【伝説】伝説の男、江頭2:50さんのYoutubeチャンネル『エガちゃんねる』が、開始1週間で早くも登録者数100万人に迫る!彼が愛され続ける理由とは?

社会・政治
スポンサーリンク

お笑い芸人の江頭2:50さんが今月1日から、Youtubeに『エガちゃんねる』を開設し、Youtuberとして活動していることが話題となっている。

江頭2:50のYouTubeが初日で10万登録突破の驚異的ペース…100万記念で“草なぎ剛ゲスト”が目標
お笑い芸人の江頭2:50が、2月1日にYouTubeに開設し、ユーチューバーデビューを果たした「エガちゃんねる」の登録者数が、10万人を突破した。江頭は目標としてチャンネル登録「100万人」を掲げており、1年間で到達した際には江頭にとって永遠のライバルであり、マブダチと公言する「草なぎ剛」をゲスト出演させる構想を持って...

開設初日からチャンネル登録者数が10万人を超えるなど、快挙とも言える滑り出しだが、1年間の目標としていた登録者数100万人を、1週間少々で達成してしまいそうなくらいの人気ぶりです。

私も同僚から話を聞いて、遅ればせながら昨日チャンネル登録をしたのですが、この方ほどYoutube向けの芸人さんも居ないだろうなと感じました。

Youtubeも当然コンプライアンスはうるさいですが、それでもテレビのような一方的なメディアと違って、発信者のやりたい事をやりたいようにできるスタイルというのは、まさに彼にぴったりなのではないでしょうか。

彼は非常に人格者としても有名で、災害が起きるたびに、彼がトラックを借りて被災地に必要物資を運ぶニュースは災害で荒んだ心を潤してくれるほっこりとしたニュースであり、どんな状況下でも人を笑顔にできる彼こそ、まさに芸人の中の芸人であると思います。

とは言え、見た目とその芸風からアンチが湧いて出てきてもおかしくないのだが、彼に関して言えば、ほとんどそんな悪評を聞くことはありません

もちろん、生理的にムリという理由から、一切目に入れないという人がいるのも事実ですが、そう言った人々は批判もしないためノーカンということになります。

ですが彼を実際に見て批判する人は本当に少なく、最も愛されている芸能人と言っても過言ではない気がします。まさに伝説の男です。

そんな彼がどうしてこれほどまでに愛され続けているのだろうかと考えたところ、とても浅い見識ではありますが、一つの結論に達することができました。

彼が愛され続ける理由とは、彼が長年一貫して同じことをやり続けているからなのではないかと思いました。

一切自分の芸風を変えることなく、裏表もなく、ずっと同じ格好で同じ破天荒な芸を全力でし続け、一人でも笑ってくれるならそれでいいというスタンスで彼は今日も体を張り続けているのです。

そんな彼の姿に、人々は敬意を表し、本気で面白いことを追求しようとする彼の姿勢に思わず笑顔になるのだと私は思います。

ハッキリ言って、何十年も同じことを同じように継続することってかなり難しいことだと思います。同じくベテラン芸人の出川哲郎さんも、仕事を始めてから四半世紀以上、自分がやってることは何も変わっていないのに、周りの反応が変わってきたとインタビューで答えていました。

【雑記】生きているだけで風向きは変わる。重要なのは『一貫性』と『退場しないこと』だ。
子供のころは「貧乏人は国に帰れ」と揶揄われたし、就活の時は「中国人だと正社員になれないんじゃ」と親に心配された。それがここ数年、中国語が出来てすごい、両国が分かって羨ましい、と言われるようになり「生きているだけで、風向きが変わることもある...

私は当ブログで『継続の力』の大切さと偉大さを何度も記事にしています。同じことをやり続けることができるというのは一つの才能であると思います。

私もブログを毎日3記事更新しているのをよくお褒めに預かりますが、それでもまだ1年も経ってないです。正直ネタが思いつかない…と思うこともありますし、このまま記事を書かなくても、いつもの時間になったら何かしらの記事がアップされるんじゃないだろうか?などと訳の分からないことを思う時もあります。

それでもわざわざ当ブログにお越しいただき、私の拙い文章を楽しんで読んでくださる方が一人でもいらっしゃるという事実が、とても励みになって毎日更新し続けることができています。皆様のおかげでモチベーションが保てているので、感謝してもしきれません。

ですが、これを20年、30年と続けるのはどうだろう?今でも少し無理なスケジュールで記事を更新することがあります。

例えば仕事で帰りが遅くなると平日の夜中の2時まで記事を書いて、そのまま寝て翌朝も平日の5時45分に起きてまた次の記事を書く。と言ったスケジュールになってしまうこともあります。

でもそれが出来ているのは、明らかに20代の自分だからだと思います。例えば同じようなスケジュールを30代、40代の自分ができるかと言えば、恐らく難しいんじゃないかなと思います。きっと体調を崩してしまいます。

だからこそ、30年以上同じ芸風で同じことを続けておられる江頭さんや出川さんが尊敬され、愛されるのは凄くよくわかる気がします。だって単純に凄いもん。

長きに渡って同じことを継続することで、その道の達人と呼ばれるレベルにまで達することも可能です。例えば、『投資の神様』ウォーレン・バフェット氏は11歳の時から投資を初めて、すでに投資暦は70年を超えています。彼は、その長い投資暦の中で確かな投資手法を確立し、『投資家』として唯一、世界の超富裕層の仲間入りを果たしているのです。

投資の世界でも、長期投資を心がけていてもわずか数年で株式市場から撤退するような人が大半です。ですので長い間継続し、結果を出し続けることができた彼らが尊敬されるのは当然とも言えるのではないでしょうか。

毎日同じようなことを何十年も継続し、結果を出すというのはとても難しい話です。ですが、その継続こそが一番重要な成功の要素だと思います。

もちろん、江頭さんも出川さんも、そもそも人格者であるという共通点もありますが、「キモい」とか「生理的にムリ」という批判を乗り越えたからこそ、今の人気があるのではないでしょうか。

長期的な目線に立つと、人には色々な転機が訪れるかと思います。それでもその転機で継続してきたことを辞めてしまうのはあまりにもったいないです。

例えば結婚を機に毎月3.3万円のつみたてNISAをキッパリと辞めてしまう人がいるかも知れません。今までと違って自分のお金を自由に使えないからですかね?

ですが、そこはパートナーときっちり腹を割ってお金について話すべきだと思うし、例え3.3万円のつみたてNISA枠を使いきれなかったとしても、毎月数千円〜1万円でもいいから積立投資を継続し続けることが重要だと思います。

それにそもそも、独身時代に投資をしていたあなたの方が、家計を預かるには持ってこいの人材かも知れません。パートナーにお財布を握られるのではなく、ご自身で家計の管理を申し出れば、今よりもっと家計がスマートになるかもしれません。

『一貫した継続の力』は凄まじい力を生み出します。それこそ江頭さんや出川さんのように世論をひっくり返すほどの力が備わっています。投資家として、その点だけは忘れてはなりません。

未だかつて、投機やギャンブルのみでフォーブスに掲載されるほどの超富裕層になった人物はいないのですから。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました