【超絶悲報】管理人Yuki、楽天証券でのつみたて投資で一転、大損する・・・!

投資の考え方
スポンサーリンク

つい先日、楽天証券で今月から始めた投資信託へのつみたて投資で設定からわずか1週間も経っていないのに大きな利益(+0.63% 年率約57%)を得たよ!という記事を書きました。

【超絶朗報】管理人Yuki、楽天証券でのつみたて投資で爆益を叩き出す・・・!
今朝、モーニングサテライトを観ながら記事を書いていたところ、楽天証券さんからとっても素敵なメッセージをいただきました。メッセージを開いてみたところ、先日投資を始めた、楽天証券でのつみたて投資で基準価額が変更になったよというお知らせ...

しかしこの話には続きがあって、今週末の金曜日に少し確認をしてみたところ、衝撃の事実が明らかになったのです。

なんと、最近のボラティリティの大きさもあって、週末は下げましたから、結果的につみたて投資を始めて最初の週はマイナス4%弱の下落となりました。最近のボラティリティの高さを考慮すると、仕方のないことだと思います。

くそー!楽天証券!!!

つみたて投資なんてやるんじゃなかった!!!

何が米国が最強だよ!これからも米国一強の時代なんて続かないよ!

売り払え!売り払え!

どうでしょうか?この一喜一憂ぶり。醜いったらありませんよね?

株価が上がれば歓喜し、ちょっと下がれば狼狽して、投資で損した責任は当人ではなく、買うようアドバイスしてきた○○さんだ!と言うように、損を被った時は他人に責任をなすりつけるので反省もしないです。

株価が順調で、右肩上がりに成長しているときは、みんなが一斉に楽観的になっていて本性を表さないのですが、一度こういうような調整局面に入ると醜い部分が見え隠れするようです。

しかも彼らは、S&P500に連動した投資信託やETF、楽天VTIのように全米の株式に投資するような商品、いわゆるインデックス投資というもっともリスクを抑えて投資ができる手法を取っていながら、twitter上で知らない誰かが言った一言が原因で不安を募らせ一喜一憂し、狼狽売りしてしまうのはあまりに短絡的な行動であり、非常に馬鹿げた行為です。

今回は『ネタ』としてわざと下落したタイミングで楽天証券にログインしてキャプチャを撮ったわけですが、本来であれば投資信託は自動で積立投資をしてくれる非常に優れた商品です。

信託報酬はETFよりは少し割高ですが、それでも端数を気にせず決まったちょうどの金額を投資できることや、毎月(もしくは毎日)決まった日に買付をしてくれるため、手間がほとんどかからないところ、分配金を自動的に再投資してくれるところなど、ETFや個別株を手動で買付するよりもメリットが多いということは特筆すべき点だと言えるでしょう。

投資を始めた当初はこのようなメリットやデメリットも十分に考慮して、その上で投資を始めているはずなのですが、この下落局面で、慌てて持っているインデックス型の投資信託やETFを売り払って退場してしまうのは本当にもったいない行為です。

特にここ最近のいわゆる『年金2,000万円不足問題』発覚後に市場に参加してきた方々の中にはすでに退場してしまった人がいるのは事実です。彼らの選択が間違いだったとは言いませんし、今現在の市場環境だけで話をするなら、まだ株式市場は落ち着きを取り戻していませんから、むしろ『正解』なようにも捉えられます。

しかし、NYダウがこのような調整局面を何度も繰り返しながら長期的に成長してきたことを鑑みると、米国株投資が『時代遅れ』の投資法にもなりませんし、常に世界中の株価に影響を与え続けてきた存在であることは否定できません。あなたは、米国だけがコケてそれ以外の世界中の株価が好調という世界を想像することができるでしょうか?私は今のところできません。だからこそ米国株投資なんていう、日本ではまだマニアックな投資法にたどり着いた訳ですよね?

そんな世界中を牽引する存在であり続けてきた米国ですから、一度投資すると決めたらコツコツと投資し続ければ、20年後、30年後の将来は報われるのではないだろうかと思うわけです。

米国株のボラティリティが大きくなっているのは、大口投資家、いわゆる『ミスターマーケット』の発作が出ているだけだと思えばいいのです。大口投資家はどうしても資金提供してくれる個人投資家の資産を守るために下落場面では売り注文を出さざるを得ないですからね。

逆に言えば個人投資家はそれをしなくても良いというメリットがあるのですから、慌てず騒がずつみたて投資をすることが本来あるべき行為ではないでしょうか。

個人投資家が持ち株全てを投げ売ったところで、S&P500指数にもNYダウ指数にも何の影響も与えないでしょうからね。

ボラティリティが高く、大きく下落したタイミングこそ淡々と眈々と。自分のリスクを認識しながらつみたて投資をするという姿勢が、将来の資産形成の成功の秘訣と言えるのではないだろうかと私は思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました