【考察】あなたは何のために投資をしているのか?投資の目的をハッキリさせる。

投資の考え方
スポンサーリンク

ここ数年の間に、個人投資家と呼ばれる方達の母数が一気に増えたように感じます。先週こそ株価が一気に下落した米国株市場ですが、長きにわたって右肩上がりの成長を続けており、将来の不安を抱えた人々が増えたことによって、株式投資に興味を持った人が若者を中心に急増したのが原因だと思います。

事実、ネット証券最大手のSBI証券が発表した内容によれば、直近に新規開設した100万人の内訳では20~40代が7割強で、未成年者まで含めると8割強と若年層が目立ったとのことです。

【朗報】SBI証券、ついに証券口座数500万口座達成!業界トップに躍り出るのも時間の問題か。
今月26日、SBIホールディングス(8473)傘下のSBI証券が、証券口座数が500万を超えたと発表しました。これは、業界トップの野村証券の531万口座に次ぐ規模であり、低コストのネット取引を武器に現役世代や投資未経験者を...

ですが、先週の下落に巻き込まれて投資の世界から離れてしまう方が一定数いらっしゃるのは少し寂しい気持ちがあります。

【超絶悲報】コロナショックにより、相当数のインデックス投資家が行方不明に・・・リーマンショックの頃に学ぶ、下落時こそ買いと言える理由。
今週は米国株投資家にとって、久々の試練となる1週間だったのではないでしょうか?私も当ブログを立ち上げてからの経験では初めての下落相場となりました。S&P500指数が10%の下落をするのにかかった時間としては過去最速だそうで...

もちろん、ここで売ってしまった方を悪くいうつもりは毛頭ありません。投資手法やリスク許容度は人それぞれであり、投資手法も人それぞれです。

「フルインベストメントにしていたせいで被害が大きかった」

とか呟いている方もいらっしゃいますが、あくまで投資は自己責任ですから、誰かのせいにするというのもまた、いかがなものかと思います。

投資の手法や考え方が人それぞれなように、人それぞれに、投資をする目的、達成したい将来が違うと思います

私自身も以前の記事で『45歳までに1億円の資産を作る』という目標があると申し上げました。

【知ってた】日本人の「お金の考え方」ではお金持ちになれないことが判明。お金に対する正しい向き合い方。
昨日、興味深いコラムを見つけました。内容は、『日本のお金の常識に捉われているうちはお金持ちになれない!? 』というもので、至極真っ当なモノに仕上がっているように見受けられました。まず、日本以外の国・地域の人たちはお...

もちろんこれは1億円を作ったら投資から離れるということでは無く、それ以降も投資自体は続けるつもりですが、あくまで中間目標として具体的な数字を決め、それに向けて毎月資金を投入し、積立投資を継続しているということです。

あなたは何のために投資をしていますか?

投資を始めた方、もしくは投資を始めようとした方なら、必ず何かしらの目的はあるはずです。

私はそれこそ同僚や友人に、「何のために投資をしているのか?」という質問を受けることが多いです。その時は、シンプルに「お金のため」だと答えているのですが、改めて考えると、生涯、大切なひとと過ごす時間を、お金の心配などせずに過ごすことが私にとっての投資の最終目的なのだと思います。だからこそ若いうちに何億円、何十億円という資産を築くことにもそれほど興味はないですし、将来莫大な資産を築こうとも思わないです。

あと、何かしらの形で社会貢献したいなという気持ちは常にあります。投資という活動を通じて社会貢献もできていると思いますし、ブログを始めたのも、突き詰めれば「みんなで投資をして豊かになろうよ!」という思いからです。そして、実際に20歳から投資を始めてきて、生活が豊かにより良くなってきていることを実感しているからこそ、他の人にも勧めたいなと感じているのです。

もちろん突き詰めればお金儲けやお金の話ですから、綺麗事だけを言うつもりも無く、現実的な話や厳しく聞こえるような話をすることも多いですけどね。

ですが、何の目的で投資をしているのかと聞かれると、やはり私は一生お金について苦労しない程度の資産を築くと言う面と、何らかの形で社会に貢献したいと言う面があるのだなということに気づきました。

そしてこの2つの願いを叶えるためには、株式投資が最適であると考えています。

一生お金に苦労しない程度の資産を築くためには、どうしても会社員として働いているだけでは不十分ですし、定年間近になってやっと一千万円程度の貯金が貯まる程度では、お金について苦労しない生涯とは程遠いと言えるでしょう。

そのためにお金をただ寝かしておくだけでなく、投資することによって資本主義の成長とともに資産を増やしていくことが可能となり、当面の目標である45歳で1億円という具体的な数字を達成できるかもしれないという状況に身を置くことができているのです。

また、社会貢献という面で見ても、投資家が果たしている役割は大きく、資本主義の成長を促すためには投資家が必要不可欠です。会社の成長には投資家から得た資金が必要であり、企業が事業活動を続けるためには投資家を募る必要があります。

私は個別株投資として、誰もが知ってるような大型株への投資を継続しておりますが、私が投資している企業はどれも、これがなければ今の社会は成り立たないだろうと思えるような優良企業がほとんどです。

そういった誰しもが利用している企業に投資することこそが、間接的に社会に貢献していることに繋がるのではないかと思い、こういった優良企業の株に投資をしているのです。

あなたは何のために投資をしていますか?

もしも、あなたが老後の心配をせずに済むようにと株式投資を始められたのであれば、今の相場に恐れをなしてフェードアウトするのは得策とは言えません。

あなたが株式投資を通じて得た資産を現金化するのはあくまでも老後の話であり、今もしあなたが20代なら少なくともまだ40年近くは株式から得た資金を必要としていないはずです。

ならば一時的な下落相場で狼狽売りするのは、本来の目的とは外れた行動であると言えるのではないでしょうか?

あなたが投資を始めた頃の気持ちを大切にして、今のような潮目が変わったタイミングこそ、自分が投資を通じて何を成し遂げたかったのか?という原点に立ち戻り『今、本当にすべきこと。』を改めて考え直してみるのも良いかもしれませんね。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました