【悲報】同僚「いや〜…Yukiさんって、悩みとかなさそうですよね」私の仕事に対する姿勢が露見するw

雑記
スポンサーリンク

つい先日仕事中に、チームのメンバーと雑談をしておりましたところ同僚の一人が、最近不眠気味だという話になりました。

少し前にその同僚と個別面談をした時も不眠だという話をしていて、ストレスの原因になりそうなことをヒアリングしていたのだが、10月度から新しい業務分けをしたことでやはり多少の不安感はあるという話でした。

とはいえ、ワンオペにならないように前任の担当者にも引き続きフォローはして貰ってるし、その同僚だけでなく、若い社員にも同じ業務を引き継いでもらったので、彼が一手に責任感を感じることはないんですけどね。それだけ真面目で責任感の強い方なんですよね。あとは、私にできるのはたまにこうして愚痴や悩みを聞くことくらいです。

まあ、その同僚が悩まされていたことは知っていたのですが、それだけでなく他の社員も皆、夜寝る前には翌日の仕事のことを考えてしまって眠れなくなるらしい。

仕事のことで悩んで寝れなくなるという経験は私には無いので正直に、「私はそんなことは無いけどなぁ」と言ったところ、同僚全員から、「「あ〜…Yukiさんは悩みとかなさそうですよね」」と言われました。別に悩みが無い訳じゃ無いぞ!プライベートな悩みならあるぞ!と返しましたが、どうやら仕事の悩みで眠れなくなるという経験をしたことがないのは私だけのようでした。

単純に性格の問題もあるかもしれませんが、私は仕事の悩みについては帰りの電車内で全て忘れてリセットすることができています。もちろんマネージャーになってから毎日大変ですよ。人のマネジメントは、経験したことがない分野ですから慣れない仕事で始めは毎日本当に残業続きになっていました。それでも私は帰りの電車内でリセットすることにしています。

もちろん私も責任感を持って業務に当たっていますので、完全にストレスフリーという訳にはいきません。ですが、私が家に仕事の悩みを持ち帰らずに解消できているのは、経済的に余裕があり、辞めるつもりはなくても、いつまでもサラリーマンにしがみつくつもりもないというスタンスで仕事をしているからだと思います。

今までだって、コロコロ転職をしてきたのは同じ会社に是が非でもしがみつくというような前時代的な発想はこれっぽっちもなかったからです。耐えられないほど嫌だという気持ちが大きく膨らんだ場合はすぐに転職活動をはじめ、スムーズに次の職場へシフトチェンジしてきました。

これが例えば給与しか収入がなく、サラリーマンとして一企業にしがみつかざるを得ない方から見れば、夜に眠れなくなるほどのストレスを抱えていてもその会社を辞めるという選択肢はハナからありません。

しかし、私は株式投資を通じて資産を形成したり配当金という給与以外の収入を得ておりますので、そこまで思い詰めたように悩む必要はありません。また、当ブログからも副収入がありますので、それだけで生活できる訳ではないけど、サラリーマンにずっとしがみつく以外の選択肢もあるのだということを自分自身で証明し続けています。

あなたがもし夜も眠れないほどの仕事のストレスを抱えているのであれば、投資とブログを初めて見るのは一つの手段として良いと思います。投資先はもちろんS&P500やNYダウと言った米国主要指数に連動するETFや投資信託がオススメです。

サラリーマンとしての選択肢以外を見つけることは、これからのサラリーマンの必須項目だと私は考えています。皆さんもぜひ、自分の選択肢を狭めることはせず、新たな道を探してみてください。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

雑記
スポンサーリンク
Yukiをフォローする
スポンサーリンク
Snowball 〜20代からの米国株積立投資〜
タイトルとURLをコピーしました