【朗報】来年4月のパチンコ店禁煙化で、いよいよパチンコが『オワコン化』。まだタバコ吸いながらパチンコしてる情弱なんているの?www

投資の考え方
スポンサーリンク

2020年4月、不特定多数の人々が出入りする公共の施設において屋内喫煙が原則禁止となる改正健康増進法が全面施行される。

2020年4月にパチンコ店が禁煙化 パチンコファンはどうする?
 不特定多数の人々が出入りする公共の施設において屋内喫煙が原則禁止となる改正健康増進法が2020年4月に全面施行される。これによって飲食店やオフィス、医療機関などで喫煙ができなくなるわ…

これによって飲食店やオフィス、医療機関などで喫煙ができなくなるわけだが、とりわけ大打撃を受けるといわれているのがパチンコ店だという。この記事によれば、パチンコ・パチスロユーザーの半分以上が喫煙者であるとされており、JTの調査における2018年時点の喫煙者率17.9%から比較すると相当高いことが伺えます。

スポンサーリンク

喫煙者率の推移 ※(参考)JTの調査結果より

これを受けて、パチンコのファンからは「タバコを吸えないのであればパチンコ店に行く機会が減るだろう」との声が相次いでおり、すでにオワコン化していたパチンコがついに完全終了を迎えるかもしれない。

私はほとんど訪れたことが無いが、現状のパチンコ店と言うのは、大体中に入ってすぐに爆音とタバコのニオイで気が滅入り、こんな環境によく長時間居座ることができるなと言うのが正直な感想です。

高校生の頃、時給の良さにパチンコ店でアルバイトをしようと考えたことがありますが、入店した瞬間に長続きしないと感じたため、止めておいた記憶があります。

私のように喫煙経験がまったくない人間にとっては、壁などに染みついたニオイだけでも気分が悪くなり、学生の頃に一度麻雀を始めたことがあるのですが、友人の部屋などで麻雀をしている分には良いのですが、雀荘に行った際のタバコのニオイでムリだなと思い、これまた麻雀を辞めたこともありました。

こういったギャンブルやオジサンの遊びにはタバコが付き物で、屋内での喫煙が全面的にアウトとなれば、今まで以上に衰退していく産業が出てくるのは必至と言えるでしょう。

そもそも、今の時代に休日にパチンコを打ちながら紙巻きタバコを吸っていると言う時点で、圧倒的な経済弱者となるセンスがあり、将来お金持ちになる可能性は極めて低いと言わざるを得ないでしょう。

当ブログでは、タバコは無駄遣いの筆頭だという主張を続けており、一回ずつの出費金額がせいぜい500円弱と小さく、あまり意識されない浪費なのです。しかし、1日500円の浪費が続けば、1か月で15,000円、年間で182,500円、それが30年間続けば5,475,000円の浪費となるのです。

しかもタバコ1箱の価格はずっと値上げされており、500円でタバコが買える時代もすぐに終わりを告げるのではないでしょうか。これから30年間タバコを買い続けていれば、もっと多額の出費がかさばることは確実と言えるでしょうね。

さらに、パチンコをはじめとするギャンブルに興じるのは、これまた無駄遣いに過ぎず、パチンコ・パチスロの還元率が約85%競馬の還元率が約76%と言われており、ギャンブルがマイナスサムゲームであることは周知の事実です。

さらに、近年では出玉の規制が強化されており、還元率はさらに下がることが予想されます。そんな時代にタバコを吸いながらパチンコをすることのバカさ加減がお分かりいただけるだろうか。

パチンコのみならず、競馬場にも喫煙者がたむろすることから、喫煙によって思考力が衰え、ギャンブルのような一時の快楽を得る可能性に手を染めるのだろうということがよく分かります。

さて、反対に投資家としての視点に立つとこれらの『依存症ビジネス』が安定した収益を生み出してくれることは大変喜ばしいことです。

以前の記事でも取り上げたように、こうした依存症に陥る理由として挙げられるのが、ストレスによる脳の萎縮です。アルコールやタバコ、ギャンブルに興じる人間の脳は一般的にそうでない人と比べて小さいという研究結果が出ています。

【悲報】脳が小さいとお酒を飲むようになるという可能性が示唆される。依存症と脳の大きさとの密接な関係
以前から、『お酒を飲むと脳が萎縮する』といわれているように、飲酒と脳の大きさとの間に関係があることは研究で明らかになっていました。ですが、近年では逆説的に『脳が小さいからお酒を好む』のではないかという可能性が示唆されています。...

そういったバカな人種を対象に安定した利益を上げる依存症ビジネスは長期投資に適していると言えるかもしれません。タバコならフィリップモリス(PM)アルトリア(MO)、ギャンブルならカジノ運営の大手、ラスベガス・サンズ(LVS)などです。

ただし、これらの銘柄は、依存症の増加を恐れる政府からの規制を受けやすく、今後のユーザー数の大きな成長は見込みづらいかもしれません。また、カジノ関連のラスベガス・サンズはタバコ株と違い、やはり景気の影響は大きいと言わざるを得ないでしょう。同社の株価はリーマンショックの際にピーク時の99%マイナスという冗談のような株価にまで叩き売られたことがあります。

底値は2ドル台前半と、今年度予定されている年間配当金3.08ドルより株価が低くなったこともあるのです。

そういったリスクを認識し、リセッション時にこれらの銘柄を拾っていく姿勢を見せれば、将来的には大きな成長を見込めるかもしれません。30年以上の長期投資に向いているとは言えませんが、数年単位のスイングトレードであれば、投資冥利のある銘柄ではないでしょうか。

どちらにせよ、景気に関わらずタバコを吸いながらパチンコをうつバカは一定数居ることから、これらの経済弱者からキャッシュをむしり取る企業への投資は報われる可能性が高いと言えるのではないかと思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました