【悲報】マイクロソフト(MSFT)のペンタゴンとの大型契約『JEDI』が一時差し止めか?

投資の考え方
スポンサーリンク

ニューヨークタイムズの報道によると、マイクロソフトが進めていた米国防総省(通称ペンタゴン)との10年間の大型契約『JEDI』プロジェクトにまつわる作業を全て一時停止するようワシントン連邦裁判所が通達したとのことです。

Judge Halts Work on Microsoft’s JEDI Contract, a Victory for Amazon
The judge ordered work to stop on a cloud-computing contract for the Pentagon until Amazon’s legal challenge was resolved.

この報道を受けて、当然2社の株価は真逆の反応を示しました。

マイクロソフトの株価は14時半頃(米国時間)に急落。対してアマゾン・ドット・コム(AMZN)は同じ時間帯に株価が急騰いたしました。

しかし、まだこの裁判では、アマゾン・ドット・コムの訴えを採用したというだけで、ペンタゴンの契約がマイクロソフトの『Azure』からアマゾン・ドット・コムの『AWS』に変更になった訳ではなく、市場は落ち着きを取り戻し、マイクロソフトは反発。アマゾン・ドット・コムは反落して取引を終えました。

ペンタゴンの契約については、もともと『AWS』が有利だったと言われていたので、『Azure』が採用されたと聞いた時はビッグサプライズでした。なんと言っても、日本政府も基盤クラウドを『AWS』に発注しているくらいですからね。

政府の基盤クラウド、Amazonに発注へ(写真=ロイター)
政府は今秋からスタートするIT(情報技術)システムのクラウド化をめぐり、人事・給与や文書管理など各省共通の基盤システムを米アマゾン・ドット・コム傘下のクラウド企業に発注する調整に入った。整備・運用に

日本企業は何をやっているんでしょうね。そういうところが米国と日本の差となって現れているのです。

それはさておき、トランプ大統領による介入があったために、当初有利とされていた『AWS』ではなく『Azure』が採用されたという可能性を捨てきれないという話になります。

しかし、このまま『Azure』が採用され、契約を勝ち取る算段の方が高いと言えるでしょう。なぜなら、ペンタゴンが求めているのは、『高度なクラウド技術による構築を1日でも早く稼働し、国家安全保障の任務を全うできる体制を整えること』です。

この訴訟がこのまま進んだとして、再度コンペを行って、その後契約を交わしてという流れになると最低でも1年はかかるんじゃないでしょうか?

ペンタゴンのクラウド担当者であるレイチェル・ヴァンジョンソン氏は「マイクロソフトとのJEDI Cloud契約には確かな根拠があり、この重要な機能を可能な限り迅速かつ効率的に搭載することに全力を注いでいる」と声明で発言しています。

国家の防衛という大切な事業を進めていくのですから、予定を伸ばしてこれ以上ちんたらやっている暇はないのです。一番恐れる事態は、再度コンペを行なったとして、そのコンペでも『Azure』が勝利するというシナリオです。予定を押して時間をかけたというのに結果が変わらないのであればこれほど無駄な時間はありません。日本企業がよくやりがちな無駄な時間の使い方です。

そのため、JEDI契約は恐らくこのまま『Azure』が契約履行する可能性は高く、依然有利な状況は変わらないと見て良いのではないでしょうか。

また、マイクロソフト、アマゾン・ドット・コムの両社ともに、直近の決算は予想を大きく超える順調さでした。もちろん決算にはペンタゴンからの収益は1ドルたりとも含まれていません。

つまり、2社ともにペンタゴンの件がなくとも十分過ぎるほどの収益性を持つ超巨大ハイテク企業であることに変わりはないのです。

ペンタゴンの一件でマイクロソフトの株価は少し押し上げられている面もあるでしょうから、しばらく同社の株価は下がる可能性があると思います。このタイミングはむしろ買い増しするには丁度良いと言えるのかもしれません。

クラウド契約がこのまま履行されればマイクロソフトの株主としてこれ以上ないありがたいことではありますが、それらが無くとも時価総額1兆ドルを超える『MAGA』の面々はそれぞれ優位性のあるビジネスを展開しており、この4社が無ければ我々は生活していくことができないと言えます。

これからも注視していきたいところですが、ことマイクロソフトにおいては、今回の報道は投資チャンスをくれる数少ない機会と捉えられるのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました