【悲報】「私の銭闘力は53万です…」悪の軍団の餌食になる大学生たち

投資の考え方
スポンサーリンク

最近、大学生を狙ったあるマルチ商法が流行しているらしい。

USB購入が悪夢の始まり…「1年で200%の利益」マルチ商法、大学生被害続出 - 毎日新聞
 為替相場の値動きを予想して投資する「バイナリーオプション」と呼ばれる金融取引を巡り、「1年間で投資額の200%の利益が出る」といったうたい文句で、大学生が投資用の情報が入ったUSBメモリーを高額で購入させられるトラブルが首都圏で相次いでいる。購入者が友人を勧誘して拡大していくマルチ商法(連鎖商法)

その内容は、「1年間で投資額の200%の利益が出る」という謳い文句で、投資情報が入った53万円もするUSBを買わせるという手法だ。ちなみに中身はバイナリーオプションの投資用USBだという。

手口としては、古典的な手法で、はじめは友人からの些細な一言がきっかけで、それに食いついてしまったが最後、『先輩』と呼ばれる怪しげな人間を紹介され、「勝率は8割」「3~4年続ければ家賃30万円のタワーマンションに住める」などといった夢のような発言に騙されて学生ローンでお金を借りてまで、53万円の価値のないUSBを買ってしまうのだそう。

実は私も学生時代に後輩からこのような誘い文句を受けて、『先輩』と呼ばれる人にまでは会ったことがあります。もちろん、完全に論破したのでその後お会いすることは一度もなく、後輩共々完全に縁を切ったのですが、結構身近にこう言った案件は数多く存在しています。また機会があれば記事にしてみたいと思います。

特に大学生は時間を持て余している割にお金がなく、どうにかしてお金を稼いで遊んで暮らしたいと考えているような人種です。日本の大学生は一部を除いて、ほとんど勉学に励むつもりはありませんからね。

なんにせよ、カモになった大学生は、流されるがままに有料の『セミナー』や『勉強会』に参加させられ、これらの参加費用も、「投資ですぐに全額ペイできちゃうから!」とか言って騙してくるのが常套手段です。

そしてその後、ズブズブに染まってしまった場合は、今度はUSBを売りつける側、つまりマルチ商法の片棒を担ぐことを勧められます。

こうしてどんどんマルチの罠は広まっていき、結局は胴元だけが儲かる仕組みになっているのです。

もちろん、USBに記録されている情報を使ったとしても、バイナリーオプションというギャンブルで絶対に勝てる方法なんてものは無いのです。

そもそも、本気でこんな怪しい話に乗ってしまうほど、日本の大学生はバカなんでしょうか?USBを買わされる前にはいろんな仲介の人間と会話することになるので、これらを論破するか、相手にしなければ良いだけの話です。本気で信じて、騙された!と騒いでいるのであれば、残念ながらこれらの責任は自分自身にあると言っても過言ではありません

何度も言っていますが、投資というのは、自分で生み出した余剰資金をもとに、自分で決めた手法で自分が決めたタイミングで投資することをオススメしています。

自分で手法を確立するためには、やっぱり自分で勉強して理解することが大切です。そして勉強すればするほど、バイナリーオプションというものが、どれだけギャンブル性が高い投資手法(投機)かということがよくわかるかと思います。

事実、こう言ったUSBを売り捌いている彼らも、投資ではなくマルチ商法で稼いでいるだけのエセ投資家なのはわかり切っています。もし興味があれば、取引履歴とどれくらい儲かったのかを教えてもらいましょう。それができないのであれば、まずはその友人から疑うべきです。

どちらにせよ、こんな古典的な手法で騙される大学生も大学生だなというところです。本当に将来を心配しているのであれば、結局のところ、自分で勉強して有効だと思える手法でコツコツ投資をしていくことしか無いのかなと思います。

聡明なあなたならこんな明らかな詐欺に引っかかることは無いかと思いますが、どうかこんなしょうもないマルチ商法に引っかかることがないよう、お祈りしています。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました