【悲報】一般NISAとつみたてNISAを一本化へ。長期的な資産形成にそぐわないとの見解。

投資の考え方
スポンサーリンク

読売新聞の報道によれば、政府・与党は、少額投資非課税制度の「一般NISA(ニーサ)」と「つみたてNISA」を将来、一本化する調整に入ったとのことだ。

【独自】NISA「一般・つみたて」一本化へ…税負担の公平性にも配慮 : 経済 : ニュース
 政府・与党は、少額投資非課税制度の「一般NISA(ニーサ)」と「つみたてNISA」を将来、一本化する調整に入った。現在、利用者は、どちらか片方に投資先を絞る必要があるが、より柔軟に投資ができるように改善して、将来不安の

現行制度では、通常のNISAとつみたてNISAを1年ごとに切り替えて利用することができるが、現行だと長期での資産形成が困難だとの指摘があったようだ。

私個人の意見としては、通常NISAを期間の定めなく非課税にして、毎年、年間120万円の新規買付枠をあたえれば、それだけで長期での資産形成が可能だと思うのだが、どうもそういう訳にはいかないようだ。

何故なら政府は『富裕層』が税制上の優遇措置を受けることに過敏になっており、不公平感が出ないことに無駄な力を注いでいるからだ。

これは実に馬鹿げた話であり、本当の富裕層は毎年120万円程度の税制措置など意にも介さないだろうことは明らかです。本物の富裕層は資産管理会社などを立ち上げて節税するでしょうし、年間120万円のNISA枠なんて、短期的な売買に利用している程度ではないだろうかと思います。

別に富裕層を批判する気持ちは微塵もなく、私も将来は富裕層へステップアップしていきたいなと考えていますが、政府が国民にすり寄るための口実に利用されるのは実に腹立たしいものです。一番割を食らうのは我々のようなアッパーマス層やマス層の上部、もしくは準富裕層(資産5,000万円以上、1億円未満)と呼ばれる個人投資家たちだと思います。

しかも政府がすり寄った結果、恐らく一本化されたあとのNISAでは、非課税枠は縮小されるだろうことが予想されますので、国民が自ら富裕層になるチャンスを潰してしまうということなのです。

先日公開した記事で私は、正規社員と非正規社員の格差を埋めるために、正社員の手当を削るという『下に合わせる』手法を批判し、大変好評を得ました。

【超絶悲報】非正規社員との格差是正のため、正社員の手当が削られる模様。どうしてこうなった・・・
来年4月、賃金や手当、福利厚生すべてについて、正社員と非正規社員の格差を埋めようとする同一労働同一賃金関係2法が施行される。その試み自体は大変良いのだが、その方法が何ともやるせないのである。なんと、正社員と非正規社員との格...

ですが、「富裕層優遇を是正せよ!」と喚き散らして、自分たちも活用できるNISAと言う制度の枠組みを狭めてしまうことは、自ら富裕層になるチャンスを踏みつぶして『下に合わせる』方法と何ら変わりません

正規社員の給与が非正規社員に近づけられるという下方修正には反感を持つくせに、投資家の優遇措置が非投資家に合わせて下方修正されることに歓喜するのは、何とも馬鹿げたことだと私は感じます。

非正規社員を就活の努力をしてこなかった自己責任だと言うのであれば、非投資家であり続けるのも自己責任です。

もちろん、勉強した上で投資をしない選択をした方はこの自己責任を理解していますが、大半の非投資家はそうではありません。富裕層優遇を是正しろなどという訳の分からない意見が出てくるのが何よりの証拠です。

就職活動より投資の方が簡単に出来ることから、富裕層を叩く無知な非投資家は、ただただ怠惰な人間だということであり、怠惰な国民に政策を合わせているようでは、日本の成長はこれからも見込めないと言えるのではないでしょうか。

日本が衰退している原因は、国の運営を国民が他人事として捉えているからだと私は思います。

国とは”人”なのだ!!!

自分の人生を会社や政府任せにして何も考えずにのうのうと生きようとしているから、『終身雇用の崩壊』や『年金2,000万円不足問題』で猛烈な批判をするんですよね。

民主主義であり資本主義である日本で生活をしている以上、一人ひとりが自分の人生に責任を持って生きていれば、国は豊かになるだろうし、他人を批判したり貶めたりするヒマなんてないはずです。

他人の批判や足を引っ張ることばかりに尽力する無能な暇人が大半を占めている限り、それが民意となり政治家は無能な暇人に合わせた政治を強いられるのです。

生産性のない無能な暇人でも、日本に住む以上は、日本の一流のサービスや社会保障を施さなければなりません。そりゃ財源も枯れるだろうし社会保障費も増えますよね。

正社員の給与は減り、社会保障費用は増え、数少ない庶民が受けられるはずの税制優遇措置であるNISAも縮小され…日本をそんな国にしたのは、画面の前のあなたたちなのかもしれませんね。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました