【衝撃】死者も発生した米国内の『チキン戦争』が話題に。出遅れたマクドナルド(MCD)はオワコンか。

投資の考え方
スポンサーリンク

米国で最近、ファストフードチェーンのチキンサンドが殺人に発展した事件が話題になったという。

チキンサンドに何が起きているのか 全米で人気爆発の背景
米国のファストフードで、チキンサンドが盛り上がっている。話題の商品を手に入れるために、長蛇の列ができることも珍しくないが、そもそもなぜチキンサンドが売れているのか。以前からあったメニューなのに……。

事の顛末はこうだ。今月4日、以前あまりに売れすぎて販売中止となっていた、米国内のファストフードチェーン『 Popeyes Louisiana Kitchen(ポパイズ)』のチキンサンドが再販されたとあって、楽しみに長蛇の列に並んでいた30歳の男性が、列に割り込まれたことでブチ切れて殺害してしまったということです。食べ物の恨みは怖いと言うが、何も殺さなくても…と思うのですが、それほどまでに今、米国内ではファストフードチェーンでチキンメニューが流行っており、『チキン戦争』なるものが勃発していると言う。

ポパイズのチキンサンド。控えめに言っても美味しそう!

また、ポパイズ同様日本ではあまり馴染みが無いが、米国内で爆発的な人気を誇るチキンサンド店といえば『Chick-fil-A (チックフィレイ)』である。私も米国に住む友人のところに遊びに行った時、一度だけチックフィレイの店舗へ行ったことがあります。

チックフィレイのチキンサンドは、フライドチキンがバンズにサンドされただけのシンプルな出で立ちで、フライドチキンも胸肉を使っているためか、米国特有の胃もたれしそうなほどの油っぽさを感じず、申し訳程度に挟まれたピクルスがさらにサッパリ感を引き立ててくれます。もちろんアメリカンサイズなので十分すぎるほど満腹にはなりますが、すごくおいしかったです。あと、網目状のポテトも美味しかったですね~

とまあ、日本人である私でも完食できるほどなので米国では『ヘルシー』なファストフード扱いされているのでしょうか。大変人気のファストフードチェーンとなっており、2018年の国内での売上高はマクドナルド(MCD)、スターバックス(SBUX)に次ぐ第3位。日本では有名なケンタッキー・フライド・チキン(KFC)のおよそ2倍の売上高を叩き出していると言うから驚きです。

米マクドナルドでも国内でのチキン戦争に対抗するために、チキンメニューを拡大しているが、現状では後塵を拝している状況です。さらにチキンと言えば前述の通りヤム・ブランズ(YUM)傘下のケンタッキー・フライド・チキン(KFC)も力を入れており、今年の夏にはビヨンドミート(BYND)とのコラボ商品である 「Beyond Fried Chicken」をテスト販売したばかりだ。

チキン戦争を制するには、マクドナルドの現在の立ち位置は正直微妙で、マクドナルドは内部のゴタゴタもあり、再び「マクドナルドはオワコン」と呼ばれる日も近いように感じています。

では、そんな『オワコン』のマクドナルドにはもはや投資冥利は無いのだろうか?私はたとえオワコン扱いを受けてもマクドナルドへの投資を継続したいと考えています

私がマクドナルドに継続投資して落ち着いたころ、NYに本店を置くファストフードチェーン・シェイクシャック(SHAK)が上場を果たしました。上場当初、シェイクシャックはマクドナルドを淘汰すると信じてやまない人々で株式市場は溢れていました。

ですが、シェイクシャック株はその後大きく暴落。先日IPO直後に付けた最高値を更新する場面も一瞬みられましたがすぐに株価は下落してしまいました。

一方でマクドナルドは同期間内に株価は2倍となり、40年を超えていた連続増配記録は今も続いています。

イケてるIPO銘柄のシェイクシャックへ投資するくらいなら、オワコンのマクドナルドへ投資した方がリターンが大きかったのは言うまでもありません。

マクドナルドの強みはハンバーガーを売ることだけにあらず、『マクドナルドは不動産業』と揶揄されるほど、アクセスの良い一等地に店舗を構えており安定した集客が可能となっています。また、ドライブスルーの効率化にも尽力しており、米国内では過半数のユーザーが利用すると言うドライブスルーの顧客満足度はこれからもますます向上していくことでしょう。

何より、マクドナルドは『チキンメニュー』が売れずとも、それ以外の多様なメニューを取り揃えており、たまに食べたくなるその中毒性は特有のものがあります。

ポパイズやチックフィレイの台頭に胡坐をかいているわけにはいきませんが、だからと言ってマクドナルドがオワコンになる訳ではなく、これからも株主フレンドリーな世界的企業でいてくれることだろうと私は考えています。

私は私が生きている間にマクドナルドの店舗が世界中から消えてなくなることを想像できませんので、これからもオワコンと蔑まれようが、継続的に長期投資を続ける予定です。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました