【悲報】au pay20%還元祭りでSIMフリーのiPhoneを求める転売ヤーがビッグカメラに殺到。災害でも整列する日本人の民度はどこに?

マネー論
スポンサーリンク

最近、○○ペイと呼ばれるコード決済が還元祭りと題してポイントを大幅還元するたびに問題になっているのが、『転売ヤー』と呼ばれるせどり目的で商品を買い占める乞食たちである。

今月10日、au payが20%還元祭りを開催した影響で、有楽町のビッグカメラに転売ヤーたちが殺到し、暴徒と化したことがニュースとなりました。

au pay20%還元祭りで転売ヤーに特需 SIMフリースマホを求めビックカメラ有楽町に集結 店舗崩壊へ
高値で転売できるySIMフリーを求め転売ヤーが殺到しました

彼らのお目当ては、ズバリSIMフリーのiPhone。売れ過ぎて棚が破壊される場面も。

iPhoneは基本的には値下げせず、定価での販売となる上に、SIMフリーのiPhoneは需要が高く、いつでも現金化が可能なことから、このように転売ヤーに狙われやすい商品の一つであります。

それにしても、東日本大震災の頃でも日本人はきちんと整列して民度が高いと世界中から絶賛を受けていたのに、10年も経たずにこのような惨状になるとはとても残念な気持ちになります。

また、こう言った殺到している行列を見て、「どうせ中韓だろ」と言って話を終わらせようとする人が多いのもいかがなものかと思います。ちょうど韓国人が外国で悪事を働いたときに「自分は日本人だ」と言うのと同レベルの幼稚で責任をなすりつけるくだらない発言だなと思います。

事実、中国や韓国の方がこう言った行列では暴徒化しやすいのはありますが、それに便乗してこうした転売チャンスに便乗する日本人転売ヤーも数多くいると私は思います。本当にここ数年で一気に日本人の民度は落ちぶれたものだなと感じます。

じゃあなんでこれほどまでに落ちぶれた転売乞食が増えたのかと言うと、本質的には日本人がどんどん貧しくなっているからだと思います。もちろん、企業側が後先考えずにこう言うキャンペーンを二番煎じ、三番煎じでやってしまうと言うのもありますが、それに便乗して群がる乞食が増えたのもまた事実です。

最近はこうしたキャンペーンに関係なく、例えばマスクの需要が増えたために市場からマスクを買い占め、1箱1万円を超えるような高値で転売すると言うような手法もありますよね。まるで戦後の闇市の様相を見せており、やっぱり日本人が貧しくなっていってるんだろうなと思います。

もちろん私は資本主義に則ってますので、転売行為そのものを批判するつもりはありません。安く買って高く売る。それはビジネスの基本ですからね。それを否定するとブックオフや大黒屋と言ったリサイクルショップは全て違法という話になりかねませんからね。

ですが、転売ヤーのしている行為は馬鹿げた批判すべき行為だと思います。なぜなら、転売ヤーのしている行為は継続性と再現性が無く、プラットフォームが変わればすぐにでも違法となり得る行為だからです。

彼ら転売ヤーのやっていることは、経済活動的に見れば何も生み出しません。はっきりと言えば、彼らは10万円で売っているものを10万円で買い、同じ10万円で転売しているだけなのです。

それでも10万円で買った時に20%がキャッシュバックされるため、差額の2万円が転売ヤーの取り分となるのです。

この一連の動きの中で、2万円のキャッシュバック分も結局は、KDDIがau payユーザーに支払って、損をしているだけで、なんの付加価値も生み出していない、経済活動の妨げとなっている行為なんです。

それだけならまだマシなのですが、最も悲惨なのが、例えば10万円でiPhoneを購入し、2万円のキャッシュバックがあるからと言って、同じモノを9万円で転売されたとしましょう。

するとそれは定価より安いためすぐに売れるだろうとは思います。ですがそのせいでiPhoneが実質10万円から9万円に値下げして売られているという事実が生まれ、iPhoneの値下げをしないというブランド力が毀損されることになるのです。これはアップル(AAPL)にとっては大迷惑ですよね。

キャンペーンのたびに転売を繰り返す乞食が湧けば湧くほど、国内の経済活動は止まり、一歩間違えばデフレが進み、そして何より日本人の礼儀正しさという世界に誇れる文化が毀損されることになるのです。

長期的に見れば転売ヤーは日本人にとって害悪しかなく、チケットなどを中心に規制が進んでいるのもあながち仕方のないことだと思います。

また、在庫リスクや規制リスクを考えれば、転売行為は個人でやるにはあまりにハイリスクでローリターンだと思います。20%還元キャンペーンだからと言って、10万円で10個仕入れた商品が全て売り切れるとは限りません。20%しか還元されないのですから、10個買ったうちの8個は裁定売らないと結果的に損してしまいます。

ですが、例えばマスクなんかは需要に供給が追いつかなくなったとしても大量の在庫を転売している間に供給が追い付いたり、需要が萎んだりして価格が落ち着くものです。もし価格が落ち着いた頃に大量の在庫を抱えていたら、それは完全に不良在庫となってしまいます。

転売ヤーなんて、誰でもできて競争率が高く、再現性も継続性もないものはビジネスとは言えませんよね。

そんなくだらないことに貴重な時間とお金を費やしているくらいなら、その資金でアップルの株を買った方がよほど経済に貢献していると言えるでしょう。(ただし米国のですが)

SIMフリーのiPhoneがこれだけ大量に売れて転売ヤーにも大人気の製品だと知っているあなたは、とっくにアップル製品の魅力に気づいているはずです。

だとしたら、あなたが本当に買うべきは転売用の新型iPhoneではなく、iPhone1台より安くから買えるアップル株の方ではないでしょうか。

これだけ苦労して時間をかけてたった数万円の利ざやを稼ぐハイエナのような行為はさっさとやめて、本当に経済に貢献できる行為でお金を稼ぎ、再び日本人が民度ある国民に戻ってくれればいいなと私はそう思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

マネー論
スポンサーリンク
Yukiをフォローする
スポンサーリンク
Snowball 〜20代からの米国株積立投資〜
タイトルとURLをコピーしました