【朗報】高校家庭科で22年度より『投資信託』の授業が始まる!日本にも投資教育が広まるか。

投資の考え方
スポンサーリンク

2022年度から始まる高校の新学習指導要領で、家計管理などを教える家庭科の授業の中で「資産形成」の視点に触れるよう規定したとの報道がありました。

高校家庭科で「投資信託」 22年4月から授業
2022年度から始まる高校の新学習指導要領は、家計管理などを教える家庭科の授業で「資産形成」の視点に触れるよう規定した。家庭科の先生が裁縫や調理実習に加え、株式や債券、投資信託など基本的な金融商品の特

この要綱に沿えば、家庭科の先生が裁縫や調理実習に加え、株式や債券、投資信託など基本的な金融商品の特徴を教えることになるとのことです。今までにも家計管理の授業はあったものの、消費者目線の節約の話や、『騙されない』と言った内容がほとんどだった。だが、22年度からは、「投資家目線」からみた主な金融商品のメリットやデメリットのほか、生涯のライフプランやリスク管理についても言及することになる

これこそまさに、私が望んでいた学校教育の形であり、投資はもちろんのこと、リボ払いの闇やそれに紐づけて金利と複利計算の話など、もっと幅広く、踏み込んだファイナンシャルリテラシーを養う授業を取り入れてほしいと感じています。

だが、当然問題点も存在している。それは、『授業をする教師側のファイナンシャルリテラシーが素人』だということです。この記事の中でも、

この専門的な分野に詳しい先生は少ないとみられ、東京都内の私立高校で家庭科を教える女性教諭は「(資産形成の教育は)必要だとは思うが……」と困惑気味。地方の公立高校の女性教諭も「授業ではほとんど触れないだろう」と消極的だ。

とあります。教師とは言え、普通に育ってきた日本人の間には金融商品に関する知識などほとんどなく、以前、匿名掲示板の5ちゃんねるでは、ネタか本当かわからないが、『小学校の児童が株取引をしているのでやめさせたい』という自称・担任の教師が立てたスレが話題となりました。その中身は以下の通りです。

担任の児童が株をしているので辞めさせたいです。 

小学校のクラスの担任をしている教員です。 
ある日、担任の児童が、お父さんと一緒に株をしている、と教えてくれました。 

私は株みたいなギャンブルはしてはいけません、と児童に指導をしたのですが、それが児童の親御さんに伝わったらしく、後日その家に私が謝罪をすることに・・・ 

その家族はまともに働きもせず、株だけで家計を賄っているらしく、はっきり言ってまともな家庭環境とは思えないのです。(あえて公言はしませんが・・・) 
このままですと、その児童が将来は身も心も滅ぼすようなギャンブルをしながら生きるのかと思うと、担任として指導をしていく身としてはとても辛いです。 

教頭にそのことを相談しましたら、その家庭の事情だから、とあっさりとかわされてしまいました。 

もうどうしていいのか分かりません。 

このまま児童が堕落していくのをただ見ぬふりをしていればいいのでしょうか。 
とても可愛くて真面目な子なので本当にどうにかしてあげたいのです。 
相談できる相手もいないので、ここで良い意見を頂きたいです。

ファイナンシャルリテラシーの高い皆様ならお分かりになるかと思いますが、本当に株だけで家計を賄っているのであれば、相当な資産をお持ちの家庭であることが伺えます。それこそ一教師が何十年働いても稼ぎようのないほどの資産が無ければ株だけで家計を賄うことは難しいと思います。この時点でこの子の家庭は圧倒的な資本主義の勝ち組であり、無知な教師が邪魔をしていい存在ではありません。

教師とは言え日本人ですから、金融知識で言えばこの程度であり、株=ギャンブルとかその程度の認識しかないのが現状の教育現場です。そんな彼らに金融商品の教育を任せるというのは心もとないと言えるでしょう。

ですが、そこは金融庁も将来の『資産税』導入のために投資家を増やしたいという思いでいっぱいですので、金融庁職員は少し前から金融商品の『出張授業』をこれからも継続していくとのことです。

どちらにせよ、やはりファイナンシャルリテラシーを高めるためには自分自身で勉強していく姿勢が必要だとは思いますが、高校の授業で『金融商品』の授業がカリキュラムに組まれると言うことだけでも、教育によって日本の投資環境が変わるかもしれないという期待が込められます。今後は義務教育でもこういった授業が積極的に取り込まれるよう、期待したいところです。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました