【まぐれ】無名の空売り投資家が、バイオ株の暴落で大儲け!彼の手法の再現性はいかに?

投資の考え方
スポンサーリンク

ブルームバーグの報道によると、ウォール街でほとんど無名の空売り投資家ジョセフ・ローラー氏が、小規模のバイオ医薬品会社アナプティスバイオ(ANAB)の株価下落に賭け、大きな利益を手にしたとのことだ。

無名の空売り投資家が小規模バイオ株で大当たり-臨床試験失敗で急落
ウォール街でほとんど無名の空売り投資家ジョセフ・ローラー氏が、小規模のバイオ医薬品会社アナプティスバイオの株価下落に賭け、大きな利益を手にした。8日の米株式市場で同社株は72%安で終了、過去最安値に沈んだ。アトピー性皮膚炎の新薬候補エトキマブの臨床試験が主要評価項目を達成しなかったことが手掛かり。

先週末の米国株式市場で、同社の株価は前日比▲71.85%の大暴落。

昨年の3月頃に最高値の130ドル付近にあった同社の株価は1年8か月で92%の下落をしたことになります。

ローラー氏は昨年から同社の空売り戦略について語っており、当時の株価71ドルから見ても86%の下落となり、かなりの収益を上げたことが伺えます。

同社の株価が暴落した原因は、8日に発表された重度のアトピー性皮膚炎患者を対象とするエトキマブの第2b相試験「ATLAS」で主要評価項目を達成しなかったことが上げられます。

では、彼のような空売り手法は、我々個人投資家にとって再現性のある手法でしょうか?結論から言えば私は再現性は高くないと考えています

例えば今年の3月頃、同じくバイオ関連の小型株であるバイオパス・ホールディングス(BPTH)が、6営業日で3,000%の上昇率を見せたことを覚えているでしょうか。

6日間で3000%高にトレーダー当惑、がん治療薬のバイオパス株が急騰
がん治療薬の開発を手掛ける米バイオパス・ホールディングスの株価が、直近6営業日で3000%高と急騰した。これほどの目覚ましい上昇の背景に何があったか、推測する動きが広がっている。

同社の株価はもはやチャートで追うこともできませんが、一時的に73.52ドルまで上昇しました。

ですが、その後すぐに同社の株価は落ち着きを取り戻し、11ドルまで株価を下げています。ですがこの一連の騒動でうまく儲けることができた投資家はどれくらいいたのでしょうか?また、上手く儲けることができたとして、次の相場でも同じように儲けることができるでしょうか?

人間の心理として、買いで成功した投資家は、自身の成功体験に酔ってしまい、どんどん信用買いを積み重ねていくように思います。

あくまで仮の話ですが、バイオパス・ホールディングスの成功体験に酔って、『バイオ株の値動きのすべてを自分は理解した!』と勘違いした機関投資家が、同じく小型バイオ株のアナプティスバイオに信用買いでポジションを取っていたとすれば、今回の暴落では大やけどだけでは済まされないですよね。それだけバイオ株や製薬会社にとって、臨床実験の結果は重要であり、成功するか失敗するかは、実験が終わるまで分かりようが無いのです。

つまりそれだけバイオ株への投機は、素人にとっては再現性が難しく、もしも彼が仮に、『ジョセフ・ローラーのバイオ株空売りローラー大作戦』みたいな怪しげな著書を出版しだしたら、『あ、これはヤベぇやつだな』と考えて間違いないと思います。(今のところそんな著書はありませんが)

三大投資家として有名な、ジョージ・ソロス氏も、『イングランド銀行を破綻させた男』という通り名が表すように、当時のレートで1兆円を超えるポンド売りを実行し、ポンドの価値を1日で10%も下落させ、大金を稼いだ投機家です。

よくネタにさせていただいている『冒険投資家』ジム・ロジャーズ氏も、株価が下落しているところで買い集めて、著名な自分自身がこれから〇〇は上がる!と情報を発信することで投資商品の上昇を狙う、いわゆる仕手筋や今で言うインフルエンサーのような存在に他なりません。

まともな投資家と呼べるのは『投資の神様』ウォーレン・バフェット氏くらいなもので、他の2人の投資手法はおおよそ素人の個人投資家が再現できる手法ではないのです。

もちろん、バフェット氏の投資手法も再現するには難しいとは言えますが、優良な企業の株を優良である限り”永遠”に持ち続けると言うのは、シンプルでいて強力。自分自身の精神力が問われるだけで再現できない手法ではないと言えるのではないでしょうか。

我々のような素人の長期投資家は、このようなまぐれによる成功体験を羨むのではなく、ナシーブ・ニコラス・タレブの名著『まぐれ』でも読んで、心を落ち着かせ、改めて自身の投資手法を見直し、長期的な視点に立って積立投資を続けることをおススメします

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました