【朗報】バフェット氏の投資会社、バークシャー・ハサウェイ(BRK)が過去最高益を叩き出す。

投資の考え方
スポンサーリンク

投資の神様、ウォーレン・バフェット氏が会長を務める米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイが第3四半期の決算で過去最高益となる純利益520億ドルを計上した。これにより、同社は世界で最も利益を上げている上場企業となったとのことだ。

バフェット氏のバークシャー、利益と手元現金が過去最高
著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイの7-9月(第3四半期)は、多くの意味で新たなピークを迎えた。

さらに、手元現金の残高も過去最高となり、1,280億ドルに達すると言う。日本円にするとおよそ13.8兆円となり、日本で最も時価総額が大きいトヨタ自動車(7203)の時価総額が24兆円であることから、手持ち現金だけでトヨタ自動車の発行済株式の過半数を買い占めることが可能なほどのキャッシュポジションを保有していることになる。

だが、今のバフェット氏は自動車会社への投資などには目もくれないでしょう。先月30日、バフェット氏が出資している新エネルギー車(NEV)で中国最大手の企業、比亜迪(BYD)が第三四半期決算を発表したのだが、決算内容は悪く、純利益が前年同期比で89%も減少したとのことだ。

バフェット氏出資のBYD、89%減益-中国需要の鈍化鮮明
新エネルギー車(NEV)で中国最大手、比亜迪(BYD)の7-9月(第3四半期)決算で、純利益が前年同期比89%減少した。世界最大の自動車市場である中国での需要鈍化が、米投資家ウォーレン・バフェット氏も出資する同社の利益を引き続き損ねていることが示された。

最近はバフェット氏が投資していた企業であまり良いニュースは聞かず、長年バフェット銘柄として人気があったクラフトハインツ(KHC)は不正会計によって株価が暴落しましたし、アマゾン・ドット・コム(AMZN)も配送コストが重くのしかかり、成長率が悪化してきています。

クラフトハインツ(KHC)、株価暴落で配当利回りは6%前後へ。高配当利回り株のリスク
一時期、『バフェット銘柄』としても人気のあった米食品大手のクラフトハインツ(KHC)株が保有する食品ブランドの評価損などで2019年1~6月期決算に12億2000万ドル(約1300億円)の減損損失を計上したと発表したことを受けて、急落した...
【悲報】ジェフ・ベゾス氏、長者番付首位の座をビル・ゲイツ氏に明け渡すか。明暗分かれたアマゾンとマイクロソフト。
ブルームバーグによると、アマゾン・ドット・コム(AMZN)の創業者であるジェフ・ベゾス氏が、マイクロソフト(MSFT)の創業者、ビル・ゲイツ氏に長者番付ランキング首位の座を奪われつつあるとのことです。ジェフ・ベゾス氏は今年...

ですが、クラフトハインツは、先日発表した決算が予想より良かったことで株価は10%以上も暴騰。

一時期の好調ぶりから見れば株価はまだまだ戻りきってはいないが、底は脱したと言えるのかもしれません。

しかしそんな状況下においてもバークシャーは過去最高益を叩き出したと言うのですから、やはり凄まじいです。最近では、バフェット氏やチャーリー・マンガー副会長の後継者とも言える投資家たちがどんどん育っているようです。仮に彼らがいなくなった後でも、バークシャーハサウェイは投資会社として素晴らしいリターンをあげてくれるのではないだろうかと期待できます。

米国の主要な株価指数が史上最高値を更新していく中で、バークシャー・ハサウェイが過去最高益を叩き出すと言うのは、まあ必然とも言えるのですが、バフェット氏はこの投資成績を『バイ&ホールド』を続けることで生み出してきました。(保有株式数が多すぎて市場で捌けないと言う理由もありますが)

本当に魅力的で割安で取得できた上に、まだまだ成長を続けている企業であれば、持ち株を処分するタイミングなどなく、理想の保有期間は”永遠”なのです。

これからも投資の神様同様に、バイ&ホールドを基本として投資を続けていきたいと私も強く思いました。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました