどころか、下落を楽しむ余裕のある方々ばかりです。私も慌てふためくつもりはありませんが、当然市場参加者は全員、株価の下落に巻き込まれており、一人で市場に立ち向かっている訳ではないんだなと感じることが多いです。

もちろん、人の意見に左右されて投資のルールを変えてしまうのはナンセンスですが、自分だけじゃないんだよということを肝に銘じておけば、初心者の方の中には少しは気が楽になる人もいるのではないでしょうか。

花咲くを待つ喜びを
分かち合えるのであれば それは幸せ

レミオロメン『3月9日』

そして個人投資家の皆様が、今の下落相場を耐え凌ぎ、いずれまた来る上昇相場で、今度こそNYダウが3万ドルを突破した時、その喜びを市場参加者全員で分かち合えるのであれば幸いです。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました