【知ってた】日本人の「お金の考え方」ではお金持ちになれないことが判明。お金に対する正しい向き合い方。

マネー論
スポンサーリンク

昨日、興味深いコラムを見つけました。

ページが見つかりません

内容は、『日本のお金の常識に捉われているうちはお金持ちになれない!? 』というもので、至極真っ当なモノに仕上がっているように見受けられました。

まず、日本以外の国・地域の人たちはお金の話をすることに抵抗がありません。投資セミナーに集まってくる人たちは皆明確な目標があります
「先生、私は5年で資産を100万ドルまで増やします!」「事業を起こして年収50万ドルまで稼げるように頑張ります」……。
誰もがお金を稼ぐこと、増やすことに前向きで、それを公言するのです。それはセミナーのような場だけでなく、普通の会話でもです。
その点、日本人はどうでしょう? 露骨にお金のことを話すのは「はしたない」とか、「下品だ」とか考える人が多いのでは? 

日本人の「お金の考え方」ではお金持ちになれない!? より抜粋

私も何度か投資セミナーというものに参加したことがあります。と言っても友人に連れられて、ちょっと見てみようか。という冷やかし半分のようなスタンスではありましたが。

しかし参加者をみると、わざわざ時間をとってセミナーに参加しているような人たちにしては覇気もなく、「お金を増やしたいんだ!」というような勢いのある人たちではなかったなと改めて思い返しました。大人しく座学を受けているだけのおじさん達を見てると、セミナーってイメージと違うなと感じたものです。

日本人はお金があまり好きではないのかというともちろんそうではありません。好景気で湧いたバブルの頃は数年前の中国人の『爆買い』にも負けず劣らず海外の不動産を買い占めたりしていた時期もあったようです。

日本人も例に漏れず、お金が大好きなのにお金を稼ぐのは意地汚いと考えている人が多いです。海外の人からすればそんな風に言ってることとやってることが違うあたりが信用できない。二面性ああるというように捉えられるのでしょう。

私はお金が大好きで、株式投資を続けています。人より多くお金を稼ぎたいと考えて学生の頃にネットショップの運営などに力を入れた時期もありました。そして株式投資についても周りの人に明言しています。別に自らその話をした訳ではなく、話の流れですけどね。

誰かに話をすると当然、一気に広まるものです。やっぱり結局はみんなお金が大好きなんだなと改めて実感するものですね。お金の話をするのが恥ずかしいと思っている割にはたくさんの方に投資の話を求められることが多いです。

もちろん、日本人の控えめな性格が悪いことだけではないとは思います。黙々とタスクをこなす日本人の素晴らしさ、平均的な能力の高さも素晴らしいものだと感じます。ですが、日本人のお金に関するスタンスは、やはり日本人を『清貧』にしているのかもしれません。

いや。最近の日本人を見ていると、貧しいですが清くはないですよね。お金持ちを見つけて叩く様は、とてもじゃないですが清貧という感じではありません。

ですので、まずはお金の話を他の人とするのはちょっと…と考えているあなたも、『○歳までにいくらの資産を作る』というような具体的な目標を立ててみるのはいかがでしょうか。

目標を立てるときは、必ず具体的な数字を入れることをオススメします。そうすることで今の自分が何をすべきかというのが明らかになりますからね。

ちなみに私は『45歳までに1億円の資産を作る』という目標があります。これは20歳の時に設定しました。もちろんシミュレーションも行い、想定の利回りを過去200年間のインフレ調整後のリターンである6%で設定し、25年間、毎月15万円を積み立てることで達成可能だという判断になりました。

毎月15万円は厳しいように見えます。実際に学生の頃はとてもじゃないですが毎月15万円なんて拠出できませんでした。

ですが毎月15万円というよりは、年間180万円の積立投資と考えれば、社会人になってからはボーナスを全額投資することで毎年ではなくてもそれなりにクリアすることができました。

そして投資を始めてから10年が経ち、シミュレーション時点の積立金額は2,458万円でした。

しかし現在の評価額は3,245万円。現金も含むと3,400万円を超えています。

これは、市場の好調期が想定よりも長く続いていたことと、ここ数年は想定よりも多額の投資をすることができているためです。

当時のシミュレーションよりは好調に資産が拡大しており、想定より38%、金額にして約1.000万円もアウトパフォームしていることが判明しました

そして私の計画からすれば、10年目の段階で2,458万円の資産が築けていれば想定内ということですので、今の相場から株価がおよそ28%下落しても大丈夫ということです。(精神的に大丈夫ではないですけどね)

具体的な数字を目標にすることで、このように目標の進捗度を確認することもできるので、やはり具体的な数字を示すことは重要と言えるのではないでしょうか。

お金持ちになりたければ、お金の話をすること、お金について考え、計画することは必要不可欠だと言えます。

私は日本人の生真面目さは、計画を遂行するという点においては素晴らしい能力だと考えています。ですのでお金についても、まずは遂行するための計画を立てることから始め、将来お金持ちになるために取るべき行動を自ら考えて実行していくことで、国民全員がお金持ちになることができる。最低限お金に苦労せずに生活することができるのではないかと信じております。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました