【朗報】SBI証券、ついに証券口座数500万口座達成!業界トップに躍り出るのも時間の問題か。

投資実務
スポンサーリンク

今月26日、SBIホールディングス(8473)傘下のSBI証券が、証券口座数が500万を超えたと発表しました。

SBI証券の口座数、500万超え 野村に迫る: 日本経済新聞
SBI証券は26日、口座数が500万を超えたと発表した。業界首位の野村証券(531万口座、1月末時点)に次ぐ規模となる。低コストのネット取引を武器に現役世代や投資未経験者を取り込んだ。

これは、業界トップの野村証券の531万口座に次ぐ規模であり、低コストのネット取引を武器に現役世代や投資未経験者を取り込んだとの見通しだ。

しかも驚くべきことに、直近に新規開設した100万人の内訳では20~40代が7割強で、未成年者まで含めると8割強と若年層が目立った。また、女性比率は4割に上り、8割が投資未経験者だったとのことです。

この結果を見るだけでも今の若年層には株式投資をするならネット証券という『新常識』が広がっているのがお分かりいただけるだろう。今の若年層で野村証券などの対面型の証券会社にわざわざ口座を開くのはあまり一般的でなく、手数料の高い対面式の証券会社で口座を開設するということは、投資をする前から負けているような状態と言えるのです。

野村証券もいつまでも業界トップにあぐらをかいてもいられなくなったのか、先日10年間に限って信託報酬を0%とするインデックスファンドの「野村スリーゼロ先進国株式投信」の販売を発表しました。

【超絶朗報】「eMAXIS Slim 先進国株式」が信託報酬引き下げ、野村は期間限定で信託報酬0%の先進国株式インデックスを設定。手数料引き下げ戦争が再度勃発か?
昨日、再び投資信託の手数料引き下げが相次いで話題となりました。個人投資家に人気の『eMAXIS Slim』シリーズの『eMAXIS Slim 先進国株式』が信託報酬の引き下げを発表しました。3月17日より税抜きベースで、従...

詳細はまだ分かりませんし、信託報酬をゼロではなく『0%』としていることから、その他の投資信託と同様、『隠れコスト』がかかるんだろうなとは思いますが、それでも評判があまり良くない野村証券にしては思い切った舵取りだと思います。かなりユーザー向けの商品を提案できるようになってきたのでしょうか?

私自身もメインの証券会社はSBI証券を利用しており、もう使い慣れているのもあってかかなり使い勝手の良いサービスであると感じています。ですが、SBI証券もネット証券の最大手だからか、あまり積極的にイノベーションを起こしてくれる証券会社とは言えないように思います。

もちろん、米国株を貸株にしてくれる『カストック』や、業界最安値(※期間限定除く)の為替手数料など、嬉しいサービスもあるのですが、真新しいサービスというのは後手に回りがちな気がします。

そう言ったサービス面ではマネックス証券が一番強いかなと思います。先日リリースされた米国株と中国株版の『銘柄スカウター』は非常に素晴らしい完成度だと感じました。

【超絶朗報】マネックス証券、米国株スカウターを完成させる。22日から利用可能に!
つい先日、マネックス証券から『銘柄スカウター』の米国株バージョンが公開されるかもしれないと言うニュースを記事にしました。本当につい先日の話で、まだ2週間も経っていないのですが・・・なんと!今週、2/22の土曜日から米国株ス...

こう言ったユーザー目線のより良いサービスは業界の盟主たるSBI証券にこそ先んじて行動を起こして欲しいなと私は常日頃から思っています。

ネット証券業界2位の楽天証券も、ポイント投資の使いやすさは折り紙付きで、私も今月から楽天カードを使った積立投資とポイントも投資に回すという手法を取っていこうと考えています。実際に積立が開始されるのは3月の第一営業日からなので、このタイミングで米国株市場に調整が入ったのは本当に喜ばしいことです。

私自身SBI証券とはもう長い付き合いで、メインバンクがSBI銀行というのもあって、資金移動もしやすく、今更他の証券会社に移管するつもりは全くありませんが、SBI証券には3年間かけて株式投資にかかる手数料を無料化していくという目標があります。

【朗報】SBIホールディングス(8437)、脱・証券会社化によって、3年以内に全ての株取引手数料を無料化する計画。
SBIホールディングスは先月30日、第2四半期の決算発表を行った。純利益は前年同期比17%減の279億円と、他の証券会社と同様、個人の株式売買低迷の影響を受けたが、同社社長の北尾氏は「SBIはもはや証券会社の範疇で捉えられるべきではない」...

なんだかんだと言いながらも、SBI証券の口座が500万を突破したことは大変喜ばしいことであり、ユーザーが増えればそれだけサービスも拡充される可能性が高いということですから、今後には期待しています。

SBI証券が口座開設数で野村証券を追い抜き、証券会社全体のトップとなる日もそう遠い未来ではないのではないでしょうか。今後もSBI証券には大いに期待をしています。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました