【悲報】政府が75歳以上の医療費、2割負担を検討。資産形成を怠れば、将来まともに治療を受けられなくなる可能性。

社会・政治
スポンサーリンク

今朝の日経新聞によれば、政府は75歳以上の後期高齢者の医療制度(総合2面きょうのことば)に関し、外来診療の窓口負担を原則1割から2割に引き上げる調整に入ったとのことだ。

75歳以上の医療費、2割負担を検討 政府
政府は75歳以上の後期高齢者の医療制度(総合2面きょうのことば)に関し、外来診療の窓口負担を原則1割から2割に引き上げる調整に入った。医療費負担をめぐる世代間格差が広がらないようにする狙いがある。低

表向きには、医療費負担をめぐる世代間格差が広がらないようにする狙いがあるとのことだが、今後は高齢者だからといって医療費負担割合が優遇されると言うことは無くなっていくのだろうと感じます。

確かに今の病院を見ているとこれは適切とも言えるかもしれず、たまに体調を崩して病院に行ってみても、元気そうな年寄りばかりが病院に集まって朝早くから診察の順番を独占しているなんて言う光景は田舎ではよくあることではないだろうか。定期検診などもあるのだろうが、明らかに元気な老人が看護師さんに絡んでるのを見ると、何だこいつらと感じることもなくはないです。

そう言った『集会所』のように病院が利用されている背景には医療費負担の低さが一因だとも言われています。まあ、年を重ねるとどこかしらに不調はあるので仕方ないだろうなと思う点もあるのですが…

さて、我々20代だとまだそれほど病院のお世話になる事は少なく、実際我々が加入している『関東ITソフトウェア健康保険組合』は天引きされる保険料も割安で、福利厚生も充実しており、かのホリエモンこと堀江貴文氏が絶賛したほどなのですが、その理由は加入者の年齢層が低いためであり、負担額が低いことがサービスの向上につながっているのです。

ですが、これからIT業界も年齢層が高まるにつれて天引き保険料も高くなっていく可能性は大いにありますし、我々世代が高齢者になる40年後、50年後には、今と同じような高齢者が医療費を優遇されると言うことにはならないでしょう。それどころか、医療費の個人負担額が3割から増加している可能性も否定できません。少子高齢化は爆発的に進んでおり、我々が高齢者になった時の『令和初期生まれの中年層』はとても薄くなってしまうことが予測されます。

19年の出生数が急減 1~9月、5.6%減の67万人
少子化のペースが加速している。厚生労働省が26日発表した人口動態統計(速報)によると、1~9月に生まれた子どもの数は67万3800人と前年同期に比べ5.6%減った。年間の出生数が5%を上回る減少とな

じゃあ、我々はまともな医療も受けられず泣き寝入りするしかないのだろうか。いやそんな事はないでしょう。今の中年〜高齢者が政府に文句ばかり言っているのは、彼らが若かりし頃、日本の将来はバラ色で、これからも成長を続けるだろうと信じられてきたからです。その信頼を裏切られたから怒っているのです。日本の高齢者はいまだに中国は日本よりも貧しいと信じていますし、どこか上から目線に訳のわからない主張を続けるのは彼らが『強い日本』で育ってきたからなのだと思います。

対して我々はどうでしょう。生まれた頃にはすでにバブルは崩壊しており、日本の技術は素晴らしいと教えられてきましたがそれも今や昔。デフレ続きで幼い頃からそれほど物価は変わっておらず、牛丼が10円値上げされればストライキのように客足が遠のく。会社も終身雇用なんて保証してくれませんよね。そんな弱い日本しか知りませんから、我々は今の高齢者よりは、自分の力で生きていく能力には長けていると考えています。

もちろん、インターネットをはじめとしたプラットフォームが整ったことが功を奏したとも言えますが、逆に考えればインターネットの普及によるIT事業への参入が遅れた、もしくは伸びるはずだった芽を老害が潰してしまったために日本は衰退したとも言えるので、皮肉なものです。いまだにホリエモンはフジテレビから出禁を食らっているみたいですしね。別にわざわざ出る必要もないと思いますが。

ホリエモン、松本人志の薬物厳罰化提言に「ある程度合法化した方が」ワイドナ共演は「フジテレビなんで出られない」
 “ホリエモン”こと実業家の堀江貴文氏(47)が25日、自身のツイッターを更新。ユーザーからフジテレビ系「ワイドナショー」に「出て欲しい」との要求に対し、否定的な考えを示した。

話は逸れましたが、それだけ今の現役世代は自助努力の重要性を理解していますし、案外20代の投資家というのもたくさんいらっしゃるんだなと言うのがブログを始めて私が感じたところです。これだけ国にお膳立てしてもらっておいて、将来は保証できないと煽られてなお、『NISAは国の陰謀』とか言って投資や将来への備えを怠っていると、高齢者になった時にはまともに医療を受けるお金もありませんなんて言う悲惨なことになりかねません。増してある程度の年齢になって資産を形成することができていない方達は、70歳を超えても強制労働の人生が待っているでしょうから、身体の健康は第一です。

もちろん投資をするもしないも自己責任ですし、強制させる事はできませんが、いざ高齢者になりましたと言う時に生活保護を受けてさらに財政を圧迫するような事はやめてくださいね。生活保護は本当に必要としている方たちのものですから、ずっと健康体だったのに老後にお金がないなどと言うのは完全な自己責任です。

老後にまともな医療を受けたければ、今からでもある程度の余剰資金を投資に回して、長期的に資産運用をすることをオススメしたいと思います。逆に、将来のことを何も考えていなければまともな医療を受けるハードルもどんどん上がっていくだろうと言う覚悟は持っておいた方が良いでしょう。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました