【教訓】『国民的アイドル』嵐の櫻井さんから学ぶ、嵐に立ち向かう順風満帆では無い生き方。

投資の考え方
スポンサーリンク

今朝、たまたまニュースを見ていると面白いコラムがありました。今や日本を代表する国民的アイドルであり、今年を持って活動休止を発表している『嵐』のメンバーである櫻井翔さんが、昨年末の紅白歌合戦で残したコメントが彼らのアイドル生活が決して順風満帆ではなかったということを示唆しているというものです。

嵐が教えてくれた最短ルートじゃない人生 櫻井さんが漏らした言葉
2019年の第70回紅白歌合戦、事前の音あわせで行われた囲み取材で嵐の5人は質問攻めにあっていた。その場にいた私は、「結成20周年の記念の年に、大トリを任されること」の感想を求められた櫻井翔さんのコメントにハッとした。「ちょうど10年前に…

嵐の櫻井さんが、『結成20周年の記念の年に、大トリを任されること』への返しのコメントが

「ちょうど10年前に初めて出させてもらって、今年大トリを任せてもらえるなんて夢みたいです」

というものでした。結成20年の嵐が紅白歌合戦に初出場したのが10年前。つまり、アイドル人生の前半半分はそれほど鳴かず飛ばずだったということが伺えます。

今やキラキラしたアイドルの代表格という嵐ですが、彼らのアイドルとしてのキャリアは、名前の通り決して順風満帆とはいかず、嵐の連続だったと言えるでしょう。

嵐がデビューしたのは199年。デビュー曲の『A・RA・SHI』こそ盛り上がりましたが、それ以降は本当に記憶に無いというのが本音です。

私もこのコラムの筆者と年齢が近いこともあり共感をしたのかもしれませんが、今よりずっとテレビの影響が強かった2000年前後は、共通のテレビ番組で友人と盛り上がれる時代でした。

特にこの当時(2000年代前半)のジャニーズと言えば『V6』というイメージが強く、一世風靡した『学校へ行こう』は私も毎週欠かさず見ており、放送翌日の水曜日は朝からずっと、昨日見た同番組の『B-RAPハイスクール』という企画で友人達と盛り上がっていました。

軟式globe、アンコ the KANCREW、チゲ&カルビに夏木マリオなど刺さる人には刺さる懐かしいメンバーや、ジョン・レノソと尾崎豆さんは芸人としても活動されていたり、軟式globeのパークマンサーさんがモデルとして活動されたりと、学校へ行こうの放送が終了した後もたまに話題となることがありました。

話が逸れましたが、それぐらい私たちの幼少期のアイドルのイメージは『V6』一色でした。そんな中で嵐のメンバーは決してメインとは言えないアイドルグループの中の一つでした。

ですがメンバーの一人である松本潤さんが出演したドラマの大ヒットがきっかけとなり、デビューから10年目にして初めて紅白歌合戦という国民的な番組に出演が決定したのです。

無理やり米国株に例えるなら、それほど注目されていない状態からじわじわと注目度が上がり、急激に国民的アイドルになった嵐は、アマゾン・ドット・コム(AMZN)の株価のような成長曲線のように感じます。

嵐のメンバーですら、ジャニーズJr時代を含めればアイドル人生の大半を下積みと苦労の日々を過ごしてきたのです。そんな中でも努力し、腐らずに10年以上、自分の本領を発揮できる武器を磨き続けてきたのです。

それに対して個人投資家はどうでしょうか。ある調査によれば、個人投資家のうち、『9割以上が1年で相場から撤退してしまう』ということです。

その際たる理由は、『簡単に月10万から30万円稼げる方法』とか『絶対負けない投資法』とかいう怪しい情報商材や無価値な書籍に騙されて投資をはじめ、思ったより稼げないとか、損してしまったとかいう理由で株式市場から退場していくのだそうです。

投資の世界に『絶対』はないですが、何の努力もせず、大した資金も持たず、月10万も30万も稼げる訳がないです。これだけははっきりと絶対にないと言い切れます。

毎月30万円の利益を享受したければ、億単位の資金を用意すれば良いのです。それができないなら、コツコツと積立投資をし続けるより他に、まぐれが無い限りはそれだけ稼ぐことは不可能でしょう。

ブログにしても、私もまだ始めてから1年も経っていないものの、同時期にブログを始めたという人たちの中にも、ブログ更新を辞めている人がかなり多くいらっしゃいます。

別にブログを更新しないからダメという訳ではなく、生活の重点は人それぞれなので、何とも申し上げられませんが、やる気を出して始めたものをたった2、3ヶ月で捨て去るのはどうなのかなと思います。

単純に、文章を書くのが合わなかったという方もいるでしょうしね。批判するつもりもないのですが、あまりに短期的に結果を求めようとする人が多すぎるような気がしてなりません。

確かに今の時代、変化のスピードは目に見えて早く、30年しか生きていない私ですらそれを感じるほどのスピード感です。だから短期的な思考に立ってしまうのも無理はありませんが、投資の世界では特に、短期的な目線に立つとどんどんギャンブルに近づいていくことになるのです。

『株式投資はギャンブルだ』と勘違いしている人は多いですがそれは誤りで、彼らは単に、株式市場を利用してギャンブルに興じているだけのギャンブラーなだけです。

値動きのあるものは、使い方ひとつでギャンブルのような利用方法ができるのは当然のことです。多くの短期的思考回路を持った人間が、株価の値動きを利用してギャンブルに興じている。というのが『株式投資がギャンブルだ』と勘違いされる理由の一つです。

あの国民的アイドルの嵐だって、10年以上努力しつづけて結果を出したんですから、一般市民である我々が10年単位の継続した努力を怠って果たして何ができるでしょうか?

私もすでに、人生の3分の1は投資とともにあり、という状態です。幸い好調な市場環境で退場の危険もなかった訳ですが、今後も同様の楽観的な相場が続くとは限りません。

そんな時に精神安定剤となるのは、何より自ら学んだ知識や投資先の会社のことをよく知ろうと言う努力。それらに裏打ちされた『自分自身』の投資手法を確立することに勝る精神安定剤はないのではないでしょうか。

嵐が10年以上も下積み時代を頑張り続けたと思えば、自分も頑張れるという人もいるのではないでしょうか。

国民的とも言える人気を博しているグループから我々が学べることは、きっと多いことだと思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました